« 考えさせられる列車事故 | トップページ | 報道ってなんだろう? »

2005/04/29

考えさせられる列車事故2

連日のテレビの報道には疑問を感じる

亡くなられた大勢の方にはご冥福をお祈りする

また、大事な家族を亡くされた方にはなんと言っていいかもわからない

そんな中でのテレビ局の報道には問題を感じる

昨日の夕方の日本テレビのニュースでは

運転手の両親の家のインターホン越しのやり取りを放送していた

「そこまでする必要があるのか!」と思った

運転手の両親も息子を亡くし

充分ある意味の責任を感じているはずである

他人の心の中までも土足で入り込む必要があるのだろうか?

遺体安置所の近辺で大勢の記者とカメラマンが

家族を取り囲んでインタビューを取っている

そこには最初から「JR西日本に対する不満を言ってもらおう」という意図さえ感じる

確かにJR西日本の対応には不手際が出てくると思う

どんな会社にもこんな大事故を想定して対応する部署を置いている会社はないだろう

対応しろと言われた社員は突然のことであり

精一杯対応しても不手際は出てきて当然かもしれない

被害者の感情をあおり

加害者の責任を過剰の追及することだけが「報道」だと思い込んでいる今のテレビ局にはうんざりだ!

一番たちが悪いのは

他人の不幸を放送してスポンサーから多額のCM料を取って商売している民放各社ではないのか?

|

« 考えさせられる列車事故 | トップページ | 報道ってなんだろう? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/3904658

この記事へのトラックバック一覧です: 考えさせられる列車事故2:

« 考えさせられる列車事故 | トップページ | 報道ってなんだろう? »