« 教育とは | トップページ | 続く自殺 »

2006/10/27

校長たちの言い訳は自己保身

高校で必修科目を履修させていなかった問題は全国に広がっている

そして、その多くの高校の校長は

「生徒の負担を減らすために受験科目に無い教科を省いた」というような言い訳を堂々としている

「生徒のため」という言葉を使い

自らの責任の回避と自己保身をしているようにしか私には映らない

本当に生徒の事を考えたなら

通常の授業の他に受験対策の補習授業を行えばいいことで

必修科目を履修させなかったこと結びつける考え方に違和感を覚えてならない

要するに

進学率を上げたい

有名大学へ進学させたい

しかし、通常の授業時間以外は働きたくないから

本来やるべき授業をせずに

そこで進学対策をしたというだけではないか

「生徒のため」と言いながら

教職員が楽して進学率を上げたかっただけではないのか?

こんな間抜けな言い訳を

平気で流しているテレビ局にも呆れる

一般企業が問題を起こし

その代表者が「お客のためだ」などと間抜けな言い訳したらマスコミから袋叩きにあうに違いない

生徒は希望する進学のために人一倍努力している

その生徒を教え、指導する立場の教員は手を抜くことを選んだ

結果として

被害を受けたのは生徒だ

私が住む埼玉県では

昨日現在、私立4校の履修不足が判明している

県は、その処分として補助金の削減も視野に調査を始めたという

違法行為をしたら

社会的責任を取らなければならないことを

校長たちは生徒たちに教えるいい機会でもあると思う

生徒思いの校長たちがどんな責任を取るのか見守りたい

|

« 教育とは | トップページ | 続く自殺 »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12447294

この記事へのトラックバック一覧です: 校長たちの言い訳は自己保身:

« 教育とは | トップページ | 続く自殺 »