« 私と選挙 | トップページ | 朝日新聞の腐った体質 »

2005/09/13

私的選挙当落論

昨日もテレビでは選挙結果を元に色々な番組を放送していた

そんな中で「たけしのTVタックル」で

阿川佐和子さんが番組はじめに出席している民主党議員に

「痩せましたね」と

思わず笑いながら見ると確かに痩せた様に見える

この残暑の中、日頃運動不足の人たちが選挙運動に飛び回ったのだから痩せるのは当然かもしれない

自民党河野太郎議員など「海の帰り?」というほど日焼けしていた

他局の番組で若い層への街頭インタビューの模様も見た

多かった意見が「公明党の神崎代表が誠実そうだ」との評判

容姿は大事!ってことだろうか?

小泉首相も国民に人気のある安部幹事長代理もスリムである

テレビ中心の現代

デブの主役はほとんどいない

食通番組を除けばせいぜい脇役だ

ホンジャマカ石塚をはじめ人気のデブタレは愛想がいい

彼らはデブにはデブの生きる道があることを理解しそれに徹底している

議員のデブはウケないのではなかろうか?

落選された肥満議員のみなさん次回選挙までにはダイエットをおすすめしたい

もうひとつ思うことは

田中真紀子議員は今回無名新人議員に苦戦し

亀井静香議員は無所属で出馬した堀江社長に苦戦した

もちろん郵政民営化の逆風が吹いていたことも事実だろう

しかしそれ以外にも二人に共通することもあると思う

演説の下手さである

正確には内容が悪すぎだ

田中真紀子議員は小泉首相のヘアースタイルを「もじゃもじゃ頭」とか壇上でしゃべっていた

それは感情むき出しで有権者は「こんな人で大丈夫?」と思ってしまう

日本人は他人の噂話は好きだが悪口は聞いていて気分が悪くなるのではなかろうか?

他人のヘアースタイル気にするよりご自分の旦那の田中直樹議員の悪代官のようなデップリした体型を気にした方がいいのではと思ってしまう

亀井議員も小泉首相への恨みつらみが多すぎたのではなかろうか?

無所属で好き嫌いのはっきりした堀江社長に苦戦しながらも何とか当選できた

もし対立候補が自民党公認でさわやかな人だったらどうなっていたか?

その点、賢かったのは野田聖子議員では?

自民党執行部のやり方には触れず

精力的に飛び回り

ある時は泣きながら訴え

包帯をして握手してまわった

スリムで容姿に気をつけ

演説は悪口ではなく簡潔でわかりやすいことを訴えるは基本であり

日頃からテレビ出演やインタビューでソフトさを印象づけておくのも大事なことではなかろうか?

読売新聞の渡辺恒雄さんや堀江社長は失礼な質問にも反応してしまい怒りすぎて敵をたくさん作りイメージを落としているのでは?

小泉首相や安部幹事長代理はそのような質問には顔色一つ変えずに無視でやり過ごす

無礼な質問にニコッと笑い過ごすぐらいの余裕を見せてあげることこそマスコミの上手な利用法ではなかろうか

テレビ(映像)を敵にするか味方にして利用するかは当落に大きな影響を及ぼすことを教えてくれたのは小泉首相だろう

候補者選びのアンケートで投票基準として

政党、政策のあとに出てくる「候補者の人柄」というのがあるが

候補者にそんなに親しい人が多いとは思えない

人柄を判断する要素は日頃の言動でもあり

大事な要素の一つでもあるのが容姿や笑顔でもあるのではないだろうか?

理想論は有権者の判断基準は政策であるべきなのだろうが小選挙区で個人に投票する場合それ以外の要素が加味されることも事実ではなかろうか

|

« 私と選挙 | トップページ | 朝日新聞の腐った体質 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。

勝手にトラックバックしたのに、私のブログにわざわざお越しいただき、ありがとうございます。

私のほうへのコメントでの、「議員」に対するご意見、もっともだと思っています。どんどん、ご指摘ください。

 では。

投稿: てらまち | 2005/09/13 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5922392

この記事へのトラックバック一覧です: 私的選挙当落論:

« 私と選挙 | トップページ | 朝日新聞の腐った体質 »