« 猫が増えてる | トップページ | ダイエットの輪 »

2005/08/01

競泳強国は豊かさの象徴?

テレビでは世界水泳の模様を放送している

なぜか見ていてもさほど熱くなれない

そんな中見ていて感じたことが一つ

決勝に残る国はほぼ豊かな国ではなかろうか?

私が小さな頃は水泳は夏だけのスポーツだった

勿論、今のようにスイミングスクールなんてなかった

プール=学校のプールだと言っても過言でないほどしか存在しなかった

今回の世界水泳も体格に恵まれない日本人が活躍している

小さな頃からスイミングに親しめる環境は大きな利点なのだと思う

勿論、彼らは人一倍努力をしてきたから活躍できているのだと思う

中南米やアフリカの貧しい国で

サッカーが強いのは

子供の頃にボール一つでみんなが遊べる唯一のものがサッカーだからだろう

陸上の場合、長距離になるとアフリカ勢の身体能力が生かされたりと種目によって世界各国の人が活躍できる機会があるように思う

ここにも練習環境の限られる種目には豊かな国の有利さは出てくるのだろうが

人間を育てるのは環境なのだろうと思うのです

それは肉体的なものだけではなく

精神的なものも含めてではないだろうか?

太りすぎた体はダイエットで変えられても

曲がってしまった性格等は簡単にはなおらない

オオタカの生息地の環境を守ることよりも

子供たちが育つ環境を守ることの方がはるかに大事だと私は思う

|

« 猫が増えてる | トップページ | ダイエットの輪 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5260006

この記事へのトラックバック一覧です: 競泳強国は豊かさの象徴?:

« 猫が増えてる | トップページ | ダイエットの輪 »