« ご当地ナンバー | トップページ | でかカール »

2006/11/16

なくならないいじめ

テレビの報道がいじめによる自殺を助長するかのようになってはいまいか?

最近、この問題の報道の最後に

「ひとり悩まず・・・・」というようなことを言うようになった

確かに

いじめに悩んでいる子供に対して

自殺を思いとどまらせることは大事だと思う

しかし、それだけではいじめの解決にはつながらない

被害者である「いじめられている子供」への対処だけでは

いじめはなくならない

そこには加害者が存在するから「いじめ」なのではないか

自殺者が出てから

全校集会を開いて「命の大切さ」をうったえたのでは手遅れではないだろうか?

問題が表面化してから

保護者会を開いたのでは遅すぎると思う

よく、加害者には「いじめの意識」が薄く

「いじめている」という認識がない場合もあるという

成長過程の未熟な子供たちの場合

そんなことが多いにありうるとも思う

受験科目を教えることが学校の全てであってはならないはずだ

社会の中での人との付き合い方や

相手を思う気持ちや

弱者をいたわる気持ち

ルールやマナーも教えてこそ本来の「教育」だと思うのだが・・・

教育基本法を改正して

「国を愛する心」を教えるより前に

「相手を思いやる心」を教えてあげる方が先だではないのか?

公共の場がバリアフリーになったり

駐車場に障害者用の優先駐車スペースが出来たりと

弱者のための社会施設を作ることは簡単だ

しかし、弱者を思いやる気持ちはもっと大事なはずだが

それを養うことはとても難しいのかもしれない

大学を出て

「学校」というある意味隔離社会の中でしか生活したことの無い先生に授業以外の大切なことを教えろと望むことは無理なのだろうか?

もし、無理なのだとしたら

改正すべきは法律だけではなく

組織そのものなのではないだろうか?

現に

いじめの相談が先生にではなく

NPOやボランティア団体に多く寄せられていることを政府や文部科学省は重大に受け止めるべきだと思うのだが・・・

|

« ご当地ナンバー | トップページ | でかカール »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12706611

この記事へのトラックバック一覧です: なくならないいじめ:

» いじめといじめ促進法(教育基本法改定案) [平和への結集ブログ]
■1■ いじめと自殺の「内戦」社会 いじめと、いじめなどが原因の自殺が後を絶ちません。近年の自殺者数は年間3万人台で、2005年度の日本の自殺率(一定人口に占める自殺者数)は、経済協力開発機構(OECD)加盟国中、第3位でした。1位は韓国です。同じく2005年度に全国...... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 12:50

« ご当地ナンバー | トップページ | でかカール »