« 河口湖近辺ドライブ | トップページ | お得な「無料餃子」 »

2007/01/16

思わぬダイエット

昨年の秋に虫歯治療を終え

月に1回クリーニングに歯医者さんへ行っているのだが

去年の暮れに

「左上の親不知とその手前の歯の間に食べカスが溜まりやすく虫歯になりかけているから親不知を抜いた方がいい」と言われ

年末に抜くのもなぁと思い年明けに抜くことにし

昨日抜いてきた

別の歯医者さんで15年ほど前に

それ以外の親不知は抜いているので最後の親不知だ

診察台に座ると

歯医者さんが「どうします。抜いちゃいますか?」と聞いてきた

「簡単に抜けますか?」と私が聞くと

「麻酔かけて秒殺ですよ」と先生

「それじゃあ、お願いします」ということになり

麻酔をかけられ、しばらくして親不知の抜歯がはじまった

ガリガリやっているが中々抜けない

「おいおい秒殺じゃなかったのかよ~」と心の中で思いながら耐えているとやっと抜けた

トレイの上には血だらけの親不知と鮮血にまみれたガーゼが見える

先生は抜歯した親不知を手にとって

「秒殺かと思ったら下の方が根っこのように広がっていたので時間がかかってしまいました」と言い訳をし

消毒してガーゼを詰めながら

「根っこのようになっていて抜くのに傷口が大きくなったので出血が多少あるかもしれないのでガーゼを余分に出しておきますから」と言いやがった

はじめる前と随分話が違うじゃないか?と思いながらも

今更どうしようもない

「飲酒をしない。過激な運動はしない。長風呂に入らない。勢いよく鼻をかまない」など注意事項を教えられ

痛み止めと化膿防止の抗生物質とガーゼを貰い帰ってきた

抜歯したのが午前10時頃で

お昼頃には麻酔が切れだし痛みが襲ってきた

薬を飲みたいが空きっ腹に飲むのも良くないだろうと思い

コンビニで柔らかそうなものを探し

蒸しパンを2つ買ってきて食べることに

左上の傷口に当たらないようにと

顔を右に傾け

間抜けな格好で蒸しパンを小さくちぎって食べだしたが

噛むと痛みが走り1個だけ食べて昼食終了

運良く出血は無い

しかし、痛みがあるので夕飯もおじやを少し食べただけとなった

何とも思わぬところで

不健康なダイエットをすることになってしまった

やはりダイエットは食べたいものを美味しく食べて運動でカロリーを消費するという私の持論が一番だとつくづく思わされた出来事でした

|

« 河口湖近辺ドライブ | トップページ | お得な「無料餃子」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河口湖近辺ドライブ | トップページ | お得な「無料餃子」 »