« 564枚の写真 | トップページ | アメリカの台風被害 »

2005/09/02

朝日新聞の体質

今日の朝日新聞の朝刊に

先日の記者の取材していない記事を書いた問題に関することがのっていた

一つは「天声人語」

これがコラム?と思うほどの抽象的なものであり

正直ガッカリと言うしかない

そこからは反省ととれるものもなければ

これからの方針のようなものもうかがえない

読み終えての正直な感想は「泣き言?」だった

常日頃、問題を起こした企業に原因究明と対策を厳しいぐらいに求める姿勢が自らの問題には欠けているとしか思えない

さらに

読者の投書欄「声」のトップには

「朝日新聞への今回の問題への世間の厳しいバッシングが記事を書くことを鈍らせることを懸念する」というような内容のものがのっていた

本当にそうだろうか?

世間の厳しいバッシングが起きているのは

朝日新聞に自らの自浄作用が認められないから起きているのではなかろうか?

むしろ、他人に厳しいだけで自らには甘い体質こそ厳しい記事を書くことを鈍らせる要因ではないかと私は思う

どんな会社にもミスや間違いは起こりうる

起きてしまった時にいかに素直に受け止め

今後の課題として反省し生かしていけるかが大事なはずだ

報道機関として自らの失態に襟を正してこそいかなる時も不正を糾弾できるのだと思うのです

このような「読者の声」という形を借りた自己弁護をしているようではマスコミを名乗る資格さえないと思う

「天声人語」の最後に「輪転機の止まる日」のような表現があったが

輪転機を止めるのは世間のバッシングではなく

自らの体質がそうさせてしまうのだと言うことに気づくべきではなかろうか?

|

« 564枚の写真 | トップページ | アメリカの台風被害 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5747959

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の体質:

« 564枚の写真 | トップページ | アメリカの台風被害 »