« 賞味期限 | トップページ | 三春滝桜 »

2006/04/24

雁坂トンネルを抜けて

数年前だろうか国道140号の埼玉県と山梨県の県境の雁坂トンネルが開通したのは

前から1度行ってみたいと思っていたこのトンネルを抜けて山梨へドライブに行ってみた

土曜日は天気も良く

140号を秩父方面に向かっていくと

渋滞表示が出てきた

羊山公園の芝桜がちょうど満開とテレビ等でやっていたので「まぁ、しょうがないか」と思いながら進むと

「山梨、荒川方面」という迂回路の看板が出ていた

看板をたどり140号を右折し荒川を渡り指示通りに進むとこれが空いていて順調に走れる

浦山口付近で140号に戻るのだが

秩父市街地を迂回できて結局渋滞につかまることはなかったのだが

三峰口付近で数台前に観光バスが現れ

その後をついてトンネルへ向かうこととなった

雁坂トンネルは有料で通行料金は710円だ

トンネルは確か一般道としては最長の約6、6Kmと長いのだが

手前の山道がワインディングロードだったのにトンネル内はほぼ直線なせいか短く感じる

トンネルを抜け少し行くと観光バスがお土産屋さんへ入ってくれて

「これでスムーズに飛ばせる」と思ったら

今度は前の水色のミニクーパーが遅い

このミニクーパー下り坂をのんびり走ってくれる

このミニクーパーのブレーキランプがつくことはほとんどないのだが

こちらはアクセルから足をはずしていても車間が詰まる

そのたびにブレーキング

こんな運転も疲れると思っていると道の駅「まきおか」という看板が見えたのでトイレ休憩をとった

車から降りてみると富士山が大きく見える

そりゃ埼玉より富士山に近いのだから当たり前なのだが、とにかく雪の白い富士山は綺麗だった

その後、フルーツ公園へ

ここでも富士山が綺麗

Yamanashi_005

公園内の花も綺麗に咲いていた

Yamanashi_004

せっかくの山梨だからやはりお昼は名物の「ほうとう」ということで

地元の人に美味しいところを教えてもらいそのお店へ向かったのだが

お店の外は大勢の順番待ちの人でいっぱい

その数が半端じゃない

ここは諦めて他を探すことに

前に誰かに聞いたことがある「小作」というお店を石和温泉付近で発見

お店の中に入ると満席状態で数人待っていた

しばらくそこで待つことにしたのが

数分経っても店員はやってこない

普通「すいません、少々お待ちいただけますか」とか声をかけないか?

結局、ここも出てまた車で走り出し

「ほうとう」というのぼりの出ていたお店に入った

このお店も席は8割がたうまっていた

注文すると店員の子が

「生から茹でますので2、30分かかります」とのこと

しばらく待ってやっと食べることが出来たが

残念ながら「美味しい!」というほどでもない気がした

帰り道も国道140号

雁坂トンネル手前の道の駅「みとみ」にトイレ休憩で入ろうとすると

来る時に前を走っていた水色のミニクーパーが道の駅から出ようとしている

乗っていたのは若いアベックだった

ここで休憩しなかったらまたあの車の後をのんびり走ることとなってたようだ

しばしの休憩後

トンネルを抜けて少し行くと

国道を野生の猿が1匹歩いているのに遭遇

なんとも自然を満喫できたドライブでした

|

« 賞味期限 | トップページ | 三春滝桜 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/9742113

この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂トンネルを抜けて:

« 賞味期限 | トップページ | 三春滝桜 »