« つつじ公園と醤遊王国 | トップページ | 筍と玉ねぎとふき »

2007/05/09

ビューティーワールド ジャパン

昨日は東京ビックサイトで開催されている

「ビューティーワールド ジャパン」なる催し物に行ってきた

といっても

何も私が綺麗になりたくて行ったのではない

「そんなこと書かなくてもわかるよ」と言われそうですが・・・(笑)

T社長のおともで仕事の一環として

少々見たいものがあったから行ってみることとなったのだ

昨日は10時過ぎに私のところへ迎えにきていただき

そこからは私が運転して出かけた

運よく首都高もさほど混んでいなかったので

11時半前に到着し

駐車場へ

駐車料金は1日1500円と相変わらず高い

まずは食事をすることに

ここの食事がこれまた高くてまずい

仕事とはいえ私にとってここは来たくない場所の一つでもある

「ビューティーワールド ジャパン」のサブタイトルは

「日本最大の国際総合美容見本市」となっていて

エステティック&コスメティック プロダクト

スパ&ウェルネス プロダクト

ネイル プロダクト

ヘアケア プロダクトなどがあり

海外からの出展もある

当然なのだが

来場者の9割以上は女性

おまけに館内は化粧品やアロマ関係の匂いで満ちあふれている

これまた私には辛い空間だ

ネイル系のお試しコーナーには大勢の女性が集まっている

他にも体験できるコーナーは大盛況のようだ

そんな中、お目当てのところを数箇所訪れ仕事をした

気がつくと2時間ほどが経過していたので

通路へ出て、ベンチに座り一休みすることに

もの凄い数の女性が「美」のために来ているのだろうが

私の目から見ると

綺麗な人がとても少なく感じた(あくまでも私個人の主観ですから怒らないでね)

それはまるで

テレビや雑誌の「ビフォー」&「アフター」のビフォーを見ているかのように思えてならない(これも私の個人的主観です。もちろん大勢の中には綺麗な方もいらっしゃいました)

そう思えた一因は

私から見ると「お子ちゃま」的年齢の人が多かったからかもしれない

原宿でたむろしていそうな感じだったり

コンビニの前に座っていそうな感じだったりと

今までも色々な展示会に行っているが

多くは仕事としてきている人が多かったのに比べ

今回の催しは違ったから私にとってそう映ったのかもしれない

まぁ、「美」に基準は人それぞれだろうし

時代や社会の変化によっても基準は変わるのだろうから

それはそれでいいのかもしれないとも思うのだが・・・

|

« つつじ公園と醤遊王国 | トップページ | 筍と玉ねぎとふき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

美はねぇ、提供する側と受ける側では手の表と裏ほど違いがあると思いますよ

有名なファッションデザイナーがモデルの様か?
有名美容室のスタイリストはイケメン?、または美人?
エステティシャンは?

ねっ!

見たくない(見なくてもいい)業界の裏側を見ちゃたんですね(怖)

私も「ビフォー」のまま終わらないようピラティスがんばりま~す

投稿: cuore | 2007/05/09 12:35

cuoreさん

コメントありがとうございます
場所が場所だけに
一生懸命説明してくれているお姉さんの顔見ながら
「どのくらい時間かけて頑張ったのかなぁ」とか説明よりもそっちの方が気になってたりしてね(笑)
「ビフォー」と「アフター」の間に
「最中」とか「今頑張り中」とかいういい単語もあるといいと思うのですがね~
頑張って「健康美」になってくださいませ

投稿: カー助 | 2007/05/09 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15008146

この記事へのトラックバック一覧です: ビューティーワールド ジャパン:

« つつじ公園と醤遊王国 | トップページ | 筍と玉ねぎとふき »