« 孫社長のおかしな発言 | トップページ | 今度はキャビンが送られてきた »

2006/11/01

たばことお酒

観光業がメインのため喫煙に寛容だったハワイも

公共の場所では禁煙になるらしい

まぁ、禁煙は世界的な流れだから仕方あるまいと思うが

アメリカがそんなに国民の健康を考える国であるなら

京都議定書を批准し

二酸化炭素の排出にも積極的に取り組んだらいいと思うのだが

たばこは主に喫煙者の健康を害するだけだが

地球温暖化は人類どころか生態系全てを滅ぼしかねないと思うのだが・・・

たばこつながりで思うことは

たばこを売ろうとするテレビコマーシャルは無くなった

現在放送されているものは

「マナーやルールを守って」というものだ

これは、まさしく社会の流れが企業を変えさせたものだと思う

ところが

酒のコマーシャルは

いまだに「売るため」のものだけ

ビールのコマーシャルを見ない日はないと言っても過言ではないだろう

飲酒運転事故が多発しようがお構いなしでメーカーはいいのだろうか?

飲食店の一部が

運転者には酒を出さないと動き出しても

ルールやマナーを啓発するような動きさえしないメーカーには社会的責任が欠如しているのではないだろうか?

消費者金融業界でさえ

「借り過ぎに注意」とのコマーシャルを流している

日本たばこ産業は

自動販売機で未成年が買えない様な取り組みをはじめている

同じように未成年の飲酒が禁止されているにもかかわらず

酒類メーカーの姿勢は

「売れればいい」という感じではないだろうか?

利益ばかりを追求し

社会的責任を感じない企業にも

世間の批判があたるべきだと思うのだが・・・

|

« 孫社長のおかしな発言 | トップページ | 今度はキャビンが送られてきた »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

別な言い方をすれば、

タバコは宣伝しなくても「売れる」

しかしお酒は競争が激しくて宣伝しないと「売れない」

ちょっと、屁理屈でしょうかね?

投稿: 玉井人 | 2006/11/01 22:37

玉井人さん

コメントありがとうございます
たばこは禁煙ブームで売れなくて困っていると思いますよ
確かに
お酒のように競争はありませんが
でも
競争の激しい消費者金融でも社会的コマーシャルしてますよね
お酒に寛容すぎる社会をそろそろ変えないといけない時代になりつつあると思いますが・・・

投稿: カー助 | 2006/11/02 11:16

そうかもしれませんね

これは親戚のおばあちゃんの意見です。

「おらの長生きの秘訣は、毎晩の酒(焼酎は水などで割ったりしない)、そしてうまいタバコだべなあ」と、先日高笑いをしてました。

畑仕事を今でもやる、元気な90才です。

この人から、酒とタバコを取り上げたら怒るだろうなあとちょっと「たばこはやめたらどうだ」といったら「おら、うまくて、うまくて、やめられねえ」と睨まれました。(*^_^*)

投稿: 玉井人 | 2006/11/02 12:59

玉井人さん

またまたコメントありがとうございます
たばこもお酒も
他人に迷惑さえかけないで楽しめればそれでいいと思いますね

投稿: カー助 | 2006/11/02 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12512307

この記事へのトラックバック一覧です: たばことお酒:

« 孫社長のおかしな発言 | トップページ | 今度はキャビンが送られてきた »