« 連休の過ごし方 | トップページ | スピッツはどこへ »

2005/05/11

ウォーキング風景その3

いつものウォーキングコースの遊歩道も日に日に新緑が豊かになってくる

昨日は5月らしいさわやかな天気だったのでTシャツで歩いた

いつも折り返しているところの手前まで行くと

「ミ~ン、ミ~ン」とかすかなセミの声

いくら暖かい日が続いたとはいえまだ5月

「ちょっと早いんじゃないか?お前せっかちかぁ?」と思いながらその横を通り過ぎた

さらに少し歩くと

木の上の巣から落ちたらしい鳥の雛の死骸が

柔らかそうな産毛の雛はすでに冷たくなっていた

「あぁもうちょっと早く通りかかっていたら助けられたのかなぁ」と上を見上げてみても手遅れだ

このままにしておくのもかわいそうだと思い

小枝を拾い植え込みに穴を掘っていると

後ろからおばさんが声をかけてきた

「どうかしました?」と

状況を説明すると

「そうなんですかぁ、私また植え込みに顔突っ込んでいるから気持ちでも悪くなったのかと思い声をかけたんです」と

確かに知らない人が見たら遊歩道の植え込みに首を突っ込んでいるおじさんは変に見えるかもしれない

雛を埋め終わるのを見届けるとおばさんは

「雛もやさしい人に見つけてもらってよかった」と言いまた歩いていった

日々芽吹く新緑とセミに「生」を感じ

冷たくなった雛に「死」を感じさせられた一日だった

|

« 連休の過ごし方 | トップページ | スピッツはどこへ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/4078566

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング風景その3:

« 連休の過ごし方 | トップページ | スピッツはどこへ »