« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/29

考えさせられる列車事故2

連日のテレビの報道には疑問を感じる

亡くなられた大勢の方にはご冥福をお祈りする

また、大事な家族を亡くされた方にはなんと言っていいかもわからない

そんな中でのテレビ局の報道には問題を感じる

昨日の夕方の日本テレビのニュースでは

運転手の両親の家のインターホン越しのやり取りを放送していた

「そこまでする必要があるのか!」と思った

運転手の両親も息子を亡くし

充分ある意味の責任を感じているはずである

他人の心の中までも土足で入り込む必要があるのだろうか?

遺体安置所の近辺で大勢の記者とカメラマンが

家族を取り囲んでインタビューを取っている

そこには最初から「JR西日本に対する不満を言ってもらおう」という意図さえ感じる

確かにJR西日本の対応には不手際が出てくると思う

どんな会社にもこんな大事故を想定して対応する部署を置いている会社はないだろう

対応しろと言われた社員は突然のことであり

精一杯対応しても不手際は出てきて当然かもしれない

被害者の感情をあおり

加害者の責任を過剰の追及することだけが「報道」だと思い込んでいる今のテレビ局にはうんざりだ!

一番たちが悪いのは

他人の不幸を放送してスポンサーから多額のCM料を取って商売している民放各社ではないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

考えさせられる列車事故

昨日あたりからマスコミお得意の徹底的な弱いものいじめがはじまった

いくつかの列車事故に関するブログも読ませていただいたが

JR西日本の管理体制に問題があるという論調になりつつある

それらの多くはマスコミがほじくり出した「JR西日本の管理体制に問題あり」との結論から取材された記事の鵜呑み、あるいは後押し的なものだ

確かに100人近くの人が亡くなったり500人近くの人が怪我をされた事故だから責任問題が発生するのもわからないわけではないが

ただ、事故ありきからだけの管理体制をみることはいかがなものかと思うのです

例えば、旧国鉄時代と比べてどうだろう?

度重なる運賃の値上げは無くなり、ストもなくなり、ダイヤの乱れも少なくなり、事故も減っていないだろうか?

もし、国鉄のままだったとしたら、もっと多くの事故が起きていた、あるいは大きな事故が起きていた可能性の方がはるかに高いのではないだろうか?

「JR西日本の管理体制にもっとゆとりがあったら」という人もいるが

本当にそうだろうか?

それではもっと多くの事故が起き、もっと大きな事故が起きているのではないだろうか?

たまたまの今回の事故にだけ結びつけてしまっていいのだろうか?

管理体制を甘くし、ゆとりだらけの中で事業を行えば

今の道路公団や社会保険庁のようにミスだらけになるのは目に見えている

個人の責任の積み重ねで企業の責任はなりたっているのではないだろうか?

私も含めた人間はノルマや罰則をともなったルールの中にいるから甘えず責任を果たせるのではないだろうか?

決して今回の運転手を責める意味ではなく

日頃の個々の責任意識レベルを高く保つことも必要なのだと思う

そのためには外部から見たら若干非合理な管理も時には必要なのだと私は思う

公共交通機関の鉄道会社も航空会社も民間企業である

限られた利益の中から安全性をも追求しなければならないことにこそ問題があるのではないだろうか?

先日の東武鉄道の踏切事故でもそうだが

危険な箇所を民間企業だけに安全にしろということの方が無理な気さえする

本来、そういうところにこそ我々の税金は使われるべきだと思う

わけのわからないコミュニティーセンターを作ったり、国会議員が自分の票集めのために無用な道路を作るより前に安全に住みやすいインフラ整備に税金を使うような世の中にすることこそが悲惨な事故を減らす一番の近道だと思うのです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おやじセット

12時前にT子さんから電話があり

「お昼むつみ屋さんで一緒しませんか?」と

二人でむつみ屋東松山店へ行った

席に座り

T子さんは「久しぶりのむつみ屋さんだから何食べようかなぁ~」と悩んでいる

私が「メニュー新しくなったの知ってる?」と差し出すと

「あっ、ほんとだぁ、これ見ると美味しそうでまた悩んじゃう~」と

私が「色々食べたいなら女性限定メニューの『なでしこセット』がいいんじゃないの?」と言うと

「それもいいかも」と言いながらメニューを眺めながらまだ悩んでいる

女性の場合、悩むのも一つの楽しみだろうと思い見守っていると

T子さん「この『おやじセット』も美味しそうー」と言った

はぁ?何だぁそのお・や・じセットって!

思わずメニューを覗き込んだ

そこには2種類の写真が

ねぎチャーシューご飯とバターコーンご飯にラーメンのスープをかけて食べると美味しいですというお勧め書き

こらーっ!よく見ろ

それはおやじセットじゃなくおじやセットだろう!

いくら会話の流れが『なでしこセット』の次だからって

おやじセットは無いだろう

大体そんなネーミングで誰がたのむの?

間違えたT子さん本人が大爆笑している

彼女は時々この手のドジをやらかしてくれる

救いは食べている時じゃなくて良かった

食べている時だったら折角の美味しいラーメンが鼻に入っちゃうところだぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/27

3割がセックスレス

昨日の読売新聞に「3割がセックスレス」という記事があった

S君夫婦と後輩のG君の奥さんと私の4人で新聞見ながらこの話題に

S君には「カー助さん、ブログのネタ拾いましたね」とニヤリとされた

それにお答えすべく今こうしてブログを書いています

記事によると、10代から40代の夫婦で1ヶ月に1度もセックスの無い夫婦が3割だとのこと

コンドームメーカーの調査によると1年間のセックス回数の世界平均は103回で日本人は46回だそうだ

誰がどうやって調べたの?って感じです

「世界平均」ってある意味すごいんじゃないの!

まさかコンドームの販売数量を人口で割ったなんて単純なものじゃないんだろうし

コンドームの消費量=セックスの回数、とは限らないものね

世界って、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカとアンケートを取ったのだろうか?

当然、こういうことって国民性等が出て正直に答えないだろう人もいるだろうし・・・・・

G君の奥さんが「うちは日本人の平均以下だぁ」と

私が「旦那に聞いたら回数が違ったりしてね」と笑いながら言うと

彼女「それって面白いかも~、カー助さん今度うちのに聞いてみてくださいよ。回数多かったら他でしてるってことですよね」と大笑い

大丈夫!おたくの旦那は千円しか持たされていないのだからホテル代もでないから

S君の奥さんはこの記事を読んで

「3割もいるんだぁ」が感想

セックスレスじゃない人の感想はそうなのだろう

逆に、セックスレスの人が読めば「もっといるんじゃないの?」という感想になるのではないだろうか

3割は微妙な数字でどちらにもとれる感じがする

103回は3日に1回ということ

それも平均で

平均ということは、当然年に数回という人もいるだろうから

103回以上の人が相当数いないとこの数字にはならないわけで

「3割がセックスレス」よりもそちらの方が驚きかもしれない

S君には「年間46回じゃぁ独身のカー助さんの方が多くしてるんじゃないんですか?」と突っ込まれた

大きなお世話だ!と思いながら笑ってごまかした

G君の奥さんが真顔で「うちは年に何回してるんだろう?数えてないからわからないなぁ、今度から記録つけよう」と言った

それって何の意味があるのかよくわからない

年末になり「平均より少ないから頑張れ!」と旦那の尻をたたくのだろうか

「セックスの回数=仲がいい」とか「セックスの回数=幸せな夫婦生活」では無いと私は思うし

基本的には夫婦間の問題であり「平均」なるものを何でも出せばいいというものではないという典型みたいな話だと思うのです

まぁ、こんな話がオープンに出来る我々は幸せなんだと思ったのでした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/26

交番じゃありません

私の事務所は住宅街の中にあります

周りは新興住宅とアパートが多い

外からガラス越しに見えるせいか色々な人が入ってくる

昨日も二人

一人目は「○○さんの家はどこかわかりますか?」と

「さぁ~」と私

「○○○○さんなんですけど・・・」と今度はフルネームで聞いてきた

いや、そういう意味で「さぁ~」と言ったのではなく

「申し訳ないんですがわかりません」と言うと

しばし考えた彼は「どこか教えてもらえるところはないですかねぇ?」と聞いてきた

「この近所には交番もありませんからねぇ」と私

「そうですか、参ったなぁ」と言われても私も困る

二人目は20代後半と言う感じの男性

入ってくるなり「この辺で空いてるアパート知りませんか?」と

はぁ?って感じ

「さぁ~うちは不動産屋じゃないんで・・・駅前に不動産屋さんがありますからそちらで聞かれたらいいんじゃないですか」と言うと

「そうですよね~」と感心された

おい、おい、アパート探すならそれって常識だろう!

結局、その人には不動産屋の場所を教えてお引取り願った

先週なんてもっとひどい

入ってくるなり「そこのスナックは何時からやってるんですかね~」と近所のスナックの方を指差し営業時間を聞かれた

「行ったことないのでわかりません」と言うと

「定休日は何曜日ですかねぇ」ときたもんだ

行ったことないって言ってんだろう!と思いつつも

冷静にもう一度「行ったことないのでわかりません」と言うと

「金曜とか土曜はやってますよね」としつこい

これ以上答える気力も無くなり「さぁ~」と言うと

「おたく飲まないの?」と聞かれた

大きなお世話だ!俺の身上調査してどうするの?

わかることはなるべく答えてあげたいと思っているが

中には「もう勘弁してよ」という人も意外と多い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/25

風邪ひいちゃいました

「この前風邪をひいたのはいつだろう?」と思うくらい久しぶりに風邪ひきました

水曜日の午後10時頃、喉がいがらっぽいので早めに就寝

午前2時半、喉というより肺をの付け根に近い部分が強烈に痛くて目が覚め「うぅ眠れない」と思った瞬間にまた寝てました

次に目覚めると明け方5時半、喉の痛みはほとんど無く

高速台風のような喉の痛みの過ぎ去ることの速さに一安心

木曜は客先に資料と見積りを出す約束をしていたので頑張ってそれをこなし

金曜は納品約束をしていたのでそれをこなして何とか1週間の仕事を終了

その間の木、金、土と3日間超~久しぶりに休煙しちゃいました

息子に「風邪ひいてる時の方が健康的じゃないの?」と言われ

そうかもしれないと思いつつも今日は美味しく煙草吸いながらブログ書いている

昔、飲み友達のS先輩が

風邪気味で喉が痛いという私を

「飲んで中からアルコール消毒すれば大丈夫」と無理やり飲みに連れて行ったことがある

確か金曜日だったこともあり

「まぁ明日、あさって寝てればいいやぁ」と思い熱っぽかったが付き合って飲みに行ったことがある

最初はふらふらしながら飲んでいた

そのうち、喉が痛いのにカラオケが始まり

結局朝まで大騒ぎ

気づくと喉の痛みは無くなり熱も下がっていた

今から考えると若さは恐ろしいものだと思う次第

もう若くないからちょっとだけ健康には留意しようと思うようになっただけ大人になった気がする

あっ!S先輩は私の風邪がうつったのか月曜日会社を休んでいたことを付け加えておきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/20

愛国無罪?

中国で反日運動、いやどちらかと言えば暴動に近いものが起きているが

「愛国無罪」、愛国心に伴う行動には若干のことは許されるという考え方にちょっと疑問が

そもそも戦争が起きる時に指導者があおるのが「愛国心」だ

歴史を見ても強烈な愛国心を起こさせ戦争へと突き進んでいく

もちろん、愛国心の全てが悪いとは思わない

むしろ、愛国心があれば・・・も許されると言う考えに問題があるのかもしれない

今の中国の人たちの行動は「戦争反対」ではなく

戦争で日本がしたことの一部だけをとらえて騒乱を起こしているようにしか見えないのです

小さな日本食レストランを襲撃したり

そこには主義主張の欠片ももなく

単なる弱いものいじめによりウップン晴らしをしているだけでにしか見えない

彼らは偏った教育を受け、偏った情報社会の中にいる

ネットの普及等は彼らに中国のテレビ、新聞等マスメディアが偏ったもので信用できないということを気づかせだしたのだろう

だからデモの呼びかけもネットで行われる

逆に考えれば、そんな彼らだからこそネット至上主義的な考え方が生まれネットに操られやすいのではないだろうか

ネットに操られやすいということもとても危険だと思う

なぜならネットに書き込んでいるのは人間であり

誰でも自由に、どんな偏見でも書き込めるからだ

それを読む側に不満等が鬱積していたら

冷静な判断で善悪の区別もつかなくなるのも人間の特徴だと思う

情報氾濫の現代社会だからこそ

偏らない教育、偏らない公共マスメディアとネット社会の共存が必要なのかもしれないと思います

その何かが欠けても駄目だということを今回の中国問題は教えてくれているように思ったのです

それと、笑いながら石を投げたりペットボトルを投げたりしているテレビの映像は

群集心理という人間の弱さを見せつけてもくれた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/19

爽快ドライブ

今日は仕事で車で前橋まで行ってきました

高速で行けば片道30分ちょっとなのですが

あまりの天気のよさに一般道を片道1時間半かけてオープンドライブしてきちゃいました

花粉症に無縁な私の特権でしょうか

春の日差しと春の風を感じ

途中、菜の花の香りまで感じ

おお!爽快ドライブって感じです

私にとってはFMラジオ聴きながらのお気に入りの時間です

確かに高速で行けば1時間の時間短縮になりますが

そこにはスローライフで味わえる充実感はないのです

値段の高いものを買うよりこちらの方が贅沢だと思える私は貧乏人なのでしょうかね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/18

ブログの反響

「旦那に浮気された」話を書いたM子さんから

「さっそく書いてくれてありがとう」というメールが来た

おい、おい、ここは「こらっ!」ってメール来るところじゃないか?

いきなりその話は書くなよとお叱りメールを覚悟していたのですが予想が大きく外れた

私がこのブログを書いていることを何人かの知り合いは知っているのですが

その中の一人からは先手メールが来た

「私のやばい話は書くな!」と

確かにそう言われると書いてはいけないと思う反面

私のあまのじゃくの部分が頭を持ち上げてくるのも事実である

「うわぁ、書きたい~」

一晩色々考えた

知り合いにこのブログを教えたのが間違いの始まり?

それなら別にみんなに内緒でもう一つブログを立ち上げるか

そうだ!まったく毛色の違うブログを作ればいいんじゃん

タイトルはNHKをパクらせていただいて

プロジェクトH ~挑戦たち~

考えてるだけで頭の中を中島みゆきのあの音楽が聞こえてきた

「風の中のス~バル~」ってもう口ずさんでいる

思わずニヤニヤしている自分がいる

ここで気づいた

私にとってブログを書くことの一番の意味は

誰かに読んでもらいコメントを入れていただくことも嬉しいが

自分のためでもあると

書くことで自分を見つめなおしたり

ある時はストレスを発散したり出来ていることだと

・・・・・・・

ということは自分の満足のために人をあまり題材にしてはいけないかも?と思う自分がいる

でも、露骨な下ネタじゃない話には考えさせられる人生がある気もするという自分もいる

「ヘッドライ~ト テ~ルライト」とプロジェクトXのテーマ曲を口ずさみながら少し考えて見よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

誕生日話その2

数年前より中学時代の同級生数人と年に2回ほど飲み会をしています

その中のM子さんは毎年誕生日に携帯メールをくれます

「ありがとう」の返信をすると

「48才の抱負は?今日は誰と祝うの?」とまたメールが来た

携帯で返信メールを打つのも大変なので

このブログのアドレスを書き「そこに誕生日のこと書いたから読んで下さい」とメールした

彼女の読んだ感想がパソコンメールで来た

そこに「私たち同級生のことも書いて」とあった

いいのかぁ?あんたのやばい事書いちゃうぞ!と何度か携帯でメールのやりとり

最後は面倒になり電話で話した

同級生の集まりの飲み会は

最初の頃は昔の懐かしい思い出話だった

回を重ねるごとに真面目な話から下ネタ話まで

ある時、昔のことをあまり覚えていないいいかげん同士の私とH美が昔のことを鮮明に覚えているM子に

「俺達は山あり谷ありの人生を生きてきたから振り向いても遠くがみえないんだよ。お前は平坦な人生を生きてきたから遠~くまで見渡せて覚えているんだよ、幸せだなぁ~」と言った

その時M子は納得していた

その次の飲み会の時

M子が「私もあなた達の仲間入りした」と

「なんだってぇ?」と思う私とH美に

「旦那に浮気された」と言った

それってある意味私とH美の人生の谷より深いかも

他にも書けないような話が出てくる(これは本人の許可が出たら書きます)

そんな本音で何でも話せる集まりがあることは幸せなことだと思っています

PS M子さんあなたが書いていいって言うから書いちゃいましたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

恐怖の口癖がやってきた

昨日の午後3時過ぎお友達(?)のおばさんが突然やってきた

不機嫌そうな顔で

入ってくるなり「も~やってられない!」と

そのセリフ私は何度も聞いてます

パソコンに向かっていた私は無理やり応接に座らされ

彼女の話がはじまった

パート先の同僚のおばさんと喧嘩したらしい

次から次へと出てくる悪口

同僚のおばさんからはじまり、上司、会社への不満

さらにはご主人のことから子供の学校の先生、子供の友達のお母さんの悪口まで

機関銃のようにしゃべり続け

その彼女が5分に1回は「ねぇ、ちょっと聞いてよ」と言う

さっきからず~っと聞いてますよ、いや正確には聞かされていますよ

しばらくして彼女が「ねぇ、お茶も出ないの?」とほざいた

あなたは歓迎されているお客様じゃないぞ!!

「いいわ、私がご馳走する」とバックから財布を取り出し表の自動販売機で缶コーヒーを2本買ってきた

わぁ~まだまだ続くのかよ~と思っていると

「ねぇ、ちょっと聞いてよ」でまた話がはじまった

まだまだ元気でしゃべり続ける

このパワーはどこから来るの?

2時間が過ぎ、聞いてるだけでも疲れる

いや、聞いてる方がはるかに疲れている感じすらしてきた

突然時計を見た彼女「あっ、やばい夕飯しなきゃ」と

これでやっと無事釈放されることになった

彼女は「続きはまたね~」と言い残し笑顔で帰っていった

続きは結構です!

日頃誰も話を聞いてくれないから彼女の口癖が

「ねぇ、ちょっと聞いてよ」になったのだろうと思う

聞いてあげないまわりが悪いのか

聞いてられないぐらい長話をする彼女が悪いのか

どっちもどっちな気がするが

私が続けて被害者になるのだけは遠慮したい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/14

誕生日

またまた来ました誕生日

回を重ねること何と48回目

最近はまめなお友達が「おめでとう」メールをくれるので忘れることも無い

今朝も携帯に2通、パソコンに3通

ありがたい話です

通常、区切りは10、20、30、40・・・・

10歳の時の印象は覚えていない

20歳の時は「大人?」って感じだった

30歳の時は子供も2人できていて仕事も忙しく「うわぁ~もう30かぁ」だった気がする

40歳の時はその数ヶ月前に妻が亡くなり「早くあと10年たって子育てから開放されたい」だった

日本人のもう一つの区切りは干支で

12年に1回やってくる

私は酉年で今年で4回目の年男です

もし次の酉年まで生きていればその時は60歳ということになる

今日のような天気だったら孫の手を引いて桜の木の下を散歩してるのだろうか?

それとも相も変わらずエッチな下ネタブログ打っているのだろうか?

どちらもありそうだと自分では思う

12年もたつと世の中かなり変わっているだろうなぁ

まぁあまり長生きせず妻の待つところへ行くのもいいかなぁと

なんたって待ち合わせに遅れるのや人を待たせるのが嫌いな方ですからね

あの世で妻と再会した時の第一声は「お待たせー!」と元気よく言うことにしよう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/13

反日運動と中国

昨日の中国政府の公式記者会見をニュースで見て

「デモは民衆が自発的に行ったもので原因を作った日本が悪い」との発言

へぇ~中国も随分民主的になったものだと思った

ということは台湾問題で台湾の民衆が自発的に独立を選べば中国は認めるわけですよね

内モンゴルの独立問題も民衆が自発的にそう思うなら認めるのでしょうね

中国で近々起こるであろう内政問題に対する民衆の不満からデモや暴動が起きた時

中国政府は軍事鎮圧をせず

「民衆の自発的意思によって起きたので原因を作った現体制に問題がある」と発言するのだろうと楽しみにしてますよ

そもそも、デモと暴動は違うと思うのです

デモは主張であり許されるものであるが

関係ないものまで壊してしまう暴動は許されるべきではない

デモと暴動の区別もつかない中国こそ常任理事国の資格がないのでは!

温家宝首相が訪問先のインドで

「アジアに支持されていない日本の常任理事国入りに賛成できない」と発言していましたが

ある意味私はあってるとも思う

国際感覚の無い日本政府が率いるこの国に常任理事国の資格はないと

それと同じように

北朝鮮の脱北者を強制送還し、非人道的な北朝鮮を擁護している中国にも常任理事国の資格はないと思うのです

北朝鮮に民主的国家が出来たら中国東北部の朝鮮族の独立運動が起こるのが怖いから北朝鮮の現状を支持している

要するに自国の利益、中国共産党支配体制の維持しか考えていない国にも国連常任理事国になっている資格はないと思う

確かに中国や韓国の言うように

歴史認識も大事だと思う

しかし、それと同じように、いやそれ以上に正しい現状認識をすることはもっと大事だと思う

パフォーマンスしか出来ない小泉首相の発言には毎回うんざり

郵政民営化問題ではあんなに小泉首相に噛み付く自民党議員も間抜けな小泉発言には誰も噛み付かない

私利私欲に関係ないことは何もしない日本の国会議員

選挙と金儲けしか頭に無い国会議員の国が常任理事国なんて無理じゃないか?

一人ぐらい本当に国を思う政治家が出てきてはくれないものだろうか

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/12

ヤマダ電機の5年間保証

ヤマダ電機でノートパソコンを購入した

元々あまり悩んで買い物する方でもない私

予算からも買える物に限りがあり

すんなりと決めて買うことに

そこで店員さんが

「お買い上げ金額の5%で5年間保証がつきますが」と説明をはじめた

「これってメーカー保証ついてるよね?」と私

店員さん「そうですね、1年間のメーカー保証がついています」

「と言うことはメーカー保証が切れた1年後から5年間つくの?」と私

「いいえ、本日より5年です」と店員さん

「・・・・? ヤマダ電機が保証するのは4年間でしょ?それって4年保証って言うんじゃないの?」と私

店員さんは「本日より5年間ですから5年保証です」と

1年目はメーカーが保証して

2年目からヤマダ電機が保証するなら

どう考えても「メーカー保証後ヤマダ電機が4年間保証します」が正しい言い方じゃないの?

5-1=4だって!

ヤマダ電機のホームページにも「5年間保証」とあるが

詳しい説明はない

これって意図的

わざと自分達に都合のいいようにお客さんが誤解してくれるような言い方をしているのでしょうか?

結局お店では明快な回答をいただくことは出来ませんでした

大型家電店の表示等には何かと誤解を招くような表現が多いですよね

それも意図的に見えるのは私だけなのかなぁ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/11

進化するお花見

やっぱり日本人には

それも夜桜見物を楽しく一度味わったら「夜桜最高!」

10年ほど前から仲間と夜桜見物を始めた

最初はごくノーマルにピクニックシートを敷いて世間並みの見物から

長時間地面に直接座るのは疲れるということで

翌年は会社の食堂の折りたたみ椅子とテーブルを拝借して少し楽になった

さらに翌年、ライトアップされたいい場所は確保が大変だと

自らガソリン式発電機と工事用照明を持参して穴場でマイライトアップ夜桜見物に進化

さらに翌年、春とはいえ夜はまだまだ寒い

ならばと、カセットコンロにおでんも持参

それでも私が「足元が寒いなぁ」といえば

T君が「わかりました、来年はテーブルシートを大きくして中に何か火種でも入れてコタツにしましょう」と

誰かが不満を言うと翌年は解決されている

「おつまみは冷たい物じゃなく温かいやつがいい」の一言に鉄板導入

焼肉、焼きそば、焼きハマグリ

ついには「飲んだ締は雑炊だろう~」とハンゴウまで持ってきた

もうお花見の域を完全に越えている

「これってキャンプだろう」って感じさえしてきた

毎年不満を言う奴も言う奴だが

それを解決しちゃう奴もこれまたすごい

こんな俺達は将来ブルーシートのホームレスでも充分生きていけそうだ

「これ以上進化したらここに住み着きそうだからこの位にしておこう」と言ったら

「一番不満を言ったのはカー助さん、あんただ!」とみんなに言われた

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/09

インチキ宗教法人

数日前から

「牧師が少女に性的暴行」と報道されています

昨日も今朝もニュースは同じ横並びの報道

確かにこんな牧師は許せない

だが「宗教法人ってそんなものじゃない?」が私の本音です

宗教法人の99%は金儲けが目的だと思っていますし

私的に言えばオレオレ詐欺と同類だと

あるいはマルチ商法の変形版だと

今回の場合ももちろん金容疑者は悪い

だけどここで冷静に考えると

被害少女達の親も悪い!

大人が宗教を信じるのは自由だと思います

自己判断で何を信じようがかまわない

でも、子供を巻き込むべきではないと思う

子供は親の属物ではない

子供にも人権があり、親の意思を押し付けるべきではないと思う

今回の場合も子供達は最初から自らの意思でこの団体に行ったの

ではないと思うのです

親が連れて行った

要するに親のエゴで子供にも自分の信じるものを強制しているので

判断力の無い子供を連れて行っている以上親の責任は大きいの

ではないですか?

このような事件はたぶん氷山の一角だと思うのです

だからこそ同じような事件を防ぐためにもマスコミは「親の責任」につ

いて触れるべきだと思うのです

麻原がそうであったように

インチキ宗教家は警察やマスコミが動くと

すぐに「宗教弾圧だと」と叫びたがりますが

保護されるべきはインチキ宗教家ではなく子供達であるべきではな

いでしょうか?

インチキ宗教を崇拝すること現在進行形の皆様

「信じるものだけが救われる」ではなく「信じるものだけが騙される」で

はないですか?

祈るだけで、あるいは修行するだけで本当に世界平和はきますか?

オレオレ詐欺が家族を思う気持ちを利用しているように

インチキ宗教はあなたの弱い心を利用してお金儲けをしてません

か?

あなたが自分の判断で騙されるのはまだしょうがないことだと思いま

でも、大事な家族を巻き込むことだけはやめましょうよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/08

ウォーキング風景その2

ここ数日、天気がいいのでウォーキング日和

いや少し汗ばむほどです

寒い北風の時は「辛い」と思ったが

暑くて汗をかくのもこれまた辛い

帰って顔を触ると塩がうっすらついているではありませんか

この時期で辛かったら真夏はどうなるの?と

まぁ、その辺が常に前向きにしか考えない自分らしく

「人間には適応力があるから大丈夫だろう」と考えてしまう

マイコースをいつものようにウォーキングして

森林公園南口から少し戻ったところで

前からスーツ姿のサラリーマン風の男性が自転車でやってくる

いやどう見ても仕事中のサラリーマンだ!

スーツにネクタイ、駅前で借りたレンタサイクリングでやってくる

前かごにはビジネスバック

年のころは30才ぐらい

「おいおい、仕事中じゃないのか?」と思いながら彼を観察

「待てよ、森林公園の事務所とかに仕事に行くのかも?」

「いや、それなら駅前からバスかタクシーだろう」と

すれ違う瞬間

彼の表情はイキイキしていた

間違いない!彼は桜見に行くんだ

私はそういう人が好きだ!!

だって桜楽しめるのはわずかな期間じゃないの

ましてこんないい天気に行かないのはもったいない

仕事は明日でも出来る!

振り向いた私は彼の背中に

「楽しんでこいよ!そして明日から仕事頑張れよ!」と心の中で叫んだ

前かごにコンビニで買ったお弁当とお菓子の入った袋がなかったのが残念!

楽しむ時は準備万端、徹底的に楽しまないとダメだぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

出会いの季節

私の事務所のまわりは単身者用のアパートがたくさんあります
3月末から4月初旬は移動の季節
引越しのシーズンですよね
私が独身の時の話って今も独身か?
話はちょっとそれますが
「独身」という言葉にも時々疑問が・・・
私の場合、妻に先立たれたのですが
子供は2人います
「独身」とは、一人身という意味だとすると私は該当しない?
よく記入する用紙に
「配偶者無し」に丸をつけると
「お一人ですか?」と聞かれる
一人じゃないわけで
扶養家族が2人いるわけなのですが
私の社会的位置は何?と思うのです
あるいは社会的俗称は何て答えればいいの?と
この答えはどこの誰に聞いたらいいのだろう

話を元に戻して
本当の独身時代に
都内の日の当たらないアパートに住んでいたのですが
最初は寝に帰るだけらから家賃安いしいいかと思って住みだしたのです
これがすごい湿気の多い部屋で
(太陽が当たらないのだから当然)
湿気取りは数日で満水状態
飲み屋のお姉ちゃんにもらったサボテンは腐ってしまう
クリーニングから帰ってきた服は吊るしておくだけで湿ってしまう
1年後
こんんなんじゃ体にも悪いだろうからと引っ越すことに
知り合いの不動産屋のおじさんに依頼
数日後、そのおじさんと物件探し
まず1軒目
リフォーム済の綺麗な部屋
「おぉ、中々いいじゃん」と私
「ここは敷金、礼金いらないよ」と当時としては珍しいことを言う不動産屋
「なんでぇ~?」と私
「一人暮らしのおばあさんが亡くなってしばらく見つからなかった部屋で、ずーって空いてるから」と
続けて不動産屋「幽霊なんか出やしないよ」と
「どうせ出るなら若いねぇちゃんにしてほしいよ」と私
「やっぱりダメかね?」と不動産屋
「次、行こう」と私
不動産屋「隣が風呂屋で見える部屋があるけど、そこ行って見る?」と
「なんでそこから見せないの?」って言いながらそちらへ移動
部屋に入り
「どこから見えるの?」が私の第一声
不動産屋のおじさんがトイレに案内してくれ
トイレの下が外側に開く窓を開けた
どれどれと前へでる私
見えた!
確かに風呂屋の脱衣場の天窓から
二人のちんちんが
「あのねぇー、男の裸見てどうするの!」と私
不動産屋のおじさんはニヤニヤしながら
「見えるとは言ったが女風呂とは言ってないだろうよ」と
このオヤジ俺のことからかってるのかと思いながら
「この部屋は男好きの淫乱女にでも貸してやれ!」と言い部屋を出ました
その後数軒見てめでたく引っ越し先が決まりました
その数年後、私は実家に戻りましたので
この不動産屋のおじさんとは会っていません
おじさん今もお客さんからかいながら元気に仕事しているだろうかなぁ?
引越し作業を見ると時々思い出してしまいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

反日運動と腰抜け外交

日本の国連、常任理事国入り問題で
韓国政府は明確に反対
中国では反日運動が起きている
どんな主張をするのも自由だが
冷静な判断の元に行われないものには不快感を感じる
反日運動をするのは自由だが
そのことが日系企業への襲撃になっていいものか?
それを止められない中国政府が常任理事国だ
韓国も中国も日本に対し「過去の歴史認識」が出来ていないという
私は韓国や中国は「現状認識が出来ていない」と思う
韓国、中国は常に自分達の都合のいい歴史の一部だけを取り出して話しをする
中国は内モンゴル地区の独立問題から抑圧をし
非人道的な北朝鮮を支持している
過去を言うのも結構だが「今」を見つめなくていいのか?
日本は国連へ多額の拠出金を出している
このことには韓国も中国も触れない
都合のいい時だけ「日本の支援が必要だ」という
日本政府は腰抜けでそれを受け入れている
「都合のいい時だけ日本に支援を頼まないでくれ、常任理事国にでもお願いしてくれ」と時には言うべきだ
そもそも何も出来ない国連につぎ込むお金があるなら
国内問題につぎ込みべきである
スマトラ島沖地震の時も
国連は何も出来ないに等しい
迅速に救援隊や軍を送り込むのは周辺各国の判断であり
インドネシア政府のアチェ州独立問題の懸念により
各国の救援隊の活動を制限することに対しても
国連は何もせず黙認である
国連は被災民より政府が大事なのである
イラク問題、チェチェン問題、パレスチナ問題にも何も出来ないのが国連の現実だ
こんな国連に多額の拠出金を出す意味が本当にあるのだろうか?
こんな国連の常任理事国になることに本当に意味があるのだろうか?
小泉首相が北朝鮮との国交正常化をやりたかったように
日本の政治家は本当に大事な中身ではなく
歴史に名前を残したいだけじゃないか?
大事な中身を無視して形だけの結果を残したがる
最近の郵政民営化問題をみてもわかるように
中身ではなく「民営化した」という形だけにこだわるレベルの低い政治家の国が常任理事国になって本当に何が出来るのだろうか?
本当に国民のことを考えて
しっかりした現状認識を持ち
はっきり「イエス」「ノー」が言える政府にはなれないものだろうか?
個人商店じゃあるまいし2世議員の集まりの自民党では無理ですね
まぁ、それを選挙で選んでるのは国民ですからね
「国会議員のレベルの低さ=国民のレベルの低さ」ですものね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/04

ウォーキング風景

去年の10月よりウォーキングをはじめました
目標は1日1万歩
(だって万歩計つけて歩く以上1万歩を越えないと万歩計の意味が無いという単純な理由からです)
雨の日を除き毎日歩く
何とか平均週5日、6日はちゃんと歩けてます
体重は若干しか落ちませんが
ウエストは10センチ弱細くなりました
ウエストから下はスリムになるのに
上半身は変わらない
バスト(?)は立派なままです
何か下半身と上半身がアンバランスな感じがしている今日この頃
ホームコース(?)は森林公園駅北口より森林公園の南口のちょい先までの折り返しコース
片道2.9キロの遊歩道プラス500m~1キロほどです
歩いていると色々な人に会います
ここ数日は春休みということもあり
家族連れが多く、レンタル自転車の人も多い
しばらく前のこと
月曜日で森林公園が休園日のため人影まばらな遊歩道を歩いていると
少し先にリュックを背負ったおばさんが3人
おーきな声で楽しそうな会話をしながら歩いています
「今日って森林公園休みじゃん?どーみても森林公園に行く感じだよなぁ」と心の中で思いながらおばさんたちとの距離が近づいていく
「森林公園お休みですよ」と教えるべきか考えながら歩いていると
おばさんたちの大きな声がより大きく聞こえ
リュックが小さく見える大きな背中がさらに近づいてきた
「あぁ、どうしよう・・・」
距離は10m、9m、8m・・・と
ついに並んで追い越した
あまりにも盛り上がっている会話に入ることは出来ず
あの大きな背中を間近で見たら
「ダイエットのためにも歩かせてあげるべきだ」と思ってしまったのです
早歩きウォーキングの私はおばさんたちを追い越し南口を過ぎしばらく行ってUターン
再び南口へ戻ると先程のおばさん3人がバス停で大きな声で会話してる
「月曜日休みだなんて知らなかったねぇ」と大笑い
残る2人も肩叩き合って大笑い
「おい、おい、目的地の休みがそんなに楽しいかぁ?」って感じじゃないですか
さすが怖いものが無いオ・バ・サ・ン
おばさん達の脇をすり抜けた時
「わぁ~バスも今行ったばかりで30分後だぁ、私達ついてないねぇ」と大笑いの声
バスにも見放されても笑えるあなた達はきっと地球を明るくしている
「さすがに帰りはバスで帰るんだ」と思いながら
復路の遊歩道を歩いて森林公園駅北口へ着くと
さっきのおばさん達が
「どうするこれから?」
「川越の駄菓子屋横丁へ行こうよ」とまたまた大声で話しているではありませんか
私は「せっかく歩いて少しだけでもダイエット出来たのだから駄菓子食べ過ぎないようにね」と心の中で思ったのです
そして先程
森林公園の桜の見ごろは?と思いホームページを見て見ると
休園日が無くなっている!
えっ!いつから?
なんで~?
月曜日の俺の楽しみが一つ減った・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

愛煙者友の会結成

私は時代遅れの愛煙者です
最近、煙草を吸える場所がどんどん減っています
愛煙家の私でもある意味「当然かなぁ」とか「しかたないね」と思うこともあります
それは喫煙者のモラルに問題がいるからでもあると思うのです
車の窓からポイ捨てする馬鹿がいる
人ごみの中で歩き煙草をするお馬鹿もいるし
吸っちゃいけない場所で喫煙するフトドキ者がいるからね
一部(?)のフトドキ者のせいで煙草が悪者に
でも私はやめません
だって、小さい時から親父に
「男は一度始めたら簡単にやめるな!」って教わってきたもの
親父の遺言だぁ!
失礼しました、親父まだ生きてました
それと愛煙者の私からみると
「そんなに迷惑?」とも思うのです
昨日の夜9時ごろ帰りの電車に乗ると
そこそこ混んだ電車に酔っ払いが酒臭いのなんのって
お酒だって随分迷惑かけてない?って思ったのです
煙草吸って他人にからむ人いないけどお酒飲んでからむ人の方が迷惑じゃない?
お酒飲んでゲロ吐く人はいても煙草吸ってゲロ吐く人いないじゃん
飲酒運転で事故起こす人いても喫煙運転で判断あやまって事故なんて少ないんじゃないか
要するにどちらもマナーやモラルの問題だと
それと煙草の害は自分自身であり
それほど問題じゃない気がするんだよね
もちろん小さな子供がいるところや小さな部屋で吸うことは回りに迷惑だと思うけど
ルールとマナーさえ守れればさほど問題じゃない気がするのです
逆に言えばルールやマナーを守れない人が多いってことだよね
そこで「愛煙者友の会」結成です
愛煙者諸君!これ以上禁煙場所が増えないためにも
ルールとマナーを守ろうよ!
愛煙者友の会の規約は3つだけ
1.愛煙者はルールとマナーを守り他人に迷惑をかけない
2.ルールとマナーを守れない人には禁煙をすすめる
3.株を買う時は必ずJT(日本たばこ産業)も買う
入会金は無料ですが会員は現在私一人です
大勢の方のご入会をお待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »