« 顔が思い出せない | トップページ | たばこ税の節税 »

2006/02/10

無事発見していただきました

昨日の話しの続きです

待ち合わせは東京駅八重洲中央口の改札を出たところに1時

「路線検索」をしてみると30分ほど早くつくのがあったのでそれにて出かけることに

12時ちょっと過ぎに池袋駅に着くと

「線路内に人が入ったため埼京線と山手線は運転を見合わせている」と構内放送している

マジかよ~と思いながらどうしようか考えた

地下鉄丸の内線で行く?

でも丸の内線の東京駅はまさしく丸の内側でそこから八重洲中央口まではかなり距離がある

悩んでいると「山手線、埼京線は運転を再開しました」とのアナウンス

少々時間をロスしたが結局山手線に乗った

「田端駅でこの時間快速運転している京浜東北線に乗り換えればこのまま山手線で行くより少しは早く着くから乗り換えよう」と考えながら左側のドアから外を見ていた

そして田端駅へ私の乗った山手線がさしかかると

反対側のホームにはすでにドアを開けた京浜東北線の電車が止まっていた

私の乗った山手線がホームに止まる前に無情にも京浜東北線のドアは閉まった

ついてない時はこんなものだ

結局、各駅停車の山手線でそのまま東京駅まで行くことになった

東京駅の山手線外回りホームに降りるとそこからは少し見上げたところに東海道線のホームが見える

熱海行きの電車が止まっている

寒い時ここからその電車を見ると

「仕事中止して行っちゃいたいなぁ~」とよく思う

八重洲中央口へ向かう地下通路からホームへの案内表示には「踊り子号」の表示も

これもまた

「仕事中止して行こうよ」との甘いささやきに見えるのは私だけだろうか?

そんな甘い誘惑に負けず八重洲中央口の改札を出て時計を見ると

12時46分

「Oさんまだ来てないだろうなぁ」と現実に戻された

まぁ相手の顔を思い出せないのだから待つしかないと開き直り待つことに

5分ほどして「お久しぶりです」と声をかけてた男性が

私も「お久しぶりです」と返しながら

心の中で「そうだ、Oさんこんな顔してたんだ」と思い出した

本人の顔見ればそりゃぁ誰でも思い出して当然ですね

それでも思い出せなかったらそれこそヤバイ

無事発見していただいた私は

お母さんに見つけてもらった迷子の気持ちが少しだけわかるような気がします

|

« 顔が思い出せない | トップページ | たばこ税の節税 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらでも

冬の安達太良山に登山して10日から行方不明だった4人は無事発見されました

よかった 良かった

でも甘く見るんでしょうか毎年この山での遭難が起きます、登りやすくても1600メートル級の山を侮ってはいけないですよね

ちょっと緊張の「無事発見」でした

投稿: 玉井人 | 2006/02/12 20:10

やはり私のように東京駅で発見されるぐらいが大した迷惑もかけずカワイイということでしょうか?
毎年遭難する人いますよね
亡くなられる方も
みなさん自分は大丈夫だと思うのでしょうか?
多かれ少なかれ「自分だけは大丈夫」だと思うのが人間なのでしょうね
文明は我々から「警戒心」というものを忘れさせたのかも・・・

投稿: カー助 | 2006/02/13 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/8590228

この記事へのトラックバック一覧です: 無事発見していただきました:

« 顔が思い出せない | トップページ | たばこ税の節税 »