« 赤ちゃんポスト | トップページ | 70万本のポピー »

2007/05/18

自動車運転過失致死傷罪の新設は本当に厳罰化か?

昨日、「自動車運転過失致死傷罪」の新設を盛り込んだ刑法改正案が衆議院本会議で全会一致で可決された

現行の「業務上過失致死傷罪」の最高刑の懲役・禁固5年を7年に引き上げることになるわけだが

これが本当に厳罰化だろうか?

今回の「自動車運転過失致死傷罪」の新設は

危険運転致死傷罪は最高刑が懲役20年だが

適用のハードルが高すぎて

現実に同罪で起訴されることが少なく

被害者遺族等から厳罰化が求められたからだ

懲役20年の危険運転致死傷罪の適用が限られているからと設けられた新法の最高刑が7年ではあまりにも差がありすぎるのではないか

本当に厳罰化をするのなら

危険運転致死傷罪の適用基準を引き下げることの方が有効的ではないだろうか

川口で起きた保育園児を巻き込んだ事故のように

被害者が何人だろうと

業務上過失致死罪の最高刑は懲役5年だった

同様の事件が起きて

今回の新法が適用されても最高刑で7年だ

飲酒運転や過度のスピード違反での事故でない限り

被害者が何人死亡しても危険運転致死傷罪が適用されることは少なく最高刑でも7年の懲役は決して厳罰化ではないだろう

さらに

今回の新法は

危険運転致死傷罪で起訴された被告を弁護する弁護士に

「危険運転致死傷罪の適用は不当で自動車運転過失致死傷罪の適用が適当である」との不当弁護を生む可能性を大きくひめている気がしてならない

法律の改正は

犯罪に対し適切な刑罰を与えるとともに

犯罪抑止の側面をも持っているはずだ

新たな被害者を生まないことも大事な一面だと思う

そんな面からしても現実に即さない今回の改正は決して厳罰化ではない気がしてならない

それと

「業務上過失致死罪」自体も見直される時期に来ているのではないか

明らかな過失が原因で

100人死んでも1000死んでも最高刑は懲役5年もおかしな話ではないか?

犯罪者を守るような法律しか作れない国会議員に本当に国民のための憲法改正ができるのかと思うのだが・・・

|

« 赤ちゃんポスト | トップページ | 70万本のポピー »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

7年ですか?

日本の裁判はすべて最高刑の70~80パーセントで決定することが暗黙の規定なんだそうです

そうなると重罪判決が出ても改定後判決は最長で<5年刑>にしかならないです

つまり7年にしたのは、5年刑をまるまる請けさせる目的のみの改正ですね。
数字合わせですねえ

投稿: 玉井人 | 2007/05/18 11:01

玉井人さん

コメントありがとうございます
川口の事故の被告には一審で業務上過失致死罪の最高刑の懲役5年の判決が出ています
幼い罪の無い命が奪われて5年の懲役?
と思う方が自然だと思いますが
ボケた国会の先生様達はそう思わないようですね

投稿: カー助 | 2007/05/18 12:17

初めて運転免許を取った時、よく「車は走る凶器」と言われました。
最近ではこういう言葉は聞かれなくなりましたが刃物を持って振り回すのと凶器というモビルスーツに乗り込んで自ら操縦して人を殺してしまうのとどれだけの違いがあるのでしょうか。。

命は一つです。

日本には終身刑がありません。
一生塀の中で過ごさなければならない終身刑に対して、無期懲役と聞くと刑期が老後まで続くと勘違いされますが現実は数年で出所して大衆のなかに紛れ込んでしまい、自ら告白でもしなければ誰にもわからないです。

江戸時代のように島流しになった犯罪者の腕のように印の刺青でもあれば見分けがつきますが何食わぬ顔で生活し、取ろうと思えば免許も再取得できます。

大昔に犯罪が少なかった頃の古文書のような刑法の速やかな改正を願います。

投稿: cuore | 2007/05/20 21:37

cuoreさん

コメントありがとうございます
何の罪も無く被害者になった人の人権よりも加害者(犯罪者)の人権保護に熱心な社会はおかしいと思いますよね
刑期についても
時代の流れや犯罪の多様化により変えられるべきだと思います
おっしゃるように「無期懲役」はおかしな刑期であると思いますね
本来、司法がちゃんと決めるべき刑期を決めず
刑務所の裁量で刑期が短くなるなんてナンセンスといか言えないと思います
また、死刑判決が出ても
執行されないのでは裁判の意義すら薄れてしまうとも思います
前にもこのブログの中でも書きましたが
「過失」にも
ほんの小さなミスで起きてしまったものもあれば
明らかに重大な、あるいは気をつけていれば間違いなく防げた重大な過失によって起きた事故を1つの「過失致死傷罪」で扱うこと自体に無理があるし
その刑期の差がわずか5年しかないというのもおかしな話ではないかと思います
「重過失致死傷罪」があって思い刑期が科せられて普通かと思いますね

投稿: カー助 | 2007/05/21 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15112834

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車運転過失致死傷罪の新設は本当に厳罰化か?:

« 赤ちゃんポスト | トップページ | 70万本のポピー »