« アクセス解析が変わった | トップページ | 酔っ払いおばさんに怖いものなし »

2006/08/04

亀田興毅はピエロ

TBS系で放送された亀田興毅の試合が波紋をよんでいるようだ

試合終了後からTBSへは

「番組開始から試合までが長い」「判定に納得がいかない」という抗議や問い合わせの電話が3万7千件以上で

同様の電子メールも3,655件あったという

このうち局にいた番組スタッフ6人が直接受けた電話は408件で

残りはスタッフ帰宅後の着信だという

TBSは視聴者の声を無視して社員は帰る体制らしい

確か村上ファンドの株取得問題の時に

「公共の電波」だとか「公正な放送」とかカッコのいいことを言っていたと思うのだが

視聴者の声を聞こうともしない姿勢は「公共」からはほど遠いと思うのだが・・・

もっとひどい話は

TBS広報部の「この程度の件数は、これまでも野球中継などに絡んで前例がある」というコメントだ

もし一般企業がこんな不誠実な対応をし

広報部がこんな人を馬鹿にしたコメントを出したら

テレビ局からは袋叩きとバッシングを浴びせられることだろう

自らを特権扱いし、金儲け至上主義のこんな局が公共の電波を利用していること自体に疑問を持ってしまう

私は判定の結果には不満を持っていないというか

「どうでもいい」が本音だ

正直、試合内容は明らかにチャンピョンの勝ちだと思うが

元々、この試合は世界一強いボクサーを決めるものだと思っていないからだ

この階級の東洋チャンピョンでもない亀田興毅が挑戦者に選ばれていること自体おかしな話であり

今回、判定を出したジャッジと称される人達には国際資格も何もない

プロボクシングは

プロレスやK-1、プライドと同レベルの興行でしかないのが現実だ

そこには「いかに客を呼べるか」「いかにスポンサーを集められるか」「いかにテレビ視聴率を取れるか」と金儲けだけが先行し

「いかに強いか」は二の次になっているからだ

現に今回の世界戦と称しているものはWBAの興行であり

ほかにWBCだとか別の興行団体もある

要するに亀田興毅はTBSや協栄ジム、WBAが金儲けのために作り上げたピエロに過ぎないと思うのだ

そもそもアメリカのラスベガスを中心に盛んに行われているプロボクシングはショーであり

それは賭けの対象でしかなく

それを盛り上げるために「タイトルマッチ」なる冠をつけているに過ぎないのだ

今回の一戦もオリンピックでもW杯でもなく

それは当然世界一を決める戦いでもなんでもない

WBAは「次も金儲けが出来る興行を行いたいだけ」であり

そうなれば当然金持ちの国のチャンピョンの方がいいに決まっているのだ

案の定

「疑惑の判定」は再戦というかたちでまた金儲けを生む方向に動いている

ボクシングを取ったら何も残らない亀田親子の寸劇にこれほど大騒ぎできるこの国はある意味幸せな国なのだろうと思う

この書き込みをするにあたり

カテゴリー選択で迷った

それは「スポーツ」を選択するかどうか?だ

私はプロボクシングをスポーツではなく興行(見せ物)だと思っているのだが

世間では「スポーツ」と思っている人もいるだろうと思い

カテゴリーに「スポーツ」も選択しておいた

その代わり

興行なんだから「芸能・アイドル」のカテゴリーも加えておかないといけないと思い

選択しておいた

|

« アクセス解析が変わった | トップページ | 酔っ払いおばさんに怖いものなし »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

私の場合これはこれで日本人が新チャンピオンになったので良かったと思っています。
WBAは最初から亀田(このクラス2位)が勝つこと「ありき」で相手の(同クラス1位)負けと決めていたようにことを進めた様子があからさまでしたね。
それは、今回はチャンピオン空席でどちらもいわば挑戦者だったわけですがWBAが亀田の親父さんように特別ベルトを作っておいたのが笑ってしまいますね。

相手は一クラス軽量の元チャンピオン、そして亀田が一クラス重いところの東洋チャンピオンなのに体重が逆転してたのも試合内容に現れましたね。どちらもこのクラスの選手でないのも面白い

ところでカー助さん「チャンピオンが勝っていた」て、亀田が「有効打ポイント」で勝っていたと見たのですか?
そうなるとプロの目に近いことになる気がしますけど・・・

投稿: 玉井人 | 2006/08/04 18:43

玉井人さん

私は格闘技はどちらが勝つかとか
日本人が勝つかより
いい試合内容のものを見たいと思っています

「有効打ポイント」で、との質問ですので
お答えしますと
今回の試合内容でいうと
ダッキングがまるで出来ずグローブでガードするだけの亀田にはプロボクサーの技術を見ることは出来なかったと思います
そのことは当然相手の有効打を受けることになり
プロのジャッジならそれを判定に加味すべきだと思いますし
そのことが正当に評価されていれば判定は変わっていたと思いますよ
後半、亀田がクリンチで逃れたシーンも本来マイナスに採点されるべきで
相手にはそんなシーンは1度もありませんでしたので
公平に見たら今回の試合は3-0で亀田の判定負けが妥当だと思います
ブログ内でも書きましたが
言い方が適切でないかもしれませんが
所詮、興行であり判定の結果はさほど問題でもないと思っています
むしろ19歳の青年に頼らないとならないTBSの方がよっぽど問題かと思っていますし
次も頼らなければならないということが
最初から亀田に勝たせる筋書きになったのではないでしょうか?

投稿: カー助 | 2006/08/04 21:12

>むしろ19歳の青年に頼らないとならないTBSの方がよっぽど問題かと思っていますし
 興毅君自身もそれを承知していると、思われますか?
別に興毅擁護派ではありません、客観的に見てどう思われたかなと・・・

投稿: ちえ | 2006/08/06 22:53

ちえさん

昨日もTBSは朝から夜中まで亀田興毅を「これでもか」と言わんばかり出演させていたようです
そこに出ているタレントは当然TBSを非難するようなコメントを言うわけもなく
その矛先はボクシング協会だったりジャッジであったりのようです
TBSの自らを擁護する自作自演の番組製作には嫌気がさしますよ
日頃偉そうなことを言っているタレントも
自らの仕事が無くなるようなことは言えないのがよくわかる出来事だったのかなぁと思うと
その人達の今後のテレビでのコメントはとてもしらけて見えるのではないかと思っています
テレビ局は視聴者あって成り立っているはずです
その視聴者の声に耳を傾けることが出来ないのではおしまいかと思いますね
同様に
プロボクサーもプロである以上
観客がいてくれて
スポンサーがついてくれて
はじめて成り立つ仕事です
その点から言えば
亀田興毅には自らの試合内容を客観的にみる余裕もなければ
世間の批判を客観的に受け入れる余裕もないのではないでしょうか?
もちろん、それは亀田興毅一人の問題ではなく
むしろ19才の彼には無理でしょうから
(私は正直、亀田興起の精神年齢は12、3才ぐらいかと思っています)
まわりの大人たちが「いい機会」と思い教えてあげることも必要かと思いますね
亀田の口をついて出てくるのは「オヤジ」です
それはある意味マインドコントロールされているのと等しいのではと私は思うこともあります
自己流のボクシングを教えることだけがオヤジのつとめでは無い気がしてならないのですが・・・

投稿: カー助 | 2006/08/07 09:14

>まわりの大人たちが「いい機会」と思い教えてあげることも必要
>自己流のボクシングを教えることだけがオヤジのつとめでは無い気がしてならないのですが・・・
 なるほど。簡単な批判の言葉ばかりのコメントが世にあふれていて、何をどう批判しているのか、感情ばかりが先行している方々が多く、モヤモヤしておりましたので、カー助さんの冷静な見方に目からウロコです。ありがとうございました。
変な言い方ですが、興毅くんが「かわいそう」に見えてきました。

投稿: ちえ | 2006/08/07 20:47

ちえさん

自分自身、決して冷静だとは思いませんが
少しでも客観的に見たいとは思っています
亀田興毅の場合
幼い時からボクシングだけをやらされ
ある意味被害者なのかもしれませんね
オヤジのエゴからはじまった中にいる今
彼に何かを求めることは無理なのかもしれませんね
ただし
あのように歩き始めてしまった人生である以上
今後もテレビを中心としたマスコミを利用しながら生きていくしかないのではとも思います

投稿: カー助 | 2006/08/08 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/11256670

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅はピエロ:

» 亀田興毅はピエロ [keturahonkaer]
nice.. [続きを読む]

受信: 2006/08/04 11:51

» 亀田興毅の試合の判定って・・・・ [屋根裏日記]
先日、行われた試合の判定ってどうなんだろ??? 本当の事が知りたいですよね。 [続きを読む]

受信: 2006/08/04 13:43

» あるボクサーの報道と虚構そして疑惑 [くまさんの自立]
あまり興味はなかったのだけれど、勝負はどうなっているかとチャンネルをその試合に合わせた。すると、どうだろう、アナウンサーがー1ラウンドにダウンをしたとしゃべっていた。ちょうど11ラウンド終了間際だったのだけれど、外国人の方が見た目に優勢と感じた。  これは、勝負あったと思ったのだが、なぜか2対1の判定で勝ってしまった。  実力を出し切れなかったと、そのボクサーはいいわけをしていたが、それが実力だし、今までの相手が弱すぎただけだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2006/08/04 19:48

» 亀田興毅バッシング [時流コラム・ニュース2007]
亀田興毅のチャンピオンは納得する人が少ないだろう。 多くの人は、判定に疑問を持つ。それも当然だがボクシングの判定 またはスポーツにおいて不可解のレフリージャッジなど、今に始まった事ではない。 [続きを読む]

受信: 2006/08/08 04:17

« アクセス解析が変わった | トップページ | 酔っ払いおばさんに怖いものなし »