« 中津峡へ | トップページ | お粗末な復党会見 »

2006/11/28

再チャレンジできるのは議員だけ

以前に「再チャレンジできる社会が聞いて呆れる」というタイトルでブログにも書いたが

やはり安部総理の言う「再チャレンジできる」は自民党関係者だけのことを言っているのだろう

先の衆議院選挙は

自民党が「郵政民営化を問う」として解散、総選挙を行ったものだ

多額の費用を使い

国民の意思を問うという名のもとに選挙を行い

民営化反対議員を離党させたはず

その造反組をこの時期に復党させたのは

来年夏の参議院選挙のためだろう

選挙間近では反発が大きく選挙に負けるが

今、やっておけば

そのころには馬鹿な国民は忘れているだろうとの思いだろうか?

復党問題の最中

中川昭一政調会長は

「政治には情が必要だ」などと間抜けな発言を平気でしている

今回の造反組の復党は

国政のために必要だからではないという本音がポロリとでた発言だろう

片山参院幹事長などは

自らの参院岡山選挙区は衆院岡山3区の平沼元経済産業相の助けがいるために

「何としても復党させたい」という気持ちがありありだ

片山参院幹事長も国政のことよりも

自らの議員生命の方が大事らしい

マスコミや野党はこの茶番劇を批判するが

こんな馬鹿な議員を当選させ続けているのは

有権者である我々国民だ

国家財政を大赤字にしてでも地元に金をばらまいてくれる「議員先生様」に投票しているのは国民であり

それは

家庭で言えば

サラ金から借金を重ねながら小遣いを貰って

それを喜んで続けさせているようなものではないか?

現に

自民党税制調査会は

中身の無い形だけの行財政改革をして

消費税のアップを含む税制改革をしようとしている

無駄遣いを無くすことよりも

「取りやすいところから取る」ことにだけ熱心だ

国会議員の先生方は

「政治には金がかかる」と自らは政党助成金を貰い

パーティーなるものを開いてさらに金を集める

負担を背負うのは国民で

国民が選んだ議員先生方は

「国民の生活には金が必要だ」とはきっと知らないのだろう

マスコミが

政治問題を報道する時には

「あなた方馬鹿な有権者が選んだ人が○○なことをしました」というフレーズでも付けないとこの国の民主主義は駄目なのかもしれない

|

« 中津峡へ | トップページ | お粗末な復党会見 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政権与党にいないと目立たないし、発言もできないと言う政治形態がこんなことになっているのでしょうね

野党は欠席して議論すらしようとし無いように見えますしね

議員から議を取ったらただの諸員でしかないのではないでしょうか

投稿: 玉井人 | 2006/11/28 23:17

玉井人さん

コメントありがとうございます
無所属よりも政権与党にいる方が
金銭的うまみがあるということですかね

投稿: カー助 | 2006/11/29 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12854323

この記事へのトラックバック一覧です: 再チャレンジできるのは議員だけ:

» 佞臣11 [SIDEWALK TALK]
このブログは、たのしく運営していきたいんで、ひとの悪口や無用な批判はできるだけ避けてるつもり。 しかし、ここ数日、復党問題のニュースに憤りを感じてしまっていて、きょうは不本意ながらアングリーな内容になったことを勘弁してほしい。 復党問題については数日前、このブログの「韓信の股くぐり」というコラムです... [続きを読む]

受信: 2006/11/28 13:07

« 中津峡へ | トップページ | お粗末な復党会見 »