« コスモス | トップページ | 「ヨン様~」 »

2005/10/07

報道の表現

麻生総務大臣をはじめ数人の国会議員が新聞等による指摘を受けて

「全国小売酒販政治連盟」からの献金を政治資金収支報告書に記載してないことを認め報告書の訂正を行った

それに対してのマスコミの報道は

「政治献金記載漏れ」だ

献金を政治資金報告書に記載することを義務付けられている政治家がその報告書に記載していなければヤミ献金ではなかろうか?

外部からの指摘を受ける前に自ら記載漏れに気づいて訂正したのなら「記載漏れ」かもしれないが

外部からの指摘を受けて訂正するのは隠したい意思があったと思われてもしょうがないのではなかろうか?

「記載漏れ発覚」と「ヤミ献金発覚」では読み手の印象は大きく違う

報道の表現には時々疑問に思うことがある

学校の窓ガラスが割られたり

線路内に自転車が放置されるような事件の時に

「警察は悪質なイタズラとみて捜査している」という表現が使われることが多い

どちらもいたずらではなく犯罪である

イタズラは笑って済まされる範囲を言うのではなかろうか?

マスコミの報道が同様な事件を誘発させることよりも犯罪抑止に向かってこそ真のマスコミの意義とも言えるのではないかと思う

|

« コスモス | トップページ | 「ヨン様~」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/6293619

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の表現:

« コスモス | トップページ | 「ヨン様~」 »