« 強度偽装問題 | トップページ | 強度偽装問題とその対応 »

2005/12/06

看板

昨日の夜の帰り道

信号で止まって何気なくセブンイレブンの方に目をやると

真新しい電飾看板が目に留まった

「あらっ」セブンイレブンの看板がセブン&アイホールディングスの看板になっている

イトーヨーカドーの子会社であったセブンイレブンの方が利益を上げ

お互いの持ち株会社を作りその名がセブン&アイホールディングスだとは知ってはいた

しばらく前よりイトーヨーカドーの大きな鳩のマークの看板がセブン&アイホールディングスの看板になったことも知っていたが

まさかセブンイレブンの看板まで変えるとは思っていなかった

全国すごい数だろうし巨額のお金がかかるのではといらぬ心配をしてしまう

そんなところにお金を使うなら消費者に還元してもらいたいものだ

テレビのCMではダイエーの看板が変わりましたとやっている

こちらは産業再生機構の支援を受けている身だ

「そんなところにお金使うかなぁ?」と思うのは私だけだろうか?

看板を変えたら中身も変わるの?

看板を変えたら消費者が来るとでも思っているのだろうか?

大事なのはやはり中身だろう

しばらく前に

公的資金が導入されたあさひ銀行が合併でりそな銀行に社名を変更した時も大掛かりな看板の付け替えをしていた

その時も

合併するどちらかの名前を合併後も使えば看板等の変更は半分以下ですむはずだと思ったことがある

社名を変えれば外の大看板だけでなく社名の入ったあらゆるものを変えなければならない

確かに職種や場所によってはネーミングや看板は大事だと思う

しかし今更セブンイレブンやダイエーの看板を変えたからといってさほど意味はないように思うが

まして銀行の名前など大きな問題では無い気がする

片方の名前を使うと

使われない方の銀行が吸収された思われるのが嫌なだけではないのだろうか?

利益をあげてる企業が行うのはまだ許せる気がするが

公的資金を導入されてる企業の場合は無駄遣いにしか思えない

大事なことは看板にぶらさがらずに努力するではなかろうか?

|

« 強度偽装問題 | トップページ | 強度偽装問題とその対応 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/7490565

この記事へのトラックバック一覧です: 看板:

« 強度偽装問題 | トップページ | 強度偽装問題とその対応 »