« 寒い日はやっぱりラーメン | トップページ | 朝から下ネタ »

2006/01/30

スーパーの駐車場で

昨日の午前11時ごろのこと

母親に「買い物行きたいからスーパーまで乗せていって」と頼まれ

スーパーへ

私は駐車場の車の中で買い物が終わるのを煙草を吸いながら待っていた

しばらくすると70才ぐらいのおじいさんが自転車でやってきて

駐輪場に自転車を止め

店内に向かって歩き出した時

自転車が倒れた

おじいさんの自転車だけでなく止めてあった自転車が5台ほど倒れた

その音に振り向いたおじいさんは

自分の自転車に歩み寄り

自分の自転車を起こし

10mほど離れたところへ自転車を止めなおし店内へ入って行った

「おい、おい、おい、悪意で自転車を倒したのではないことはわかるが倒れた自転車そのままかよ~」と思い

車を降りて倒された自転車を私がなおしだした

そこへアルバイトらしき大学生風の店員がやってきて

倒れた自転車を一緒に起こしながら

彼は私に「すみません」と言った

たぶん彼は誰が倒したのかも見ていなかったろうし

私が倒したのかどうかもわからないはずだ

昨日は風もなく自然に倒れたも考えにくい状況

自転車を起こしながら私が「倒したらなおしていくのが常識だよね」と言うと

彼は「そうですね」とニコッとした

倒れた自転車を元通りにして車に戻ろうとすると

彼は「ありがとうございました」と頭を下げた

よく、「近頃の若者は・・・」と若者の常識の無さをなげく話しが多いが

本当に常識の無いのは

その若者達を育てた40代、50代を中心とした我々大人ではなかろうか?と時々思う

常識や思いやりの無い人間が育てて

常識や思いやりのある若者が育つだろうか?

私もえばれるほど常識があるとも自分でも思わないが

最低限度のルールや思いやりは忘れたくないと思う

|

« 寒い日はやっぱりラーメン | トップページ | 朝から下ネタ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は日曜日にこんな経験をしました

近くのショッピングタウンにある店から買い物を終え車に戻ろうとしたらものすごいスピードで店から出たばかりのわたしの脇に車が止まったんです「危なっ!」と少し身を引きました。
降りてきたのは30代の親子4人でした。
そこは通路で駐車禁止のところなのにです。その家族はしかも隣の店に平然と何食わぬ顔で入っていったのです。
腹立ちましたね

と思っていたらその隣に儲けられた障害者スペースに20歳くらいの女の子2人が笑いながら、また平然と車を止めていきました
知識が無いのか心が無いのか知りませんが若者でも差がありますね。その店員の若者とは
あまり私もたいそうなことはいえませんがね

投稿: 玉井人 | 2006/01/31 15:25

玉井人さんへ
またまたコメントありがとうございます
人間生まれてくる時は裸で無垢です
常識や思いやりが身に付かないで大人になってしまったとしたら
それは育てた者や育った環境に問題があったのかもしれませんよね
それと、間違ったことや常識はずれのことをしても
誰も注意してくれなければいつまでもそのことに気づかない人も多いのかも
注意されてもすぐにキレルだけで人の忠告を聞けない人が増えているのも悲しい事実かなぁ

投稿: カー助 | 2006/02/01 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/8414208

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーの駐車場で:

« 寒い日はやっぱりラーメン | トップページ | 朝から下ネタ »