« 聞きたくない会話 | トップページ | ファイナルバージョンは売れてない? »

2007/01/24

ねつ造は「あるある」だが、公共機関の自覚は「なしなし」

関西テレビは23日

ねつ造問題の真相も

あるいは同様の問題が他にもあるか解明もしないうちに

千草社長の報酬の一部カットと

降格人事を発表した

この公表については記者会見も開かれず

報道各社にファックスを送っただけだという

何とも視聴者を馬鹿にした話だ

世間でこれだけ騒がれながら

「早く終わりにしたい」という魂胆が見え見えだ

これでは

「こんなねつ造は日常茶飯事行っているのがテレビ局だ」と疑われてもしょうがないのではないか

日頃、一般企業が不祥事を起こせば

獲物の内臓まで喰いちぎらんばかりに群がるハイエナのようなテレビ局レポーターの姿がテレビに映し出されるのに

今回は他局もそれをやらない

一般企業の不祥事なら

責任者を引きずり出して攻め立てるのに

同業者の不祥事は見て見ぬふり

こんな企業に公共の電波を使う資格は無い

そんな民放各社は

監督官庁である総務省が調査に乗り出すというと

「不当な検閲」だとか「マスコミへの国家権力の介入」だとか言うが

自浄作用も無く

不祥事を自ら解明する気も無い営利至上主義の現在の民放にマスコミを名乗る資格は無い

今回の事件でわかったことがもう一つ

日頃、コメンテーターなどといって

偉そうなことを言っている人達の無能さだ

「ねつ造はマスコミの根幹を揺るがす許しがたいことだ」などと

抽象的な批判はするが

「同種の事件は必ずあるはずだ。他局も含め徹底的に調べるべきだ」という人はいないし

「ねつ造問題が真に解明されるまで、関西テレビ、フジテレビ系列には絶対に出演しない」などと言う人もいない

要するにコメンテーターは「正義」のために語っているのではなく

自分の生活のためにテレビに出ているだけなのだろう

だから、当然雇い主を批判なんて出来るわけがない

こんな人達が今後起こった不祥事をどんなに批判しようが滑稽に見えるだけだ

今後、不祥事を起こした一般企業は

即座に社長や役員の報酬を一部カットし

関係者の降格をファックスで発表し

「公共性の高い関西テレビさんの対応に順ずる厳しい処分のつもりです」としたらいいだろう

|

« 聞きたくない会話 | トップページ | ファイナルバージョンは売れてない? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

よくテレビなどの機関を「公共」という言葉で表すので法的にはどうなのかと調べてみました。
すると、都道府県知事指定と内閣総理大臣指定があるんですねえ

今回の問題を起こした「関西テレビ」と「フジテレビジョン」はどちらも単独で「内閣総理大臣指定」を受けた公共放送となっていました。

それなら、安倍総理自らなにかアクションを起こせば良いのにと思いませんか?指定取り消しとかね。
総務省はたぶん天下り先に放送会社がなっている可能性が高いですから「及び腰」となるのでしょう。

それならやは安倍総理か内閣府がはっきりした態度を見せないといけないですよね

そう言えばNHKなどを皮切りに相次いだ「やらせ放送問題」のときもあまり政府は厳しくなかったような・・・

投稿: 玉井人 | 2007/01/25 11:21

玉井人さん

コメントありがとうございます
本来は放送局であろうと
不祥事を起こせば一般企業と同じように監督官庁から改善命令等を受け
それが実行できるまで業務停止(テレビ局の場合は放送停止)とされるべきだと思います
テレビ局には重い処分が科されることがないから同種の問題を繰り返し起こす体質が生まれるのだと思います
さらに
テレビをはじめとする報道機関関係者は
それを「国家権力の違法介入だ」とか「言論への弾圧」だと自分たちを特権階級だと勘違いしているのではないでしょうか?
確かに真のマスコミには特別な権利を有する資格があると思います
しかし
それは、報道機関としての義務を立派に果たしてこそ認められるものであるはずです
その義務の一つは「真実を国民に伝える」と言うことのはずです
今回のような「ねつ造」は
その義務を大きく逸脱していると思われます
本来の義務を履行せず
都合のいい権利の主張だけが認められるのではおかしな話では無いかと思いますね
さらにブログ内でも書きましたが
今のテレビ局は自浄作用を有しているとは思えません
営利至上主義に成り下がっている民放の存在意義が問われる時期に来ているのではないかと思いますよ

投稿: カー助 | 2007/01/25 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/13639488

この記事へのトラックバック一覧です: ねつ造は「あるある」だが、公共機関の自覚は「なしなし」:

» 「あるある」放送打ち切りに思う [テニスそしてスキー]
納豆ダイエットのデータ捏造が発覚して大騒ぎになっていた、TV番組 「発掘!あるある大事典2」は、スポンサーが降りたことにより 放送が打ち切られることになった。 [続きを読む]

受信: 2007/01/25 05:07

« 聞きたくない会話 | トップページ | ファイナルバージョンは売れてない? »