« 愛煙家 | トップページ | マスメディアの作ったお気楽韓流ブーム »

2005/03/18

世論調査?世論操作ではないの

家の電話が鳴り取ると
某民放局からの
「コンピューターが無作為に選んだ世論調査のため電話をさせていただきました。ご協力をお願いします」との男性の声
「はい」と返事をすると
矢継ぎ早に質問と答えの要求
「う~ん・・・」と少し回答を考えると
「わからないでよろしいですね」と答えを勝手に選ばれる
さらに質問は続き
また「う~ん・・・」と考えていると
今度は「どちらともいえないですね」ときたもんだ
おいおい、これは早押しクイズか?
これが世論調査?
何をそんなに急いでいるのと言わんばかりの早口の質問と答えの要求には疑問だけが残りました
十数問勝手にしゃべり続けて
「はい、以上です」と彼が言うので
「ちょっと聞きたいのですが、あなたはアルバイトですか?もう少しこちらに考える時間を持たせて正確な解答を得ることが世論調査ではないですか?」と聞くと
「コンピューターが選んだ番号に電話してるだけで、こちらからの調査であり質問にはお答えできません。ご協力ありがとうございました」と電話をガチャンと切られてしました
よくニュースで世論調査なるものの結果を放送していますが
何月何日に
コンピューターが無作為に選んだ何歳以上の男女何人に電話し
回答率が何パーセントで
と言いながら自信たっぷりに放送していますが
肝心などんな質問をしたのか?
答えが選択の場合、どんな答えを用意したのか?
一人にかかった調査時間はどれくらいだったか?なんて教えない
マスコミはよく情報公開を他人には求めますが
一番情報公開をしていないのはマスコミではないでしょうか?
本来、公共性の一番高いマスコミこそ情報を公開しオープンにしなければならないとは思わないのでしょうか?
例えば大学入試のセンター試験だって
出題された問題は公開され、試験時間も公開されています
質問のやり方や用意された選択肢により答えは変わります
それを公開しないのは「調査」ではなく「操作」だと思われても仕方ないのでは?
自分達の都合のいい時だけ「報道の自由」という名の鎧を着けて自分達を守っていたのでは駄目なのではありませんか?
そういえば、朝日新聞がNHKの番組に自民党議員が圧力をかけたうんぬんの問題の時の記者会見にはあきれました
NHKと自民党議員の「取材方法等を明らかに」の要求に
「ベテラン記者の取材だから信頼性がある」?
民間企業が問題を起こし会見で「ベテラン社員がしたことだから間違いない」なんて話したら
記者団からは「そんな答えでいいんですか!」「国民に説明責任があるんじゃないですか!」と怒鳴った追求があるのではないでしょうか?
「取材方法も訴訟がありえるから明らかに出来ない」って会見してましたが
これも民間企業だったら説明責任問題をしつこいぐらい追及してませんか?
他のマスコミも何も追求しない
「仲間には追求しない」という暗黙の了解があるのでしょうね
護送船団のようで自浄作用の無いのが今のマスコミですよね
ニュース番組もドラマの最後に流す
「この番組はフィクションであり・・・・」ってテロップ流した方がいいのではないですか

|

« 愛煙家 | トップページ | マスメディアの作ったお気楽韓流ブーム »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/3341626

この記事へのトラックバック一覧です: 世論調査?世論操作ではないの:

« 愛煙家 | トップページ | マスメディアの作ったお気楽韓流ブーム »