« ウォーキング風景 | トップページ | 出会いの季節 »

2005/04/05

反日運動と腰抜け外交

日本の国連、常任理事国入り問題で
韓国政府は明確に反対
中国では反日運動が起きている
どんな主張をするのも自由だが
冷静な判断の元に行われないものには不快感を感じる
反日運動をするのは自由だが
そのことが日系企業への襲撃になっていいものか?
それを止められない中国政府が常任理事国だ
韓国も中国も日本に対し「過去の歴史認識」が出来ていないという
私は韓国や中国は「現状認識が出来ていない」と思う
韓国、中国は常に自分達の都合のいい歴史の一部だけを取り出して話しをする
中国は内モンゴル地区の独立問題から抑圧をし
非人道的な北朝鮮を支持している
過去を言うのも結構だが「今」を見つめなくていいのか?
日本は国連へ多額の拠出金を出している
このことには韓国も中国も触れない
都合のいい時だけ「日本の支援が必要だ」という
日本政府は腰抜けでそれを受け入れている
「都合のいい時だけ日本に支援を頼まないでくれ、常任理事国にでもお願いしてくれ」と時には言うべきだ
そもそも何も出来ない国連につぎ込むお金があるなら
国内問題につぎ込みべきである
スマトラ島沖地震の時も
国連は何も出来ないに等しい
迅速に救援隊や軍を送り込むのは周辺各国の判断であり
インドネシア政府のアチェ州独立問題の懸念により
各国の救援隊の活動を制限することに対しても
国連は何もせず黙認である
国連は被災民より政府が大事なのである
イラク問題、チェチェン問題、パレスチナ問題にも何も出来ないのが国連の現実だ
こんな国連に多額の拠出金を出す意味が本当にあるのだろうか?
こんな国連の常任理事国になることに本当に意味があるのだろうか?
小泉首相が北朝鮮との国交正常化をやりたかったように
日本の政治家は本当に大事な中身ではなく
歴史に名前を残したいだけじゃないか?
大事な中身を無視して形だけの結果を残したがる
最近の郵政民営化問題をみてもわかるように
中身ではなく「民営化した」という形だけにこだわるレベルの低い政治家の国が常任理事国になって本当に何が出来るのだろうか?
本当に国民のことを考えて
しっかりした現状認識を持ち
はっきり「イエス」「ノー」が言える政府にはなれないものだろうか?
個人商店じゃあるまいし2世議員の集まりの自民党では無理ですね
まぁ、それを選挙で選んでるのは国民ですからね
「国会議員のレベルの低さ=国民のレベルの低さ」ですものね

|

« ウォーキング風景 | トップページ | 出会いの季節 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/3569375

この記事へのトラックバック一覧です: 反日運動と腰抜け外交:

» 日蒙交流 [旅限無(りょげむ)]
元使五人塚:朝青龍らモンゴル9力士、墓参へ 元の使者5人が眠る5基の五輪塔 大相撲横綱の朝青龍らモンゴル人力士9人が15日、約730年前の元寇時に鎌倉幕府に処刑された元の使者5人が眠る神奈川県藤沢市の常立寺を訪れ、墓参する。 例年行われる大相撲藤沢場所が16日に開催されるのに合わせて訪問する。同寺は処刑された人たちを弔うために鎌倉時代に建立された。蒙古軍が日本を襲った1274年の翌年、国王のフビライは蒙古人、唐人ら5人の�... [続きを読む]

受信: 2005/04/10 20:53

« ウォーキング風景 | トップページ | 出会いの季節 »