« 理想論じゃ無くならないいじめ | トップページ | 深大寺と神代植物公園 »

2006/12/01

白鳥とカモ

昨日、深谷市(旧川本町)の白鳥飛来地へ行ってきた

Hakutyou_001

ここは毎年白鳥が飛来している

テレビや新聞で今年も白鳥がやってきたと伝えられていたので

一度行ってみたいと思っていた

毎日ボランティアの人達が餌をあげているとのこと

Hakutyou_020

駐車場から白鳥のいる荒川までは

徒歩で4、5分

車を近づけないのは白鳥を驚かさない配慮だろう

川原のホワイトボードには11月30日現在の飛来数60羽と書かれたいたが

私が行ったのはお昼過ぎで

餌をもらえる時間じゃないせいか

白鳥はどこかにお出かけ(?)のようで十数羽川面にいただけだった

Hakutyou_004

Hakutyou_006

代わりにたくさんいたのはカモ

Hakutyou_002

数百羽のカモがみんな集まり川原で日向ぼっこしている

白鳥の餌のおこぼれをいただくために待っている(?)

このカモたち、近寄っても逃げない

彼らも餌付けされちゃったということだろうか?

よく見ると

カモも数種類いる

Hakutyou_017

頭が綺麗な緑色のが数羽いて

川面の白鳥のまわりには小ぶりなカモもいる

Hakutyou_012

川原で猫のように丸くなっているのもいれば

Hakutyou_016

一生懸命、石の下の虫を食べている奴もいる

カモに比べると白鳥は警戒心が強いのだろうか

私がいる間、川からあがってくることはなかった

Hakutyou_009

後ろの白鳥は

まだ子供なのか羽の色が少々灰色

Hakutyou_015

水中に首を突っ込んで魚を取っている(?)

白鳥は3月までいるらしい

その間、ボランティアの人達が面倒を見るとの事

これから寒い日もあるだろう

ボランティアの人達には健康に気をつけて頑張っていただきたいと思う次第だ

|

« 理想論じゃ無くならないいじめ | トップページ | 深大寺と神代植物公園 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらの飛来地も「かも」はすごいですね
やはり逃げませんよ。それどころか子供なんか埋まるくらいにやってきますねえ。

上からの番目のフォトのかもですが、手前の緑がかった三羽は「マガモ」で奥の茶色の一羽は「オナガガモ」のようです。

昨年福島県の飛来地の一つでラジオ福島近くの阿武隈川にはめったに来ない種類の「カモ」がきてちょっと話題になりましたが名前を忘れました。

投稿: 玉井人 | 2006/12/01 22:15

玉井人さん

コメントありがとうございます
どちらの白鳥飛来地にもカモはいるのですね
白鳥は大事にされるけど
カモは大事にされないのでしょうか?
おこぼれの餌をもらう立場は辛い?
鳥も生まれてくる種類で待遇が違うのですかね~
玉井人さんは
カモも詳しいのですね
私は鶏肉食べないので(?)鳥は詳しくありません(笑)

投稿: カー助 | 2006/12/04 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/12888335

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥とカモ:

« 理想論じゃ無くならないいじめ | トップページ | 深大寺と神代植物公園 »