« 有効活用してるじゃん | トップページ | まわりの迷惑も考えられる飼い主に »

2007/04/12

苦情を言う相手が違わないか?

宇都宮市教育委員会は

今年度から「給食費納入確約書」の提出を

市立小中学校に通う児童・生徒の保護者全員に求めるという

「給食費納入確約書」は

支払いが滞った場合に備えて連帯保証人も求めており

保護者の一部からは

「きちんと払っているのに保証人まで必要なのか」などと苦情が寄せられているという

確かに

本来、給食費の納入に連帯保証人まで必要ではなかろう

しかし、現実には

給食費を納められるのに納めない保護者が大勢いるわけで

このままでは、きちんとした給食を子供たちに食べさせられなくなる可能性がある

「義務教育だから払わなくていい」などと言う馬鹿な保護者もいるようだが

義務教育の「義務」とは

小学校の6年間と中学校の3年間教育を受けさせなければならないという国と保護者の義務であり

責任でもあるはずだ

こんな「義務」の解釈を自分の都合のいいようにしかできない保護者こそもう1度教育を受けなおした方がいいのではないか

そして

「きちんと払っているのに・・・」という苦情は

市や教育委員会にではなく

払えるのに払わず正常な給食制度を維持できなくさせている保護者に向けられるべきではないか?

モラルの低下や

自分の権利だけを主張していたのでは社会は成り立たない

一番問題なのは

一部の不心得者のために子供たちがきちんとした給食を食べられなくなることであり

それを防ぐ意味からしたら

きちんと払っている人ほど面倒ではあるが「連帯保証人」制度を歓迎すべきではないだろうか?

そして

どうしても苦情が言いたかったら

払えるのに払わない保護者に対して言われるべきではないかと思うのだが・・・

|

« 有効活用してるじゃん | トップページ | まわりの迷惑も考えられる飼い主に »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

非常に似た思いをしたことを記事にしてたので、トラックバックさせてもらいました。

「本末転倒」「筋違い」とはこ言うときにできたことばでしょうね

投稿: 玉井人 | 2007/04/12 14:40

玉井人さん

コメントありがとうございます
一番に考えなければならないのは
子供たちがちゃんとした給食を食べられるようにすることですよね
払えるのに払わない保護者の家では
ろくな食事もさせてもらってないでしょうからね

投稿: カー助 | 2007/04/12 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/14652448

この記事へのトラックバック一覧です: 苦情を言う相手が違わないか?:

« 有効活用してるじゃん | トップページ | まわりの迷惑も考えられる飼い主に »