« 歯医者終了 | トップページ | 当たるキャンペーンはJTばかり »

2006/09/27

マスコミと野党の役割

昨日、安部内閣が誕生し

テレビや新聞等マスコミはお祭り騒ぎ状態だ

野党はといえば

毎回同じような薄っぺらな批判コメントを出すだけで

存在意義をも疑いたくなるのは私だけだろうか?

昨年10月に小泉前内閣の改造が行われて11ヶ月

ろくな仕事もしないで大臣職に1年弱居座っていた人達が辞めていったわけだが

中でも最悪だったのは杉浦前法務大臣だろう

就任の記者会見で

死刑執行命令書に署名しない考えを明らかにし

その直後に発言を撤回したのだが

結局、法務大臣在任中

死刑執行命令書への署名を拒否していた

刑事訴訟法では

「死刑執行は死刑が確定してから六ヶ月以内に法務大臣の命令によって執行されなければならない」と規定されている

また、刑事訴訟法は

「法務大臣が死刑執行を命じたときは、五日以内にその執行をしなければならない」とも規定している

すなわち

法律は死刑確定後最長でも65日ほどで死刑を執行するよう規定しているのだが

現実には5年から8年後に死刑執行がなされることが多い

法務大臣に就任した以上

法律を遵守することは当然の責務であるはずだ

杉浦前法務大臣が死刑廃止論者であろうと

それは個人の自由だ

しかし、現行法を自らが遵守出来ないなら

法務大臣に就任すべきではないはずであり

自らの信念を主張もせず

ただ単に大臣の椅子に居座るような議員に国務大臣になる資格は無いと言わざるを得ない

マスコミはこのような自らの職務を放棄している大臣がいることを大きく伝えるべきであり

野党もくだらないことに何でも反対しているだけではなく

職務不履行の大臣の罷免を求めるべきである

更には

不適格者を任命した当時の小泉総理の任命権者としての責任をも追及すべきだったと思わざるを得ない

昨日、法務大臣に任命された長勢法相は死刑執行について

「大変重大な刑罰で、慎重に考えなければならない問題だが、確定した裁判を厳正に執行することも大切なことだ」と述べたという

三権分立の中の行政府の大臣が

裁判結果を捻じ曲げることが許されるべきはずもなく

当然な発言であり

与えられた職務に忠実であってもらいたいと思う

昨日の報道などを見ても

残念ながら「大臣になること」が目的となっている議員が多すぎるような気がしてならない

本来、大臣としていかに国民のために仕事が出来るかが問題のはずなのだが

「大臣の椅子に座ることが長年の悲願」では困ったものである

マスコミも就任時だけ大騒ぎするのではなく

今後の大臣としての資質や

仕事ぶりを大きく伝えるべきではなかろうか?

選挙で、国民のために働かない議員や現役大臣でも不適格者は落選するようにならないといい国にはならないと思うし

そのためにはマスコミの報道の役割は大きいはずだ

|

« 歯医者終了 | トップページ | 当たるキャンペーンはJTばかり »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12058080

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミと野党の役割:

» 杉浦法相が死刑執行書への署名拒否 [株で毎週5万円のお小遣いを目指す。税理士バッキーの日記帳]
もう前任ですが、杉浦法相が死刑執行の命令書への署名を拒否していたらしいですね。 [続きを読む]

受信: 2006/09/27 20:49

» 安部内閣発足 [フォトリーディング@Luckyになる読書道]
ついに安部内閣が発足しましたね。いつもと内容が違いますが、応援お願いします。人気blogランキングへにほんブログ村 本ブログへさて、安倍内閣の顔ぶれは次の通り。▽総理=安倍晋三▽総務=菅義偉(丹羽・古賀)▽法務=長勢甚遠(森)▽外務=麻生太郎(河野)▽財務=尾身幸次(森)▽国土交通=冬柴鉄三(公明党)▽環境=若林正俊(参、森)▽官房・拉致問題=塩崎恭久(丹羽・古賀)▽国家公安・防災=溝手顕正(参、丹羽・古賀)▽防衛=久間章生(津島)▽文部科学=伊吹文明(伊吹)▽厚生労働=柳沢...... [続きを読む]

受信: 2006/09/28 06:44

« 歯医者終了 | トップページ | 当たるキャンペーンはJTばかり »