« パンク | トップページ | ジョン・レノン・ミュージアム »

2005/12/22

三年ぶりのゴルフ

先週、私が仕事を手伝っている群馬のT社長から電話が

「1年間お世話になったからお礼にゴルフ招待するからやろうよ、Yさんと三人でどう?」と

そんなわけで約3年ぶりに昨日はゴルフをしてきた

この社長がまめな人で

先週末にまた電話してきて

「予約したゴルフ場近辺に雪が降っているらしいから、雪が残っていたら延期しよう」と

そして月曜日にも

「今ゴルフ場に電話入れたのだけど今日はクローズしてるけど水曜日は出来ますといわれたよ、また明日ゴルフ場に電話してみてやるかどうか決めよう」と電話があった

そして火曜の昼過ぎに「大丈夫だそうだから、うちの会社の駐車場に7時ちょっと過ぎぐらいに集合でいいかな?」と電話がきた

そんなわけで昨日は久しぶりの早起き、朝6時ちょっと前に起きて関越道に乗った

日の出前でまだまだ真っ暗

でも高速はかなりの交通量

荷物輸送の大型トラックにまじって乗用車もかなりいる

「みんなこんなに早くどこ行くの?」って感じだ

そして集合場所でT社長のセルシオに乗り換えゴルフ場へ

やっぱり高級車は楽だ~

シートにもヒーターが入っていて体にやさしい

年末で平日で寒いこともあるのかゴルフ場はガラガラ

ひょっとするとお客さんより従業員の方が多くない?って感じさえ

先週降った雪は残っていなかったが

ティーグラウンドは永久凍土のようでティーが立たない

朝一はグリーンも凍っていて直接ボールが乗るとみんなグリーンオーバー

ボールのマークも刺さらないぐらいのアイスバーン状態のグリーンだから

手前にバウンドさせないとグリーンにはボールは止まらない

グリーン手前に大きな池があるショートコースへやってきた

カップは意地悪なぐらい手前に切ってある

T社長とYさんは直接グリーンにボールを落としてグリーンオーバー

そこでT社長が一言「手前の凍った池にバウンドさせないとワンオンはしないんじゃないか」と

好奇心旺盛な私は持っていた8番アイアンをピッチングに変えた

T社長「本気で池の氷に落とす気かい?」って笑った

私「遊びですから、この1打に人生かかっているわけじゃないし何事もチャレンジですよ」と

そして打った球はピン方向へまっすぐ

T社長とYさんが「おー、これ弾んでのるんじゃない?」と言った瞬間

ボールは池の氷できれいに跳ねた

ピン方向ではなく真横に跳ねた

残念ながらウォーターハザード行きだ

グリーン手間へ行ってみると湖面は平らに凍っていなかった

やっぱり世の中そんなに甘くない

こんな条件のコースでタイガー・ウッズがどんなゴルフをするのか見てみたい

そんなことをしながら和気藹々と3年ぶりのゴルフを1日楽しんできた

思えば最盛期、年に30回ほどしてたゴルフ

久しぶりにやってみるとこれもまた楽しい

|

« パンク | トップページ | ジョン・レノン・ミュージアム »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/7774005

この記事へのトラックバック一覧です: 三年ぶりのゴルフ:

« パンク | トップページ | ジョン・レノン・ミュージアム »