« ウォーキング風景その3 | トップページ | TBSの記事盗用 »

2005/05/12

スピッツはどこへ

昨日、友人との会話の中で

「最近、スピッツって見ないし、名前すら聞かなくなった」という話になった

バンドのスピッツではなく犬の話です

我が家は昔、貰われてきたスピッツを飼っていたことがある

子犬で貰われてきたスピッツ君はよく鳴いた

最初、子供心に貰われてきて寂しくて鳴いているのだと思ったぐらいだ

しばらく飼ってみて

スピッツは気が小さく臆病でよく鳴くことがわかった

まぁ近所迷惑なくらいよく鳴く犬だったことを思い出した

「よく鳴く」ということが見かけなくなった理由だろうか?

犬は品種改良されやすい動物だ

それって本当に「改良」だろうか?

人間の都合のいいように交配されて新しい種類が出来る

「ペットに癒される」という人が増えている

昔は犬は子供が拾ってきたり、飼いたいと親に頼むものだった

面倒を見る大変さや死んだ時の悲しさや命の大切さを教えてくれた

今は大の大人のおもちゃになりつつある

人間が勝手に作り出した鳴かない従順な可愛い犬が人気のようだ

犬には何とも迷惑な時代なのかもしれない

|

« ウォーキング風景その3 | トップページ | TBSの記事盗用 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/4092106

この記事へのトラックバック一覧です: スピッツはどこへ:

« ウォーキング風景その3 | トップページ | TBSの記事盗用 »