« ファイナルバージョンは売れてない? | トップページ | ぬれせんと宇宙食 »

2007/01/26

2度辞めた社長

「あるある大辞典」のねつ造問題をテレビ局は大きく取り上げない

そんな中

朝日新聞が、おととい、昨日、今日と3日間の特集記事を載せていた

それによると

今回、関西テレビの下請けとして番組制作をし

ねつ造番組を作った日本テレワークは

2005年にテレビ東京の番組で

同じようにねつ造番組を作り社長が辞任していた

ところが今回辞任した社長は同じ人物

同じ事件を起こして2度社長を辞めたわけだ

要するに前回の辞任は形だけのものであり

ほとぼりがさめると直ぐに社長に戻っていたことになる

何とも楽な責任の取り方ではないか?

日本テレワークはフジテレビの元ディレクターを中心に作られた会社で

フジテレビ別館にあるそうだ

これが「マスコミ」を名乗るテレビ業界の責任の取り方なのだろう

日本テレワークは番組制作会社として大手だそうで

いまだ多くの番組を制作している

一般常識で言えば

不祥事を起こした会社に仕事を出すことをやめるのが普通だ

しかし、テレビ業界には一般常識は通用しないらしい

一般企業の不祥事には「倫理観」を大いに求めながら

自分たちには倫理観の欠片もないのには呆れてしまう

せめて日本テレワーク制作の番組には

「この番組は日本テレワークが制作したため多くのねつ造が含まれている可能性があります」とテロップを流してから放送してもらいたいものだ

確か関西テレビの社長の会見では

「締め切りにせまられてのプレッシャーでねつ造が起きた」というようなことを言っていた

ニュース番組などは

その日の出来事をその日に伝えなければならないわけで

きっと締め切りへのプレッシャーは「あるある」の比ではあるまい

だとしたら

関西テレビのニュースは

もっといい加減に作られているということではないのか?

テレビ局が自ら改善する気がないのなら

せめて新聞が追求するぐらいしてもらいたいと思うのだが

新たな耐震偽装問題というニュースがテレビ局を救うことになってしまうのだろうか・・・

|

« ファイナルバージョンは売れてない? | トップページ | ぬれせんと宇宙食 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

テレビ朝日の痴漢行為をした社員のニュースが今日出ましたからね、
どちらが優先されるか見物ですね

投稿: 玉井人 | 2007/01/26 21:14

玉井人さん

コメントありがとうございます
もちろん報道機関の身内の不祥事はより小さくでしょう
国会が開会され
民主党の参院副議長は政治資金問題で辞任し
新たな耐震偽装問題が起きてくれたのですから
これでけあればテレビ局の不祥事を覆い隠すには充分なのではないでしょうか

投稿: カー助 | 2007/01/26 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/13663405

この記事へのトラックバック一覧です: 2度辞めた社長:

« ファイナルバージョンは売れてない? | トップページ | ぬれせんと宇宙食 »