« 久しぶりの雹 | トップページ | 朝からヒヤリ »

2006/06/30

マスコミの伝えない反日感情

昨日のニュースはキム・ヨンナム氏の会見の模様に時間がさかれていた

キム・ヨンナム氏の会見というよりは

北朝鮮政府の自己中心的な公式見解という感じだ

私は仕事の関係で韓国へも行ったことがあるし

韓国人の知り合いもいれば

在日の知り合いもいる

在日の知り合いが言うには

「韓国の人たちは自分たち在日のことを本当の韓国人だと思っていないし、見下す部分もある。そんな韓国人が日本人と連携して北を追い詰めるようなことはしない」と

さらに

「韓国人の多くは北の人々に対する同胞意識が強く、逆に日本に対しては反日教育を受けているのだからどちらかを選ぶとしたら北朝鮮で当たり前だ」と言う

今回も家族の再会は「離散家族問題」として実現している

拉致問題はアメリカと連携して解決に当たることは出来ても

韓国と連携してはとても無理な話だと思うし

まして、中国やロシアが日本の味方をするとは到底思えない

残念ながら韓国の一番の目標は南北統一であり

そのことは同時に離散家族問題も拉致問題もミサイル問題も解決出来る道であると思っているのだろう

確かに理論上は南北統一でそれらの問題は解決されるのかもしれないが現実に南北が統一されることは非常に困難な道のりだと思わざるを得ない

北朝鮮の国家体制は一部の特権階級が牛耳っており

「統一」はそれらの人々が全てを失うに等しいからだ

それどころか韓国主体の統一であれば北朝鮮の指導者の一部は「犯罪者」として裁かれる可能性だってある

韓国ではその非現実的なことを政策目標に掲げていることが国民の支持を得られることでもあるのが現実だ

出来ないだろうことを知っていながら自らの政治生命を守るために利用しているのが韓国の政治家であり

この点では日本の政治家と共通点があるのかもしれない

マスコミも理想論を伝えても、厳しい現実を伝えることはほとんどないのが悲しい現実だ

日本のマスコミも厳しい現実や韓国の反日感情の真実を伝えることは少ない

韓国人の知り合いとソウル市内で食事をしようとお店に入った時のこと

そこは観光客の来るようなところではなく

日本語の出来る彼と日本語で会話していると

「日本人に食べさせるものはないから出て行ってくれ」と言われたことがある

残念だがこんな経験は1度ではない

彼いわく

「残念だがこれが韓国の現実ですよ」と謝ると同時に

「日本の教科書を問題にするより先に自国の閉鎖的教育が国際的な視野を持てない国民を作っていることを考えるべきだ」と嘆いていた

確かに教育は非常に大事だ

政権に都合のいい教育が行われることはとても危険だと思う

それと同時にマスコミの報道が仮に自国民にとって耳の痛いことであろうと正確に伝えていかないと真実を知らない井の中の蛙を育てることにもなりかねないとも思う

理想は理想として、高い理想を望むより現実的に出来ることからはじめることも時には大事ではないかと思うだが・・・

|

« 久しぶりの雹 | トップページ | 朝からヒヤリ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/10732040

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの伝えない反日感情:

» アジア [共通テーマ]
中国、韓国、北朝鮮との関係等々、アジアにおける社会・政治関連の記事をこちらに寄せてください。 [続きを読む]

受信: 2006/07/02 00:16

« 久しぶりの雹 | トップページ | 朝からヒヤリ »