« 公団なんていらない | トップページ | 間抜けな報道ステーション »

2005/07/27

間抜けな6か国協議

中国で北朝鮮問題を話し合う6か国協議が再開させた

議題は北朝鮮の核廃棄による朝鮮半島の非核化だそうだ

非民主的な中国やロシアが北朝鮮を支援するのは何となくわかるが

韓国まで核廃棄さえすれば何万トンもの米の支援をし電力供給をし

非人道的な金正日政権の維持を保証すると

北朝鮮から核兵器がなくなると民主国家になるの?

偽ドル札を作り

麻薬を外貨獲得のため国家事業として作り

現政権に都合の悪い国民を収容所に入れている国

まるでナチスのような

いやそれ以上に極悪非道のならず者政権の体制保証を核さえ放棄したら認めていいのだろうか?

まるで日本の国会のように問題を先送りしているだけで何の解決にもなっていない

仮に百歩譲って核兵器を放棄したとしても

次は生物化学兵器でも作って「それを放棄するから支援してくれ」の繰り返しにしかならないのは目に見えている

核放棄の見返りに支援される電力は北朝鮮国民のために使われるのではなく

外貨獲得のための兵器の生産や

偽ドル作り

麻薬の生成に使われる

中国は日本の過去の軍事政権をいまだに非難しているが

現存する北朝鮮軍事政権を擁護していることに矛盾を感じないのだろうか?

中国もロシアも国連常任理事国である

両国とも世界平和よりも自国の目先の利益しか考えていない

日本に常任理事国入りの資格がないのなら

この両国はもっとその資格がないのではないだろうか?

核兵器だけがなくなっても北朝鮮が民主的な国家にならないということをもっと真剣に考えるべきだと思う

|

« 公団なんていらない | トップページ | 間抜けな報道ステーション »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5172269

この記事へのトラックバック一覧です: 間抜けな6か国協議:

« 公団なんていらない | トップページ | 間抜けな報道ステーション »