« お粗末な復党会見 | トップページ | 白鳥とカモ »

2006/11/30

理想論じゃ無くならないいじめ

政府の教育再生会議の提言には

今回含まれなかったが

いじめた側への「出席停止」ということが波紋を呼んでいる

教育の専門家という人達の多くは

「出席停止は子供の学ぶ権利を奪うものだ」と言う

確かに全ての児童、生徒に「学ぶ権利」は平等にあるべきだと思う

それは

いじめられ登校拒否に追い込まれた子供たちにもあるはずだ

他人の権利を奪いながら

自らの権利だけを主張することはおかしいし

そのことが自らの権利を制約することとなるのは

ある意味、自業自得ではないか?

不思議なことにこの国は

加害者の人権保護に寛大だ

時にそれは

「保護」ではなく「過保護」であったりはしないだろうか?

いじめられた子供が自殺にまで追い込まれたら

被害者は「生きる権利」まで失うこととなる

勿論

私も全ての加害者を出席停止にしろと言っているわけでは無い

しかし

大勢の中には

指導や矯正教育をしても駄目な子供がいるのが現実ではないか?

それは

教育には家庭の問題、親の問題が大きなウェイトをしめているからであり

無責任な親が増えているのが現実で

教育現場だけでは

どうしようもないこともある

社会全体が変わらない限り

いじめ問題の「ベスト」な解決策はみつからないのではないかと思う

確かに「出席停止」も

本質的な解決にはつながらないかもしれないが

それで間違いなく救われる子供たちがいることも事実ではないだろうか?

理想論を戦わせている間も

現実にいじめられている子供がいるのだ

どんなに原因を調査しようが

校長や教育委員会が反省の弁を述べようが自殺をした命は帰ってこないのだ

|

« お粗末な復党会見 | トップページ | 白鳥とカモ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12876627

この記事へのトラックバック一覧です: 理想論じゃ無くならないいじめ:

» 【いじめ】 命を軽視しないで!女優の志田未来さん出演 [赤ちゃんのびのび育て!ママの子育て大辞典♪]
僕は両親に恵まれているほうだと思う。だからと言うわけではないが、「幸せ」を感じたときは両親にありがとうって言うよ?産んでくれてありがとう^^ 今回のドラマも僕と同世代の子が主人公を演じ、僕らの世代の仲間へ何かを伝えようと・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006/12/02 22:31

« お粗末な復党会見 | トップページ | 白鳥とカモ »