« おやじセット | トップページ | 考えさせられる列車事故2 »

2005/04/28

考えさせられる列車事故

昨日あたりからマスコミお得意の徹底的な弱いものいじめがはじまった

いくつかの列車事故に関するブログも読ませていただいたが

JR西日本の管理体制に問題があるという論調になりつつある

それらの多くはマスコミがほじくり出した「JR西日本の管理体制に問題あり」との結論から取材された記事の鵜呑み、あるいは後押し的なものだ

確かに100人近くの人が亡くなったり500人近くの人が怪我をされた事故だから責任問題が発生するのもわからないわけではないが

ただ、事故ありきからだけの管理体制をみることはいかがなものかと思うのです

例えば、旧国鉄時代と比べてどうだろう?

度重なる運賃の値上げは無くなり、ストもなくなり、ダイヤの乱れも少なくなり、事故も減っていないだろうか?

もし、国鉄のままだったとしたら、もっと多くの事故が起きていた、あるいは大きな事故が起きていた可能性の方がはるかに高いのではないだろうか?

「JR西日本の管理体制にもっとゆとりがあったら」という人もいるが

本当にそうだろうか?

それではもっと多くの事故が起き、もっと大きな事故が起きているのではないだろうか?

たまたまの今回の事故にだけ結びつけてしまっていいのだろうか?

管理体制を甘くし、ゆとりだらけの中で事業を行えば

今の道路公団や社会保険庁のようにミスだらけになるのは目に見えている

個人の責任の積み重ねで企業の責任はなりたっているのではないだろうか?

私も含めた人間はノルマや罰則をともなったルールの中にいるから甘えず責任を果たせるのではないだろうか?

決して今回の運転手を責める意味ではなく

日頃の個々の責任意識レベルを高く保つことも必要なのだと思う

そのためには外部から見たら若干非合理な管理も時には必要なのだと私は思う

公共交通機関の鉄道会社も航空会社も民間企業である

限られた利益の中から安全性をも追求しなければならないことにこそ問題があるのではないだろうか?

先日の東武鉄道の踏切事故でもそうだが

危険な箇所を民間企業だけに安全にしろということの方が無理な気さえする

本来、そういうところにこそ我々の税金は使われるべきだと思う

わけのわからないコミュニティーセンターを作ったり、国会議員が自分の票集めのために無用な道路を作るより前に安全に住みやすいインフラ整備に税金を使うような世の中にすることこそが悲惨な事故を減らす一番の近道だと思うのです

|

« おやじセット | トップページ | 考えさせられる列車事故2 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

<ゆとり>と<ゆるみ>は紙一重といった記事と見ましたが?!

そこが本当に難しいですよね。 ん~~~

何でも「過ぎたるは・・・・・・」でしょうか?


投稿: 玉井人 | 2005/04/30 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/3894880

この記事へのトラックバック一覧です: 考えさせられる列車事故:

« おやじセット | トップページ | 考えさせられる列車事故2 »