« 愛車MR-S | トップページ | 明日に架ける橋 »

2006/12/22

続 愛車MR-S

思いも寄らぬ反響に

今日もMR-Sです

ちえさんには半分伝わったようで良かった~(笑)

知り合いからは

「ほら、半分しか伝わらなかったじゃない。もっとやさしく説明しないと・・・」とメールが来ていました

あらためて人に伝える難しさを実感してしまいましたが

またまた質問が書いてありましたので

私のわかる範囲で書きます

エアロパーツは

本来、空気の流れを利用して車の性能をアップさせるために付ける部品なのでしょうが

市販車の場合「ドレスアップパーツ」の色合いが濃いのが現実かと思います

要するに「カッコ良くする」ため

まぁ、ある意味自己満足の世界でしょう(笑)

ミッドシップの魅力ですが

Mrs_018

MR-Sの場合

エンジンは後ろといっても

運転席に近い部分に置かれています

車の部品のうちで重量物であるエンジンをなるべく車の中心に持ってくることによって重心点が車の中央になり安定しハンドリング特性が良くなるます

ハンドルを切るとスムーズに曲がれるという感じですかね

それと

駆動輪(MR-Sの場合、後ろのタイヤ)の近くにエンジン(重量物)があることで

発進、加速時にタイヤが浮き上がらず力が無駄なく道路に伝わることがミッドシップの利点かと思います

あっ!あと「みんなと違う」という自己満足も(笑)

オートマとシーケンシャルの違いは

機構的にはかなり違い

シーケンシャルはマニュアルのクラッチをつなぐという操作を機械的に行っているので

機械的にはマニュアルに近いのだと思います

難しくなるので使っての違いをわかりやすくいうと

オートマはアクセルを踏み込んでスピードがあがると自然にギアがアップし

スピードが落ちればギアはダウンしますが

シーケンシャルは手動でギアを切りかえなければならない仕組みになってます

ただし、停車すると1速に戻るようになっていますが

それと、オートマはD(ドライブ)にギアを入れると

1速につながりブレーキから足を離すと走り出しますが

シーケンシャルはアクセルを踏み込まないとギアがつながらないようになっています

この説明は、とても難しいです(わからなかったらごめんなさい)

あっ!それからご指摘のようにボディに撮影している私が映っていましたね

撮影時には気づかなかったのですが

パソコンに取り込んだ時に私も気づき

ボディのカーブのせいで「なんだよ~随分デブに映ってるじゃん。俺こんなにデブじゃないぞ!」と思ったのですが

「まぁ、誰もそこまで気づかないだろう」と思ってそのまま載せてしまいました

Mrs_002

これが前の部分で

スペアータイヤはこんな感じで入っています

Mrs_001

2人乗りの車内はこんなんです

Mrs_008

シート後ろの荷室は

Mrs_010

ここに工具が入っています

Mrs_011

シーケンシャルシフトレバー

Mrs_023

見づらいですが

手前の+方向へレバーを倒せばシフトアップで

反対に-方向でシフトダウンです

今ギアが何速に入っているかは

メーター内に表示されていますMrs_020

オレンジ色の中の数字「1」は1速という意味です

これでご希望に少しは応えられたでしょうか?

今日はこれから仕事で前橋までMR-Sでお出かけです

さすがに今日はオープンドライブとはいきませんが・・・

行ってきま~す!

|

« 愛車MR-S | トップページ | 明日に架ける橋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

いやあ難しいですよね、説明は

マニュアル車というのは、ギヤチェンジするときには必ずクラッチペダルを足で踏みクラッチ版を切るという作業をします。

このクラッチ板を切ったり接続することを機械が自動でしてくれるのがシーケンシャルです。
つまり昭和50年代にスバル、日産が発売した
「オートクラッチ車」(自動クラッチ)という名称のほうが判りやすいと思います。
それの進化改良型がシーケンシャルです。

このシーケンシャルの面白いところは形としてはクラッチが自動なだけでれっきとしたマニュアル車なんですが、
クラッチペダルがないという理由で「セミオートマチック車」と分類されるため、
「オートマチック限定免許」でも運転が許可されているところでしょうね。

ミッドシップについては究極のレーシングカー「F-1(フォーミュラーワン)車」がその長所を物語っていると思います。

カー助さん、こんな補足でどんなもんでしょうか?
かえっておかしくなったかもしれませんね。すみません!

投稿: 玉井人 | 2006/12/22 17:36

玉井人さん

コメントありがとうございます
補足もありがとうございます
そ~なんですよね、オートマ限定免許でもOKなんですよね
きっとオートマ限定免許との境はクラッチのあるなしなのだと思います
シーケンシャルの不便なところの1つは半クラが出来ないことです

投稿: カー助 | 2006/12/22 18:04

こんばんは(^_^)
大変ご丁寧な説明をして頂きありがとうございましたm(__)m
玉井人様、わかりやすく補足頂きありがとうございます。
よく分かりました!(^_^)
車が好きな人、拘る人の気持ちがわかってきました(笑)
車内も見れて、車好きな人には、この記事は、「かなり貴重だな!」と思いました。
乗り心地の良い車である事と運転する面白味がある車である事が、カー助さんの言葉で充分伝わって来ました!(^_^)
大事に乗ってるんですねえ。とてもきれいにしてますね。
余計な物を何一つ置いてないのが、かえっておしゃれですね!
あっ、でも傘は必需品ですから置いてた方がいいですものね(笑)
>今ギアが何速に入っているかはメーター内に表示されています
 思わず「へえ~!」となりました。興味深い車ですね。

車の話になると尽きないと思いますが、せっかく覚えてきましたので、また機会がありましたら、写真付きで記事にして下さいm(__)m ありがとうございました(^_^)

投稿: ちえ | 2006/12/22 20:59

ちえさん

コメントありがとうございます
2日続けてMR-Sの記事にしてしまいましたから
ちえさんはコメントしないわけにいかなくなってしまいましたね(笑)
写真詳しく見てますね~
傘が映っていたのは気がつかれないと思ってましたよ
運転する面白みはありますが
決して乗り心地の良い車じゃないのもMR-Sの特徴かもしれませんよ
助手席に乗った多くの人が
「車高が低すぎて乗り降りがしづらい」とか
「サスペンションが硬すぎて乗り心地が悪い」と言います
運転者の自己満足車かもしれません
また、機会をみつけて記事にしますね

投稿: カー助 | 2006/12/22 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/13158831

この記事へのトラックバック一覧です: 続 愛車MR-S:

« 愛車MR-S | トップページ | 明日に架ける橋 »