« 安全管理 | トップページ | 600円が3,800円 »

2006/08/10

ガソリン高騰と税金

原油高にともないガソリンの価格が急騰していると

テレビや新聞のニュースは報じている

確かに「原油高」は事実だ

しかし、1リッター140円代のガソリンの53、8円は税金である

内訳は揮発油税が48、6円で

地方道路税が5、2円

テレビも新聞も「原油高」ばかり報じるが

140円の3分の1以上締めている税金のことは報じない

今まで道路族議員は

「道路の整備、維持に必要だ」と言い

道路特定財源として特例措置だったはずの税金の上乗せを正当化してきた

それは

不必要と思われるような道路まで作り

一部議員と一部建設業者のために使われてきたと言っても過言ではないと思う

そんなやり方は

危険な通学路を放置し

一部の人の利便性だけが優遇された道路となることが多い

確かに、道路の維持、補修にもお金がかかることはわかる

しかし

本当にそんなに多くの税金がいるのかは疑問だ

今回も必要以上の税金を下げれば

ガソリン価格は下がるはずだ

そもそもこの国のシステムは

税金はあればあるだけ使われるようになっている

それも残念なことに不必要なものに使われることがほとんどだ

税金を徴収する時

ずる賢い役人が

もっともらしいネーミングともっともらしい使い道なるものを考え出す

「福祉目的税」なんて言うと

多くの国民が「それならしょうがないか」と言うが

具体的にどう使うかもはっきりしないのが現実だ

「あなたのためだ」と言いながら

現実は厚生労働省の役人の天下り先を新しく作り

税金はその人達の給料と退職金になることの方が多いかもしれない

低レベルなマスコミは

税金のネーミングと政府の言う基本的な使い道しか伝えない

具体的な使い道の検証をしない報道では

政府のスポークスマンでしかなく

マスコミを名のる資格はない

税金のネーミングともっともらしい大義名分に騙され続けるのはいいかげんやめたいものだ

|

« 安全管理 | トップページ | 600円が3,800円 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

その税金を裏金なので見つかるとまずいからと燃やしてしまった岐阜県の公務員、

あれはひどいですよね

何百万のお札を燃やすなんて、自分お金だと勘違いしてるんですよねえ

投稿: 玉井人 | 2006/08/10 17:27

玉井人さん

岐阜の裏金問題でお金を燃やしたり隠したりは
反省が無く、見つからなければそれでいいという考えの象徴みたいな話ですよね
一番不思議なのは
個人で使い込みをやると懲戒免職とかになるのに
組織でやれば大した処分が無いことですかね
関係者全員懲戒免職にしたら
岐阜県庁の職員が半分以下になって
人件費が削減できると思うのですが
当然、懲戒免職なら退職金も支払わなくてすみますから
さらに経費削減で無駄な税金が出費されなくてすむのですがね

投稿: カー助 | 2006/08/11 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/11365188

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン高騰と税金:

« 安全管理 | トップページ | 600円が3,800円 »