« 朝日新聞の体質2 | トップページ | 私的選挙当落論 »

2005/09/12

私と選挙

昨日の衆議院議員選挙の結果は予想通りの自民党大勝でした

いいか悪いかは別としてこれが今回の国民の選択なのでしょう

私は郵政民営化大賛成ですが

今回は小選挙区も比例代表も民主党に投票しました

正直言って

私は民主党が好きではありません

いや、むしろきらいです

私から見ると元自民党、元社会党、元民社党等の烏合の衆の集まりにしか思えず本当の中身が見えない感じがするからです

しかし今回はその民主党へ投票しました

私も世間で言われる「浮動票」の一人なのだと思います

今回の場合

自民党の圧勝が感じられたためそれが嫌で民主党へ投票したのです

若い人の中には

「誰に投票しても同じだよ、世の中良くなりはしない」という人もいます

確かに一理ある気もしないでもない感じもしますが

現実問題として

候補者の中から政治を行う人を選ばなければならないわけで

私は浮動票の抑止作用も必要だと思うのです

したがって私の今までの投票の多くは

大勝しそうな政党には投票しない

多選の候補者には投票しない

市長、知事をはじめ地方議会議員選挙でもそうしてきました

多選が汚職が一部の利害誘導政治になりやすいと思うからです

しばらく前より

「マニフェスト」という言葉が使われだし

今回もマスコミが好んで取り上げていましたが

実行されないマニフェストには何の意味もないと思うのです

選挙の時だけのお題目ならいらないわけで

掲げられたマニフェストが実行されないのは

それを国民が次回の選挙の選択対象と思う気持ちが薄いからでしょうか?

政権政党が「自らのマニフェストを何としても実行しなければ」と思うようになるには

マニフェストが実行されなければ次回の選挙で野党に成り下るという危機感が必要なのではないでしょうか?

なぜ民営化が必要なのか

それは競争の原理の中にこそ

無駄をなくし、いいサービスをしないと存在すら無くなるという危機感があるからでしょう

競争原理の危機感が政治にも必要だと思うのです

競争原理を持たない社会主義国は次々なくなり

中国もそれに気づいたから資本主義の競争原理を導入しだしたのでしょう

自民党の今までの政治は名前だけ「自由民主党」であり

現実は「官」という名の国営社会主義政治過ぎたのではないでしょうか?

公団を作り、外郭団体を作り、「官」の天下り先を作り

それは旧社会主義国の一部特権階級のための政治に近いものすら感じます

今回も選挙結果に対し

大勝した自民党の理由が「小泉首相の劇場型選挙が上手だった」とか大敗した民主党の敗因も選挙手法というレベルの低いところでマスコミによって語られていますが

「マニフェストを実行しなかったから」とかの政治活動内容で語られる日が来て欲しいものです

|

« 朝日新聞の体質2 | トップページ | 私的選挙当落論 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/5904870

この記事へのトラックバック一覧です: 私と選挙:

» ◆必要性のない郵政民営化・解散の選挙費用。地方自治体職員の給与を支給しないことは違法?? [てらまち・ねっと]
 今回の小泉解散問題について、地方議員としての精算をしようと考えています。 2005.9.11(衆議院総選挙の投票日に当たって) ◆地方公共団体(自治体)は、国政選挙の執行を手伝うことが義務づけられています。そして、その経費は、国がすべて支払うことになっています。  しかし、地方公共団体の職員の執務時間中の人件費は支給されていません。  制度上も法律上も間違っているままに、強引に国民や地方に解散・選挙を押し付... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 18:28

« 朝日新聞の体質2 | トップページ | 私的選挙当落論 »