« グルメ券は送られてきたけれど | トップページ | 死をもってしか償えないこともある »

2006/03/14

誤審以前に問題にすべきことがあるのでは?

昨日の朝は少し早起きをして

WBCの日本対アメリカ戦を見た

中継を見始めてすぐに

「えっ!アメリカ人が審判やってるの」と疑問に思った

通勤途中はラジオで聞き

事務所についてテレビをつけて見ていた

そして問題のタッチアップのシーンがやってきた

中継をしていた日本テレビによると映像はアメリカのテレビ局製作の国際映像とのこと

その映像でも何度となくタッチアップシーンが繰り返し流されていた

確かに人間が審判をやる以上ミスが起きる可能性は否定できない

ただアウト、セーフのジャッジが抗議で覆されるのはおかしな話だし

ルールの解釈で抗議が通るのならまだ話はわかる気がするのだが・・・

それでも審判は絶対なのだろう

しかし

一番問題なのは

国際試合でありながら絶対であるはずの審判が対戦国の審判員であるということではないだろうか?

サッカーでも

バレーボールでも

国際試合は第三国の審判員が審判をつとめるのが常識だ

アメリカが戦う試合でアメリカ人の審判では真の国際試合とは言えまい

これではワールド・ベースボール・クラッシックではなく

アメリカン・ベースボール・クラッシックになってしまう

昨日の夜のニュースのスポーツコーナーでも

誤審問題はタッチアップシーンを流しながら「おかしい」と伝えられていた

だが残念なことに

国際試合でありながら当事者国の審判がつとめていたことへの矛盾を指摘するようなコメントは見当たらなかった

この問題について

何人かのブログも拝見したが

過激な人は不正な審判にボイコットをと言っている人もいたが

私はそうは思わない

WBCは今回が1回目だ

開催時期等まだまだ多くの問題を含んではじまったところである

出てきた問題を解決しながらより良い方向に持って行ってこそ真の国際大会になるのだろうと思う

真の野球世界一を決めるため

多くの野球ファンを魅了するためにはどうしたらいいかは改善に改善を重ねなければ中々生まれては来ないのではなかろうか?

そこには各国の利害関係もあるだろうし

そういう意味でも今回の誤審問題をいい機会と捕らえ

担当審判員を第三国化すべきではなかろうか

マスコミも誤審審判を批判することよりも制度の矛盾を批判すべきだし

日頃何もしないNPB(日本野球機構)やコミッショナーも

第三国の審判を採用するようコメントを出し、改善を働きかけるいい機会でもあるはずだ

|

« グルメ券は送られてきたけれど | トップページ | 死をもってしか償えないこともある »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そのとおりですよね。別の国のがやるのが常識ですよね

でもこうでもしないとアメリカはこの大会には出なかった確率は高いと思います

わがままな国ですからね

投稿: 玉井人 | 2006/03/14 22:36

ですよね
アメリカがこの大会に少々消極的なのは
国別対抗でやるとアメリカが勝てないということを知っているからでもあると思います
メジャーリーグは中南米の多くの選手で構成されているのが現実ですからね
「アメリカが優勝候補筆頭」なんて言ってるのは
現状把握が不得手な日本のマスコミぐらいかも・・・

投稿: カー助 | 2006/03/15 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/9083138

この記事へのトラックバック一覧です: 誤審以前に問題にすべきことがあるのでは?:

« グルメ券は送られてきたけれど | トップページ | 死をもってしか償えないこともある »