« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/30

ねつ造テレビ局こそ廃業すべきだ

不二家の不祥事を報じたTBSの「みのもんたの朝ズバ!」の内容に対し

不二家が社外に設置した信頼回復対策会議が

「事実と異なる」として法的措置をも検討しているという

TBSは、平塚工場の従業員とされる人物が賞味期限切れのチョコを溶かして再利用していると「証言」と1月に放送したという

TBSは、「カントリーマアム」について、賞味期限切れを捨てようとしたら怒られ、パッケージし直したとする証言があるがどうなのかと不二家に確認したが

そもそも「カントリーマアム」は平塚工場で作っていないと不二家はTBSに伝えていて

その時点でVTRの証言がウソだとTBSは気づくはず

にもかかわらず「カントリーマアム」の部分を削って映像を流したという

さらに、番組の中では

チョコに再利用について

不二家のコメントとして「確認が取れていない」と紹介されていたが

不二家は「再使用するなんてありえない」と答えていたという

前にもこのブログで書いたことがあるが

不祥事があると

映像を加工し、音声を変えた

「元従業員」と称する人物の証言なるものがよく放送されるが

その人物が本当にその仕事に携わっていたのか

いつからいつまでそこで働いていたのか

「証言内容」にウソが無いという確証はどこにあるのか等疑問でならない

今回もTBSは

不二家からの指摘に対し

問題の証言者とされる人物が10年以上前に辞めていることを認めたが

「複数の証言を得ているから間違いない」と開き直っているようだ

「複数」とは何人?

2人でも「複数」だ!

その「複数」という証言者の話は全て真実だという確証が取れているのか?

具体的に何人のどんな内容の証言を得て

どう確証を取ったのか明らかにはしていない

誰かの話したことを鵜呑みにせず

「証言内容」を色々な角度から事実確認して放送することこそマスメディアとしてのテレビ局の責務のはずだ

あるいは、最初から「結論」を決めていて

それに都合のいい話を集めてくる取材で

不都合なものはカットするのでは

明らかなねつ造である

さらに、翌日の放送でみのもんたは

不二家に対して「廃業してもらいたい」「メーカーとして存続できること自体おかしい」などと発言したという

不祥事を起こした企業に対し

責任や改善を迫ることは決して悪いことではない

ただし、それは真実をもってなされなければならないはずであり

事実を捻じ曲げた悪意に基づくものであってはならない!

それと

不祥事を起こした一般企業の責任を追及するのと同じように

同業者への追求もすべきではないか?

いや、同業マスメディアに対しては

一般企業以上に厳しく追及し

2度と不祥事が起きないようにしてこそ受け手の信頼が得られるのではないだろうか

他人に厳しく、自らや同業者に甘い今のテレビ局には

マスメディアを名乗る資格はないし

公共の電波を使う資格はない

極論を言えば

不祥事を起こしても体質を変えようとしないテレビ局には

免許の停止や廃止をもって当たるべきだと思う

自らねつ造を繰り返しながら都合のいい時だけ報道の自由を主張し

報道への国家権力の介入を反対できるほど自分たちが公正な放送が出来てないことに気づいていない人達が放送していることに恐ろしさを感じずにはいられない

自らの誤った報道に対して反省も改善もできないテレビ局こそ廃業してもらいたいものだし

ねつ造した内容を放送しているテレビ局が存続できること自体がおかしいとみのさんは思わないのだろうか?

みのもんたの口から

「関西テレビもTBSも廃業してもらいたい」と聞いてみたいものだし

自らも責任を取って廃業するぐらいの気持ちがないのなら

情報番組などやる資格もないし

「廃業してほしい」などという発言を公共の電波で安易にすべきではないと思う

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/03/29

ブログパーツガーデン

昨日、ココログの管理ページに

「新着ブログパーツ」というのがあることに気づいた

それは

ブログに簡単に色々なパーツを貼り付けられ

ブログを楽しく出来るというもので

どうやら昨日から始まったらしい

早速、「ブログパーツガーデン」をクリックしてみた

ブログパーツには有料のものと無料のものがあるようだ

昨日は、まだ始まったばかりのせいか

パーツ数もそれほど多くはないので

一通り見てみることにした

「占い」は、元々そういうのを信じない私にはいらないし

「ブログ内でペットを飼う」も

なんだかなぁ~おじさんのブログには不似合いだろうと思うし

「ゲーム」も

俺のブログでわざわざゲームするか?と思うしとおじさんが使えそうなパーツが中々ない

「せっかくなのだから何か貼り付けたい」と思い

貼り付けたのが

このブログの右上にある「天気予報」だ

ゲームや占いなんて

今時ネット上のどこでも出来る

もっと新しいもの、斬新なものは考えつかないのだろうか?と余計なお世話が頭を持ち上げる

パソコンが普及し

ネット社会が構築されても

それを有効利用出来るソフト面でのアイデアは簡単には出てこないのだろうか?

それとも、それを考えている人達が若すぎる?

あるいは使用者の年齢層に対し

考案者の年齢層が大きくかけ離れすぎて

そこまで考えが及ばないのだろうか?

日本の人口比率は

お子ちゃまは減少しており

おじさん、おばさんの数の方がはるかに多く

パソコンも高齢者にもどんどん普及している

それなのに

肝心なソフト面はお子ちゃま向けばかりというのではいただけないと思うのだが・・・

時代の最先端を行っているはずのパソコン社会が

高齢者時代に追いつけないのでは笑ってしまう

どんなにハードが進化しても

手軽に使えたり

楽しく使えるためにはソフト面の充実は欠かせないはず

まだ、ブログパーツガーデンも始まったばかりだから仕方がない部分もあるだろうし

今後の充実に期待したい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/28

「桜」の歌

今日は天気も良く

気温も5月並みに上がるらしい

この暖かさで関東の桜はかなり咲きそろうのではなかろうか

ここ数日

ラジオでも「桜」の歌が多く流されている

森山直太郎の「さくら」だったり

ケツメイシの「さくら」だったり

河口恭吾の「桜」だったり

福山雅治の「桜坂」だったりと

確かにみんないい曲だ

でも、私が「桜」で一番に思い浮かぶ歌は

30年ほど前の曲で

かぐや姫のメンバーだった伊勢しょうぞうが作った風というグループの「ささやかなこの人生」という歌の出だし

「花びらが散ったあとの

桜がとても冷たくされるように」

なぜかこの詩とメロディが30年たった今も忘れられない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

久しぶりの洗車

暖冬とはいえ、やはり冬の洗車は辛いので

今年になって1度も洗車してなかったMR-S

昨日は風も無く今年一番と言っていいほどの暖かさだったので

昼休みに初洗い(?)をすることにした

コイン洗車場へ行ってみると

やはり天気がいいせいか大勢洗っている

空いてる洗車スペースへ車を止め

まずは

本来、黒なのにこげ茶色に汚れた幌をシャンプーで汚れ落し

色い泡がまるでココアのようになる

スポンジでゴシゴシ洗っていると

脇から視線を感じ

そちらへ目をやると

隣で旧型クラウンを洗っていたアベックの20才ぐらいの女の子が

不思議そうに口を半分あけて見ている

この子からすると幌の掃除はもの珍しい?

手を休めていた彼女は

彼氏に「早くやれよ」と言われて

また洗車に戻っていった

その後も大きな声で話しながら2人は洗車をしていた

私は幌を洗い

ボディを洗い

拭き取りを済ませ

アクエリアスを飲みながら煙草を一服

丁寧に隅々まで洗車していた隣のアベックも拭き取りに入った

彼女が「○○(彼氏の名前)の車ってすっごいワックス効いるよね~」と言うと

彼氏が「俺は全て完璧じゃないと気がすまね~からなぁ」と言った

飲んでいたアクエリアスを吹きだしそうになるのをこらえながら

「彼女は全然完璧じゃなくてもいいのかぁ?」と突っ込みたくなったのを我慢した私は

「チョイ悪おやじ」じゃなく「口悪おやじ」だろうか?

確かに彼の車の水滴は

サトイモの葉に落ちた水滴のようにクルンとしている(この表現は田舎の年配者しか理解できないかな?)

その後も2人は馬鹿な話しをしながらワックスがけをしていた

私は幌のコート剤を塗っておしまいに

汚れてこげ茶色だった幌は無事黒に戻りました

Horo_1

なのに今日は雨が降りそうじゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

ホリデー・パスで小田原へ

先日、電車で西武ドームへ行ってから

「電車移動もいいなぁ」と思い

ネットで少しだけ調べてみると

JR東日本の「ホリデー・パス」というのを発見

その名の通り、休日で決められたエリア内の普通電車1日乗り放題で

料金は2,300円

エリアは高崎線が熊谷まで

宇都宮線は小山まで

常磐線は土浦まで

内房線は木更津まで

東海道線は平塚まで

中央線は大月までとなっている(さらに詳しくお知りになりたい方はJR東日本のホームページをご覧ください)

もちろん、何度でも乗り降り自由なので

片道1,150円以上乗ればお得ということだ

何でもトライしてみたい私は

早速、土曜日にホリデー・パスを使って小田原へ行ってみることにした

熊谷ー小田原間の普通運賃は片道2,520円だから

往復で5,040円

ホリデー・パスは平塚まで往復使えて2,300円

平塚ー小田原間の普通運賃は往復で800円

5,040-3,100=1,940円お得ということだ

ついでに、前から乗ってみたいと思っていた

普通グリーン車に乗って行くことにした

こちらの料金は

休日、事前購入で片道750円

熊谷駅発8:01の特別快速の湘南新宿ラインに乗ることに決め

熊谷駅に着いたのが7時半ごろ

みどりの窓口で

ホリデー・パスと普通車グリーン券と平塚ー小田原間の乗車券を購入し

「まだ、時間あるな~」と思いスターバックスでコーヒーを飲んでからホームへ行ってみると

「あちゃ~」

グリーン車の乗車口には長蛇の列

「コーヒーなんか優雅に飲んでなければよかった」と少々後悔!

なぜなら、このグリーン券は座席指定では無いから

満席なら「立ったまま」という可能性もある

したがって、座れない場合は返金も受け付けてくれるのだが

小田原まで2時間以上「立っていく」ってのは

もはや旅行ではなく通勤地獄

数分後、湘南新宿ラインの電車がホームへ入ってきた

目の前のグリーン車はすでにどう見ても満席!

「なぁ~んだ、仮に1時間前に来て並んでいても熊谷駅では座れなかったのか~」とつまらないところで安心(?)

その後も停車する駅で

どんどんグリーン車へ乗ってくる人はいるが

降りる人は誰もいない

立っていた人の何人かは

グリーン・アテンダントのお姉さんに申し出て返金してもらって普通車へ移動する人もいた

やっと赤羽駅で1人

池袋駅でもほんの数人降りただけで

私の周りで降りる人がいないので

いまだ座れず

次は新宿駅

「普通車なら新宿駅で大勢降りるはずだから座れるだろうし、グリーン券払い戻ししてもらって普通車へ行こうかなぁ」と考えていると

目の前に座っているおじさんの乗車券がちらっと見えた

そこには「○○ー横浜」と書いてある

「よ~し!横浜で座れる」と心の中で思い

おじさんの席のそばにいることにし

結局、座れたのは熊谷ー小田原の約半分の横浜だった

それと、思った以上に横浜でも降りた人は少なく

「この人達どこへ行くのだろう?」と余計なおせっかいなことを思ってしまった

まぁ、やっと座れたので

シートにはさんでホリデー・パスを記念撮影

Odawara_001

写真でもわかりますが

通常の土曜日は小田原行きのこの電車

この日は日にち限定での熱海行きだった

それが混んでいた理由の一つなのかもと思う

立っていた人が全員座れたのは大船駅だった

「なんで大船でこんなに降りていくの?」と思うほど大勢下車

10:21小田原に無事(?)到着

改札の上には、有名な「小田原ちょうちん」

Odawara_013

まずは歩いて10分ほどの小田原城へ

Odawara_004

城内の展示品を見ながら最上部へ

この日は曇っていて残念ながら遠くまでは見渡せなかった

Odawara_005

ちょうどお城の敷地内で「かまぼこ桜まつり」というのをやっていたので行ってみることに

Odawara_007

「揚げたてかまぼこ」を買ってパクリ

寒かったせいもあるだろうが

熱々でなかなか美味しい

さらに少し先で「かまぼこうどん」をみんなが並んで買っていたので

つい買ってしまった

Odawara_012

う~ん・・・・・

かまぼこが練りこんであるというこのうどん

うどんというよりはこんにゃく(?)

私的にはイマイチな感じだ

その後、海の方へ向けてのんびり散策

小さな「おさかなセンター」を見て

お刺身定食を食べて

さらに散策し

小田原と言ったら「かまぼこ」だろうと思いお土産はかまぼこを買って駅に戻って

「帰りは全部座っていこう」と思い

びゅーセンターで時刻表を調べ

15:00の小田原発の湘南新宿ラインで帰ることに決め

時間つぶしにコーヒー飲んで

少し早めにホームへ行ったのだが

電車がホームに入ってくる頃には大勢のグリーン車乗客となっていた

Odawara_015

早めに並んだ私は余裕で2階席へ座り

出発間際に周りを見ると

席は8割がた埋まっている

来る時と同じで

駅に停車するたびにグリーン車にはどんどんお客さんが乗ってくるが

もうすでに座れない状態だ

この普通車グリーン券、土日は始発駅からじゃないとあまり意味を成さないものだということがわかったことが本日の一番の収穫だろうか?

次は

新幹線にも乗れ

4回指定席も取れる2日間で18,000円の「土・日きっぷ」で東北でも行こうかなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/23

その話ってずれてない?

統一地方選挙戦が始まり

ニュースの話題もこれが中心

特に東京都知事選が取り上げられている

争点は「東京オリンピック」?

何かテレビを見ていると

東京オリンピックの開催が決まったかのような前提で話がなされていることに「ちょっと変じゃね~か」と思うのだが

オリンピックの東京開催は

JOCが国内候補地として選んだだけであり

オリンピックの開催地の決定はIOCで正式決定されたものでもなんでもない

そもそも、2008年にアジアである北京でオリンピックが開催されるのだから

続けてアジアである東京で開催される可能性は極めてゼロに近いはず

それを「争点」とするテレビ各局の報道には呆れし

なんともずれた話ではないかと思う

ずれた話といえば

宮崎県知事選を例えに出して

「政党離れ」「無党派選挙」だと今回の統一地方選をマスコミ各社は称しているが

宮崎知事選の場合

現職が汚職問題で辞任しての選挙であり

状況がまるで違う

それと

そのまんま東氏(当時)は

追い風を上手く使っての当選だろう

宮崎弁で演説し

自分の過去の不祥事をユーモラスに話すことにより親近感を出し

公用車の廃止、談合への決別で想定する具体的削減金額を出したりしたから有権者の心をとらえたのだろう

もっとも

売却された公用車は数十万円にしかならず

赤字財政にとっては焼け石に水であるのだが・・・

仮に

宮崎知事選が任期満了で現職も出馬して行われていたら

東国原知事は誕生していなかったのではないか?

その選挙結果を今回の統一地方選と無理やり結びつけるテレビの報道には非常に無理があると思うのだ

それと

今回の都知事選立候補者の演説もいただけない

まずは演説が超~下手!

「これじゃ聞いてる人の心をとらえることは出来ないだろう」と思うほど情けないレベルだ

さらに

そのまんま東氏の選挙運動からもっと学ぶべきだと思う

誰もが「福祉政策の充実」「格差を是正する」と同じようなことを並べているだけ

これじゃ「誰がなっても同じ」だと思い投票に行かない人が多くなるはず

「何をどうやって、どうするか」という具体性がまるで無い

さらに具体的な数字を入れて訴えてこそ

真実味が表れるのではないか

もっとも

候補者の多くが現実に何も政策を持っていない、考えていないのでは「具体的」は無理かもしれないが・・・

まぁ、こんな候補者の取り巻きもレベルが低いということだろう

選挙対策本部長がどこかの無能な爺さん議員先生では無理もない

優秀なブレーンのいない候補者ばかりの今回の都知事選は石原都知事の再選?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/22

開花と満開

昨夜、テレビのニュースを見ていると

もう上野公園で花見をしている人がいるとのこと

インタビューに答えた花見の人は

「開花宣言したから」とのこと

確かに数日前に

気象庁が東京の開花宣言をしたが

それって

観測するソメイヨシノの木に数輪の花が咲いたということであり

とても花見に適した開花状況ではないはず

もちろん、花により「開花=見ごろ」のものもあるだろうが

桜の場合

開花宣言から満開(見ごろ)までは

その後の気温にもよるだろうが

1週間程度かかるのが普通だろうと思う

日頃から感じていることに

「言葉の意味が通じなくなっている人が増えている」ということと

「テレビの情報に大きく左右される人が多い」というのがある

そんな人に限って

自分に都合のいい情報だけを

自分に都合のいいようにだけ解釈する傾向もあるように思うのだが・・・

私的には

桜は満開をちょっと過ぎたぐらいで

散りゆく花びらが舞っている状態が好きなのだが

まぁ、花見の場合だったら

1分咲きで行こうが

満開で行こうが

本人の自由だが

祭りの後のゴミの山だけはいただけない

ここ数年

ニュース等で

花見の後のゴミの山の様子も伝えられている

こんな自分たちに不都合な情報もぜひ生かしてもらいたいと思うのだが・・・

自分たちのゴミぐらい持ち帰れない人達に

花見をする資格はないと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/20

何でそこまで大声なの?

和食レストランへG君とランチを食べに

着いたのは12時ちょっと前

店内に入ると

よく行く私が喫煙者だと覚えていてくれるウェートレスさんがいたので

「禁煙席と喫煙席のどちらがよろしいですか?」と聞かれなくて済んだのだが

「すみません。椅子席が満席なんですが、こちらでもよろしいですか?」と座敷席へ通された

そこには4テーブルが置かれていて

奥の2テーブルはつけられ7人ほどの50代らしきおばさん達が既にいて

私たちは空いている手前の2つのうちの左側に座ることにした

間には高さ1mほどのツイタテがあるのだが

おばさん達の大声の会話が

「うるさ~い!」と怒鳴りたくなるほど聞こえてくる

G君と顔を見合わせ

「嫌な席に座っちゃったね」と

こちらは小声で会話

のどにアンプでも入っているのではないかと思うほどのおばさん達の大声に

時々、目の前のG君が話したことが聞き取れずに

「うん?」と顔を前に出して聞き返すほどだ

大声会話は聞きたくなくても耳に飛び込んでくる

さらに残念なことに、その会話が途切れることがない

おまけに

話の内容に間違いが多く

思わず「それって違いますよ!」と突っ込みたくなる

おばさんA「ハワイっていい国だよね~」

おばさんB「ああいう国に住みたいよね~」

ハワイは国じゃないぞ!アメリカの州だよ

別のおばさん「オーストラリアには生ものは持ち込めないんだってよ」

さらに別のおばさん「だから飛行機にペットボトル持ち込めないの?」と

いや~

日本にだって基本的には生ものは持ち込めませんよ!

それと飛行機にペットボトルとかの水分が持ち込めないのは

テロ対策であって別の話です

大声だけでも大迷惑なのに

聞きたくないのに聞こえてくるのがこんな内容じゃ頭が痛くなりそうだ

禁煙席と喫煙席を別にするのもいいが

おばさん席とそうじゃない席も別にして欲しいと思うのは私だけだろうか?

ちなみに

残りの1テーブルの喫煙席にやって来たのは

小さな子供を1人づつ連れた若いお母さん2人で

たばこをプカプカ

私は時代遅れの大迷惑な喫煙者だが

小さな子供のいるところではたばこは吸わないようにしている

自由も平等も権利の主張も結構だが

最低限のルールやマナーぐらい守るべきではないだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/19

行って来ました!西武ドーム

金曜日に書いたように

今回は西武新宿線の本川越駅から電車に乗って

西武ドームへ西武VS巨人のオープン戦を観戦に行って来ました

Opensen_002

まずは、西武新宿線で本川越駅から所沢駅へ行き

そこで、西武池袋線へ乗り換え

隣の西所沢駅へ行き

今度は西武山口線に乗り換えて

2駅で西武球場前駅に到着

時間はそれほどかからないのですが

乗り換え2回は何とも面倒!

試合開始30分前の12時半ごろ着いたのですが

すでに内野自由席の前列、ホームベースよりは一杯

Opensen_007

写真でもわかるように

内野指定席は空いていて

クッキリ人がわかれていた

そこで500円追加で払って内野指定席に移動することに

やはりベンチ上まで来ると

選手も近く、迫力が違う!

スタメンは開幕が近いこともあり

両チームほぼレギュラーだが

巨人は阿部慎之介、西武はカブレラが出ていない

試合は巨人が1回、2回、3回と地味に1点づつ取り

西武は内海に抑えられ快音なしで得点が入る感じすらしない

Opensen_010_1

この日は気温が低く寒いせいもあるのだろうが

出塁した高橋由伸、谷、小笠原に代走が出て

李まで代わって

5回が終わると巨人のラインナップは2軍?

「なぁ~んだぁ、3対0でおしまいか?」と思ったら

7回裏突然内海が崩れ

カブレラの代わりにDHで4番に入っていた元巨人の江藤の「あぁ~レフトフライ?」と思った当たりがギリギリのホームランになり

なぜか急にここから西武打線がつながりだし

ノーアウト満塁からさらに2点を入れて逆転

早々に代わった巨人の2軍打線に逆転するほどの力も無く

というかヒットすら出ず

試合はそのまま終わった

天気も寒かったが打線はそれ以上にお寒い感じ!

一番「ご苦労さん!」と思ったのは

寒くて売れないビールを背負ったビール売りのお姉さんだろうか?

ある意味、選手より頑張ってた?(笑)

電車で来たのだからビール飲んでも大丈夫なのだが

寒くてそんな気にもなれません

球場を出るとそこに

Opensen_014

あんまり似てない「カブレラ地蔵」発見!

いつの日かこの隣に「松坂地蔵」も出来るのだろうか?

いや、レッドソックスが肖像権を持っているうちは無理だろうか?

帰りの所沢駅では

特急レッドアロー「小江戸号」に遭遇

Opensen_017

たまにはこんなのに乗って

電車の旅もしてみたいものだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/16

行って来ま~す!西武ドーム

先日、ブログに

「オープン戦見に行こうかなぁ~」と書きましたが

今日、行って来ます

ファミリーマートでチケット購入済みです

Tiket

今話題の(?)西武VS巨人戦

そういえば

昨年までは「インボイスドーム」だった西武ドームは

今年から「グッドウィルドーム」と名前が変わっています

松坂はアメリカで赤いユニフォーム着ちゃってるけど

その分まで涌井投手には頑張ってもらいたい

前回は車で行ったのですが

今回は電車で行ってみたいと思っています

おっ!陽も出てきたし

それでは

行って来ま~す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/15

MR2とMR-Sオヤジの会

昨日の午後1時ごろ

先日「mixiの招待状を送りますと言いながら送ってこなくていい加減」と書いたS君が突然やって来た

事務所へ入ってくるなり

「お昼まだですか?うどん食べに行きましょうよ」とS君

「なに~突然に」と言う私に

「うどん食べに行こうと思ったのですが、前を素通りも失礼かと思い寄ったんですよ」と言う

私も昼食がまだだったので、大西製麺の讃岐うどんにお付き合いすることとなり

S君の車で行くことにした

助手席に乗り込んだ私の第一声は

「せま~!」

「何言ってんですか、MR-Sと同じでしょうよ」とS君

S君の車は19万円で買った中古のMR2

確かに大きさも室内空間もほぼ同じはず

しかし、なぜだかいつもより狭く、乗りづらく感じたのだ

もちろん、19万円という安さだからではない

自分の車の場合、いつも私は運転席に座っているわけで

左足から乗る(当たり前ですよね)

その慣れた乗り方が助手席に乗るという左右逆なだけなのだが

たったそれだけの違和感を感じたせいなのだろうか?

体に染み付いた習慣恐るべし!

乗り込むと

大きなモニターのナビが付いている

「これも19万円で付いていたの?」と私が聞くと

「違いますよ~。あとから付けたんですよ」とS君

ナビの値段を聞いたら車の値段と似たようなものだという

ナビと車の値段がいい勝負だというのも笑える

途中、前にブログに書いた1匹の羊を見て

「おっ!ブログに羊、可愛いですね~」とS君

その後、mixiの話になり

私が「MR2とMR-Sの大人の会のコミュニティ立ち上げてよ」と言うと

「いいですね~、やりましょう」と相変わらず返事だけはいいS君

さらに私が

「参加条件に「お子ちゃま」はご遠慮いただくってのはどう?」と言うと

「何才以上OKですか?30才ぐらいにします?」と聞かれ

「大人の会だから35才以上とかがいいんじゃない?でも「大人の会」だと「20才から大人だろう!」と誰かに突っ込まれそうだから「オヤジの会」の方がいいかぁ」と笑いながら答えた

「早速、車の写真撮らなきゃ」と言っていたS君

忙しそうなS君のコミュニティがいつ立ち上がるか楽しみだ

まぁ、こうやってブログに書かれちゃうとやらないわけにはいかないよねS君(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

こんな人達が大臣で大丈夫?

松岡利勝農水相の資金管理団体が

水道、冷暖房費が無料の議員会館に事務所を置いているのに

2005年に「光熱水費」として507万円を計上していたことが発覚したことへの答弁のレベルの低さには呆れる

「なんとか還元水を使っているから」?

この話が本当だとしたら

507万円支払っているものを「なんとか」としかわからない人でも大臣は出来るらしい

安部総理の人を見る目は超一流?

それにしても本気でこんな答弁で507万円の支出の言い訳になると思っているのだろうか?

これでは子供でも納得できるとは思えない

さらに

「いま、水道水を飲んでいる人はほとんどいない」とも言った

日本の水道水は飲めないの?

なんともお粗末な発言ができる大臣である

「今の法律で定められた必要な報告はしている」という

松岡農水相の法解釈では

提出さえすれば中身はデタラメでもかまわないというものらしい

「政治資金規制法」とは、そういう法律だったとは知らなかったので勉強になったぞ!

同じく閣僚である久間防衛相は

この問題で

「1人が説明すると、他もみんな洗いざらい報告しなければならないから松岡農水相は説明する必要がない」と言っている

なんとも聞いていて呆れるほどのすごい理論だ

国会議員の多くは

「国のため、国民のため」ではなく

「自らの私利私欲のため」に議員をやっているのだから

お金集めに熱心なのは充~分わかるが

ばれないように上手にやれよ!と思うし

突っ込まれても大丈夫なように嘘ぐらいちゃんとつけなくてどうする!と思うのだが・・・

そんなことも出来ないで

外国との交渉なんてまともに出来るはずもないだろうし

日本の国政をこんな人達が担って(いや、「もてあそんで」が正解か?)いるかと思うと寒気がする

もっとも、こんなお馬鹿な人達を何年も国会議員にさせているのは我々お馬鹿な有権者なのだから

一番お馬鹿なのは国民ということだろうか?

ちなみに

松岡農水相は熊本3区選出の衆議院議員だそうだ

埼玉じゃなくて良かったぁ

埼玉選出だったら責任感じちゃうところだもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/13

mixiへの招待状

先週、時々このブログにコメントしてくれているcuoreさんから

「いつも読んでいるばかりで申し訳ないのでmixiの私の日記をご覧頂きたく招待メールを送らせていただきました」と

mixiへの招待状が届いた

前々からmixiには興味があったのだが

mixiは会員制で誰かからの招待状がないと入れない

先月頃だろうか

知り合いのS君からも

「mixi面白いからカー助さんもやりましょうよ」と言われ

私も興味があることを伝えると

「招待メール送っておきますから」と言われたのだが

そのメールが一向に届かない

何ともいい加減なS君!

そこへcuoreさんから招待メールを頂いたので

早速、cuoreさんの日記を見てみようとURLをクリックしてみると

登録画面が現れ

登録しないと見れないことに気づいた

普通のブログと違い「会員制」なのだから当然だね

簡単な登録をし

日記を拝見させて頂いた

そして「さて、これからどうしよう」と考えた

私がmixiで一番興味があったのは「コミュニティ」であり

あちこち覗いてみたりした

しかし、mixiの私のページには日記の欄もある

「ココログと両方書けるほど話題の持ち主でもないし・・・」と悩み

結局、日記の欄には

「ココログで日記かいてます」とし

ここのURLを記入しておいた

先程も書いたが

私の目的の多くは「コミュニティ」への参加を意図していたので

自分のページは簡単な自己紹介のみで

充実させぬままほっておいたのだが

先程「足あと」を見ると

訪問してくれている人がいることに気づいた

「やっぱりこのままじゃまずいか?」と思ってしまう

やはり、mixiで何が出来るのかを調べ

少しでもマイページも充実させないと失礼かとも思ってしまう

そういえば

写真を載せる欄もあるのだから

MR-Sに乗った悪そうなオヤジの写真も撮って載せようかなぁとも考えたりしているのだが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/12

ほったらかし温泉

ここのところ温泉づいています

土曜日は雁坂トンネルを抜けて

Holtutarakasi_002

山梨市の「ほったらかし温泉」へ行って来た

ネットで調べると

以前に行ったことのある「フルーツ公園」の先らしく

「フルーツ公園の中を通り抜けた上」と書いてあった

行ってみるとフルーツ公園の手前には看板があるのだが

当然なのだろうが、公園内には看板が無く

少々迷いながら公園を抜けると

また、看板が出てきて無事到着

Holtutarakasi_003

ここには「こっちの湯」と「あっちの湯」の2つのお風呂があるのだが

「こっちの湯」は改装中で休業らしい

Holtutarakasi_008

ここは甲府盆地を見下ろす海抜700mにあり

天気が良ければ富士山も見える絶景らしいのだが

この日は霞んでいて残念ながら富士山は見えなかった

私が入った「あっちの湯」は

内風呂が1つと

露天風呂は2段になっていて

上は四角い浴槽で

下は岩風呂になっている

入浴料は600円

営業時間は日の出1時間前から午後10時までだそうだ

眼下の山梨市とフルーツ公園のドームの夜景は

「新日本三大夜景」とのことだ

いつか夜景を見ながら入ってみたいと思う

お風呂を出ると12時ちょっと過ぎだったので

少々休んでから

ガイドブックに出ていた「ぞば丸」というところへ行ってみることにした

ここがまた見つからず

「諦めるかぁ」と思い、地元の人に聞いたら

親切に教えてくれ

「そこ、美味しいですよ」とも言われたので行ってみることに

Holtutarakasi_012

混んでいたが座れないほどでもなく

無事着席

「かき揚そば」と「そばがんも」を注文

Holtutarakasi_013

そばはコシもあり美味しい

つゆが私的には少々甘すぎる感じがしたが

「そばがんも」も美味しく頂いた

ガイドブックを見ると

近くに武田信玄の墓のある恵林寺があるというので行ってみた

Holtutarakasi_016

Holtutarakasi_017

こちらが武田信玄の墓

Holtutarakasi_019

ここには柳沢吉保の墓もある

Holtutarakasi_020

やはりNHK大河ドラマ「風林火山」の影響だろうか

観光客は多く

どちらかといえば

私より年配者の方が多いようだ

ここのお土産はやはり信玄餅だろうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/03/09

あれから10年

今日3月9日は妻の命日

出勤前にお墓参りに行って来た

あれから10年

当時、小学生だった息子と娘は

大学生と社会人になった

昨日も群馬の取引先のところで

「確か奥さんが亡くなったの3月だったよね」と言われ

「そうです。明日が命日で10年経ちました」と話をした

そういえば

ここの社長が

当時、大流行で何処へ行っても品切れ状態で入手困難だった「たまごっち」をあちこち手を回し手に入れてくれ

「娘さんにあげてくれ」とプレゼントしてくれたことがあった

別の取引先では

「バカヤロー!こんなに遅くまで仕事してるんじゃない。早く帰ってやれ」と言ってもらったこともあった

当時、「こらからどうするよ?」と

お先真っ暗状態だった父子家庭は

多くの人の助けを借りて

何とか「子育てゴール」の寸前までくることが出来たと思っている

マラソンでいえば

競技場へ戻ってきてゴールテープが見えてきた感じがする

色々と大変なこともあったが

私一人ではどうしようもないことも色々な人の助けのおかげで何とかなってきた

親切にしてくださった方の恩は決して忘れまいと思っている

| | コメント (0)

2007/03/08

もうすぐ33333アクセス

今日は仕事で群馬へ行ってきた

朝早く出かけて

今戻り

パソコンを立ち上げ

ブログを見ると

アクセス数が33,255件となっていた

並びのいい33,333件まで

あと78件

アクセス30,000件の時に

33,333件はたぶん3月で3並びで縁起がいい(?)と書いたが

このままでいくと明日にも達成となりそうだ

明日3月9日は私にとっては特別な日でもある

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/07

字が汚くても大丈夫?

おととい、仕事を探している友人と会った時の話

友人が「便利な世の中になりましたよね~」と

ネットで仕事を探せること

そこに応募フォームがあり

それに必要事項を打ち込み、送信すれば応募できる世の中になったこと話した

そういえば

うちの息子もネットでアルバイト探して

そこから応募したと言っていた

応募フォームや履歴書フォームまであり

そこに打ち込み送信すればいい時代

私が「字の汚いお前には最高だね」と言うと

「いえますよね~」と笑いながら答えた字の非常に汚い友人

昔、面接する側の時

大勢応募があると

全員面接することが出来ないので

「書類選考」という名の下に

字の汚い履歴書はその時点で不合格になることもあった

学生時代

「字の汚い答案用紙は読まないぞ!」という教授がいたことも思い出した

ネット社会は「自筆」を減らす世の中にしつつあるようだ

「字が汚い」はパソコンの普及でデメリットでは無くなりつつある?

ただし

文章の上手、下手はまだまだパソコンでは補えないし

逆に

おかしな表現や

誤字脱字がその人の人間性をより鮮明に出す結果となってくるのかもしれない

ちなみに

私は小学校低学年の時

硬筆展で入賞したことがあるのだが

今現在の自分の字を見ても

決して綺麗だとも上手だとも思わない

ということは

私の字は当時から全然進歩していないということだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/06

オープン戦見に行こうかなぁ~

スポーツニュースは連日

大リーグが中心だ

レッドソックスの松坂

ヤンキースの松井に井川

マリナーズのイチローに城島

おまけにマイナー契約の桑田まで

ポスティングシステムにより高額な移籍金を払ってでも日本人選手を獲得したくなるのは日本のマスコミの異常なほどの騒ぎようもその一因なのではないかと思ってしまう

確かに新入団選手を取り上げるのもわからないではないが

他にも日本人選手はたくさんいるのにと思う

松井稼頭央に

井口に

大家に

斉藤に

大塚も

それ以外にもいるはずなのにスポットライトが当たらないどころか

取り上げてももらえない

シーズンが始まると

誰々が何打数何安打だったとだけ伝えるスポーツニュース

そこにはスポーツの醍醐味も無ければ

面白さも感じない

日本プロ野球もオープン戦やってることだし

「見に行くかぁ」と思いネットで調べてみると

16日(金)に西武ドームで

西武VS巨人戦が予定されている

ドームだから雨天中止はありえないし

前売りの内野自由席チケットでも買って行ってこようかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

一人暮らし

知り合いのお子さんが大学に合格し

アパートを探しにいくという話を聞いたので

昨年、我が息子が大学内のアパート斡旋のアルバイトをしてた時の話を思い出し

「早めに行かないといい物件からなくなっていくよ」とアドバイスしておいたのだが

「早速、昨日行って決めてきました」とメールが来ていた

親は金銭的に大変だが

本人は希望に満ちて夢一杯という感じだろうか?

私は大学へは自宅から通っていたので

一人暮らしを始めたのは働き出してからだ

今から25年ほど前の話

安いアパートを探しに探して

見つけたのは板橋の陽のあたらないアパート

「まぁ、昼間は仕事でいないのだから、安いしここでいいか」と決め

布団と着替えとラジカセを乗用車に積んだだけの引越しだった

当然、今と違い

エアコンなんて無い

夏暖かく、冬涼しい、自然満喫の生活だった

よく行っていた喫茶店のお姉さんがくれた観葉植物が枯れた陽のあたらない部屋

休みの日は上の部屋の女性の掃除機かける音で目が覚める安アパート

それでも夢と湿気だけは一杯だったのを思い出した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

うすうす

「うすうす」といってもコンドームの話ではありません

携帯電話をFOMAに買い換えたのです

先日、「先輩もわがまま」と書き込みした先輩のところで!

買い換えるなら機能よりも薄いという持ち運びを重視したいと思っていたので

P703iμにしました

先日、Sさんは

「薄いのにはカメラが付いてないぞ」と言ってましたが

カメラ付いてます!

何ともいい加減な私の先輩のSさん

今までのN505iに比べると半分ぐらいの薄さ

P703_002

ただし、重さはほとんど変わらない

本体は「世界最薄11.4mm」なのに

取扱説明書はこんなに厚い

P703_003

400ページ以上ある取扱説明書を全て読む気にはなれない

とりあえず必要最小限の設定だけして使い始めることにしたが

「とりあえず」ではなく

このまま使うこととなる気がしてならない

「どうしても必要なこと」が起きた時だけこの取扱説明書は開かれるのだろうが

それも、せいぜい2、3回じゃないかと思う

便利なものを使いこなすためには

こんなに不便な取扱説明書が必要なことには笑ってしまう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/01

今度はいちご

先日、カニをいただいた話を書いたが

昨日は別の人に

「みずみずしくて美味しいから食べてみて」といちごをいただいた

その名は

「いちご屋ケンちゃんのいちご」で

生産者直売らしい

昔のテレビドラマ「ケーキ屋ケンちゃん」と

裏ビデオの「洗濯屋ケンちゃん」が思い浮かんだのは私だけ?(笑)

早速、夕食後のデザートとしていただいてみた

大粒でみずみずしく美味しい

何よりもいいのは

甘すぎないことだ

私は果物は甘酸っぱいものが好き

「酸味がきいていてこそ果物!」と思っている

最近は品種改良で何でも甘いだけにしてしまう傾向にあるようだ

お子ちゃまの食べ物じゃあるまいし!

と思う甘いだけで酸味の無い果物を私はほとんど食べない

いちごショートケーキにのったいちごが甘いだけで美味しいだろうか?

あれは甘酸っぱいから美味しいのだと思う

元々生クリームが甘いのだから

いちごは甘酸っぱくてこそ意味を成しているのだと思うのだが・・・

味覚音痴が増えているのも何でも甘くしてしまった結果では?

私的には

コーヒーに砂糖を入れるのもどうかと思うぐらいだ

コーヒーは豆の苦味を味わう飲み物だと思っている

ビールに砂糖いれるかぁ?

そんな奴見たこと無い

何でも甘くして食べていると味覚音痴になる気がしてならない

私は誰かに「嫌いな食べ物は?」って聞かれると

「桃」と答える

「何で?」と聞かれると

「うぶ毛の生えたお尻のようで、あの甘さがたまらなく嫌だから」と答える

先日、「他には?」とさらに聞かれたので

「エビチリに入っているようなエビ」って答えると

「何で?美味しいじゃない」と言われたので

「あの丸まった形がイモムシのようだから」と答えた

その次にその人に会った時

「あなたのせいでエビチリが食べられなくなりそうだ」と言われた

私の「イモムシのようだから」の数日後

エビチリを食べようとして私の話を思い出し

イモムシを想像してしまい食べられなかったと言うのだ

想像力豊かな人には「イモムシのようだから」は言わない方がいいようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »