« 使われなかったカラオケボックス | トップページ | 羊が1匹 »

2007/02/06

毎年笑えるサラリーマン川柳

第一生命が毎年行っているサラリーマン川柳の100選が発表された

タイトルは「サラリーマン川柳」だが

実際には色々な人が投稿していて

時代を反映したものが多く

思わず笑えるものがある

私が笑えた作品は

脳年齢 年金すでに もらえます

小遣いの 値上げに欲しい 代理人

この俺に あたたかいのは 便座だけ

ナビだけが 「お疲れ様」と 慰労する

帰りたい 我が家ではなく あの頃に

作品は昨日から投票が始まり優秀賞が決まるらしい

「五 七 五」にこめられた日頃の思いは

悲しくもあり、微笑ましくもありという感じだ

「脳トレ」のようにブームを巻き起こし

何年かすると跡形も無く忘れられていくものが多い現代だが

その時、その時には多くの人の心を捉えている

そんな時代の流れを「川柳」という古くからの文化にのせることに面白さがあるのだろうか

というわけで私も一句

「ねつ造」を 死語にさせない テレビ局

言葉は時代の変化とともに生まれたり、変わったり、無くなったりしていくものだが

「ねつ造」という古臭い言葉は

忘れた頃に繰り返しテレビ局が使ってくれて

死語になることを救ってくれているように思う

おまけ

ダイエット スリムになるのは 財布だけ

|

« 使われなかったカラオケボックス | トップページ | 羊が1匹 »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

なんか男性の愚痴や独り言ネタが多いのは哀しいです
と言うことで私も早速見てみました

  犬はいい 崖っぷちでも 助けられ

犬なら里親まで探してくれるんですね

今朝の大阪のある公園のニュースをを見て哀しい気持ちになりました。

投稿: cuore | 2007/02/06 12:46

cuoreさん

コメントありがとうございます
確かに男性の愚痴川柳が多いですね
ということは男性の方が虐げられているということですかね
「犬はいい・・・」の川柳、私も目にとまりました
犬もテレビで取り上げられれば飼い主も見つかるのでしょうが
多くの犬はそうじゃない運命ですよね
同じように人間も話題にならないと誰にも助けてもらえない?

投稿: カー助 | 2007/02/06 14:51

私は、ついこの間葬儀中に見かけた経験から

№53 「気を配り マナーモードで いびきかく 」

これが目に止まりましたね

投稿: 玉井人 | 2007/02/06 17:12

玉井人さん

コメントありがとうございます
ありそうな話ですよね
マナーモードは意識してのマナーで
葬儀中のいびきは不謹慎ではありますが無意識でしょうからねぇ

「謙遜を おっしゃる通りと 受け取られ」なんていう間抜けな人も増えてますよね 

投稿: カー助 | 2007/02/06 17:34

サラリーマン川柳は
男性諸氏の悲哀が多く詠まれていますよね
女性が詠んだら
夫とダイエットを題材にした句が多いかも
「あの頃は 白馬の王子 今粗大ゴミ」なんてね (笑)
男が弱くなったのか、女が強くなったのか・・・
(私はそう思っていません?アハハ ので念のため)

投稿: ネタおばさん | 2007/02/06 22:45

ネタおばさん

コメントありがとうございます
男女の違いや立場の違いで視点は大きく変わるでしょうから
読まれる句も違ってくるでしょうね
「世間はそうだが、私は違う」という風に考えるのもおばさんの特徴じゃないでしょうか?(笑)

投稿: カー助 | 2007/02/07 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/13808545

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年笑えるサラリーマン川柳:

« 使われなかったカラオケボックス | トップページ | 羊が1匹 »