« IT社長と芸能人 | トップページ | 間抜けな6か国協議 »

2005/07/26

公団なんていらない

副総裁が逮捕されるような道路公団なんていらない

そもそも大赤字でもつぶれず給料もボーナスも高額退職金まで出てる組織が存在すること自体がおかしな話だ

そんな組織の長がまともな運営を出来るわけもなく

自らの組織の経営よりも談合により仲間のOBの生活だけを助ける形になるのは必然的だろう

今回も内田副総裁は多額の退職金をもらって辞めていくのだろうか?

民間会社なら当然懲戒免職で退職金など出るはずもない

もっとも民間会社ならこれほど馬鹿な事件は起こるまい

他の役員達もそ~っと多額の退職金をもらって辞めていくのだろう

本来、監督責任の国土交通省も談合や無駄な道路作りには国会議員がからんでいるから見て見ぬふり

他にも「○○公団」ってたくさんあるが

役人の天下り先でしかなく国民の役には立っていないどころか

税金の無駄遣いをしてるだけだ

国の財政が赤字だからと税金を上げる前に無駄遣いを無くすことこそ考えないと駄目なのではないだろうか?

郵政民営化だけしても駄目なわけで

もっとも郵政民営化を反対してる議員も本当に国民のことを考えているわけでもなく

自分の支持基盤のこと

正確に言えば「国が赤字になろうが自分が議員でいられて甘い汁が吸えればいいだけ」だ

郵便局長も国会議員も世襲してるって変じゃないかぁ?

世襲するということはそこに大きなメリットがあるのだろう

国家権力を世襲している北朝鮮とある意味大差ない国なのかもしれない

|

« IT社長と芸能人 | トップページ | 間抜けな6か国協議 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5156645

この記事へのトラックバック一覧です: 公団なんていらない:

« IT社長と芸能人 | トップページ | 間抜けな6か国協議 »