« プロ野球中継 | トップページ | 新聞週間 »

2005/10/14

テレビ局の言う公共性って何?

今朝の新聞に楽天がTBSの株式を大量取得した問題に対し

TBSの労組のコメントが出ていた

「利益よりも報道機関としての社会的責任や公共性を」という内容だ

思わず「はぁ~?」と

確かに公共の電波を利用しているテレビ局には社会的責任や公共性が求められて当然ではある

しかし今の民放各局に本当に利益よりも社会的責任や公共性、公平性が重要視されているだろうか?

例えばTBSが横浜ベイスターズの株式を所有していることは放送する側としての公平性を欠くことにはならないのだろうか?

スポンサーの意見を聞くことはあっても視聴者の意見を聞く積極姿勢は見受けられない

番組制作においても社会的責任より「面白ければいい」が先行していはしないだろうか?

社会的影響よりも利益追求が優先されているのではなかろうか?

マスメディアは自分達が不利な立場に立った時にだけ「社会的責任や公共性」を伝家の宝刀のように持ち出す

「社会的責任や公共性」は自らの日頃の企業活動にこそ向けられるべきではなかろうか?

そして日頃、社会的貢献を果たしていてこそ「社会的責任や公共性」という言葉を口にする資格があるのではなかろうか?

今のテレビ局の利益追求企業体質で「社会的責任や公共性」を口にするのは自らの既得権益を保護したいだけにしか見えない

ライブドアや楽天がテレビ局の株式を取得して共同経営したかったのは民放各社が社会的影響が大きいからであり

むしろ社会的責任を果たしていないからこそ利用しやすいと思ったのではなかろうか?

株価が20数万円もするフジテレビは社会的責任より利益追求した結果ではなかろうか?

そうだとしたらその利益追求型企業を他の企業が買収したり傘下におさめたくなるのもある意味当然だ

テレビ局の株式をIT企業が取得した問題だけが取り上げられるがテレビ局自体の社会的影響力を利用した利益優先体質が問題視されないことに大きな疑問を感じてならない

|

« プロ野球中継 | トップページ | 新聞週間 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/6392253

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ局の言う公共性って何?:

« プロ野球中継 | トップページ | 新聞週間 »