« 呆れた社会保険庁の甘い処分 | トップページ | 伝えられないニュース »

2006/08/30

またまた大家のおじさん

先日書いた大家のおじさんが毎日やってくる

おとといは2回

1回目は午前中

「こんにちは~、今日は雨降るかねぇ」と言いながら入ってきた

私が「どちらかへお出かけですか?」と聞くと

「事故のことで保険屋さんまで行くんだよ」と言いながら汗まみれのおじさんはエアコンの下まで来て話が始まった

金曜日にバイクで出かけ

途中、目まいで、おじさん曰く「道路が波うって見えた」そうで

バイクを降り、近くのコミュニティーセンターで休ませてもらっていたらしいのだが

気分はどんどん悪くなり

そこの女性に救急車を呼んでもらって1日入院していたという

そういえば

確かに金曜日だけはおじさんが来なかったような気がする

「死ぬかと思った」と言いながら

腕の点滴の痕を見せながら

「点滴は効くよね、この通り元気満々だ」という話を30分ほど聞かされた時

「あれっ、俺どこへ行こうとして出てきたんだっけ?」とおじさん

私が「保険屋さんへ行くんじゃないですか」と言うと

「そうだった、でも、何であんたそれ知ってるの?」とボケたことを言われた

なんで?って、あなたが自分でそう言いながら入ってきたじゃないか!

おじさんは、さらに10分ほど話をして出て行った

私は途中だった取引先へのメール打ちを再開したのだが

メールを打ち終え

おじさんがいたところを見ると

傘が置き忘れられている

「物忘れひど過ぎ」と思いながらおじさんの帰りを待つしかない

1時間ほどしておじさんが帰ってきたので

表へ出て「忘れ物ですよ」と傘を渡すと

「これどこにあったの?」と言われ

無駄な状況説明して返した

そして夕方

「夕飯何食べようかと思ってるんだけど・・・」と言いながらまた来た

何を食べるか?で30分ほど話を聞かされるのも辛い

昨日は

斜め前の家の人が庭の草むしりをしている脇で話し込んでいるおじさんを発見

「そこで話してくれてると助かるなぁ」と思いながら仕事をしていると

1時間ほどしておじさんが来た

「外は暑くてたまらない。ここは涼しくていいねぇ」とエアコンの下に

夜、暑くて眠れず

1時間おきぐらいに目が覚めるという話を聞かされた

私が冷房の温度設定28度は体に悪いと話したのだが

人の言うことを素直に聞かないおじさんには無駄なようだ

30分ほどして「汗が引いたから帰ろう」と帰っていった

そして今朝、私が来てまもなく

「おはようございます、今日は何日で何曜日かね?」とやって来た

私が「30日の水曜日です」というと

「えっ!もう8月も終わりかい」と驚いてる

確か春ごろに「日にちと曜日がわからない」と言うからカレンダーあげたのに意味無いじゃん

NHKの朝の7時のニュース見れば

アナウンサーが

「おはようございます、8月30日水曜日朝7時のニュースです」って教えてくれるだろう!

そして、おじさんは

「今日は雨降るかね?」と聞き

私が「今日は天気予報だとところにより降るようですよ」と言うと

「そうか~、傘が見当たらないんだよ、困ったなぁ」と言いながら出て行った

あのまま私が傘を預かっておけば無くならなかったということかぁ

|

« 呆れた社会保険庁の甘い処分 | トップページ | 伝えられないニュース »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/11680759

この記事へのトラックバック一覧です: またまた大家のおじさん:

« 呆れた社会保険庁の甘い処分 | トップページ | 伝えられないニュース »