« 民放にマスコミを名乗る資格なし | トップページ | 66,666Km »

2006/05/11

「竹の子」?それとも「筍」?

タケノコって漢字は「竹の子」なのだろうか?

それとも「筍」なのだろうか?

私的にはやはり竹冠に旬で「筍」だろうと思う

こっちの「竹の子」は昔原宿の歩行者天国で踊ってた連中がイメージされてならない

月曜日にT社長から「ちょっと仕事の打ち合わせがしたいので、今週来れないかなぁ」と電話があった

「水曜日なら行けますが」と私

というわけで水曜の10時過ぎにT社長の事務所へ行き

昼食を一緒にしようという話になり電話を切った

するとすぐにまた電話があり

T社長「そ~だ、忘れてた。ウチのが筍取りに来るようにって言ってたから俺の自宅待ち合わせにしないか?」と

そういえば毎年、筍をいただきに行っていた

というわけで昨日は10時過ぎにT社長の自宅へうかがった

このT社長のご自宅が約千坪の豪邸

はじめてお邪魔したのは確か20年ほど前の夏の夕方

夕映えに栄える洋風の建物と植えられた南国風植物は

「ホテルカリフォルニア」のレコードジャケットを思い出したのを覚えている

広いこのお宅、門から玄関までアスファルト舗装してある

それもセンターラインこそ無いものの車が充分すれ違える幅

車で門を入り

その舗装路に車を止め

玄関のチャイムを押すと

奥さんが庭の方から出てきて

第一声が「あらっ、スーツに革靴じゃ筍堀り出来ないじゃない」と

私は苦笑いしながら

確かこのセリフ去年も聞いたよなと思っていると

奥さんが「確か去年も同じようなこと言った覚えがあるよね」と笑った

その通りなのだが

残念ながら筍掘りがメインではなく仕事がメインで来ているのです

来年はジーパンにスニーカーで筍堀りをメインで行きたいと思う

そこへT社長登場で

奥さんに「お前が掘れば良いだろう」と

Takenoko_002_1

奥さんはスコップを持って筍掘りをはじめた

私とT社長が立ち話をしていると

奥さん、掘るは掘るは

私が「そんなにいらないです」と言っても

「誰かにあげればいいじゃない」と筍堀りをやめない

結局これだけいただくことに

Takenoko_001

おまけにフキもいただいた

その後、メインの仕事の打ち合わせを無事終了させ

5時前に帰ってきた

早速、G君の奥さんへ電話を入れ

「筍とフキ貰って来たから取りに来なよ」と呼んだ

すぐに取りに来て彼女は「今晩のおかずこれに決まりで買い物中止!」と言う

さすがしっかり物の主婦

さらに

「私は筍もフキも大好きなんですがウチのがフキ食べないんですよねぇ」と

何言ってやがる

あんたは鬼嫁なんだから

旦那に、おかずフキの煮物だけのお弁当作って持たせることぐらい朝飯前だろう

|

« 民放にマスコミを名乗る資格なし | トップページ | 66,666Km »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/10016133

この記事へのトラックバック一覧です: 「竹の子」?それとも「筍」?:

« 民放にマスコミを名乗る資格なし | トップページ | 66,666Km »