« 保身に一生懸命は永田町の常道 | トップページ | 両面テープは効果ありかも »

2006/02/28

泣きながら謝罪会見でしょうか?

今日、民主党のメール問題への謝罪会見が行われるという

先週末より時間をかけたのだから立派な演出が出来上がったことと思い期待しています

国会での質問時、「武部」という名前を出す時など自らの発言に酔いしれていたほどの激情型の永田議員ですから

私が演出家なら泣きながら謝罪ってのを選択するのですが

鳩山幹事長の演出はいかに?

昨日のニュースで気になったのは

永田議員の今回の問題についての民主党渡部恒三議員の発言だ

「神様じゃないんだから、人間なんだから間違って当たり前、そんなことで議員辞職などする必要が無い」というものだ

さすが元自民党金権田中派、現小沢グループ!

なんとも都合のいい発言

その理論でいくと

医師も警察官も裁判官も人間だから間違って当たり前ってことになる

もちろん、全て人間ですから時として間違いはあります

しかし、公的立場が強い人ほど間違いを起こさぬよう特別努力しているのでは?

そしてもし間違いを起こせばそれなりの責任を取るのも当たり前ではないのか?

どんなに努力しても間違いは当然起きうる

もし起きてしまった時にはそれなりの社会的責任を負うのは当然のことであり

その責任は過失度合いによって、あるいは社会的立場によって異なってくるのも当然ではなかろうか?

今回の渡部議員のように永田議員の過失度合いもはっきりしないうちから「議員辞職しなくていい」というような先に結論ありきではおかしいと思う

また、その理由が「人間なんだから」では間違いだらけで誰も何も責任を取らなくていい社会になってしまう

日頃民主党からは「自民党との違いを出さねば」という声があがっているが

無理やり政策の違いを出すより先に

議員のモラルや政治姿勢の違いを出してこそ国民から支持されるのではないだろうか?

所詮政権を取りたいために集まっただけの烏合の衆に望むのは無理なのだろうか?

|

« 保身に一生懸命は永田町の常道 | トップページ | 両面テープは効果ありかも »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/8873277

この記事へのトラックバック一覧です: 泣きながら謝罪会見でしょうか?:

» 今度は武部さんの番 [つぶやき古道(tubuyakikomithi)]
永田議員の謝罪会見は鳩山幹事長らと行われた。 となれば次は 堀江容疑者を公認でもないのに閣僚どころか自分自身もお応援した武部勤さんやフューザーにパーティー券を買ってもらっていた阿部... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 21:35

« 保身に一生懸命は永田町の常道 | トップページ | 両面テープは効果ありかも »