« 2日目は松島と仙台 | トップページ | イケフクロウで待ち合わせ »

2007/05/30

松岡農相自殺に思うこと

おととい自殺した松岡農相の「自殺原因は?」とマスコミが騒ぎ立てているが

自殺原因がわかったところで

それがどうだというのかと思う

また、一部マスコミやブログを書かれている人に

「辞任させなかったことが問題だ」というような風潮があるが

行政を担う大臣職に就いたものに「簡単に辞めることはできない」ぐらいの覚悟がないようではいけないとも思う

そもそも松岡農相は

安部総理誕生に早くから動き

自ら国務大臣になりたくてなったのではないか?

それに

事務所費における光熱水費の問題も

緑資源機構の談合に関わっていた企業から献金を受けていた問題も

本人の遺書の言葉通り「不徳のいたすところ」に他ならない

安部総理は会見で

「こころざし半ばで亡くなられた・・・」と言っていたが

「無責任にも放棄した」だけであり

一番責められるべきは松岡農相本人であるはずだ

数年前よりイジメやその他の理由で若者の自殺が増え

文部科学大臣や首相が「命を大事に」とコメントを出したりしているのに

現職の大臣が自殺して逃げることが許されるわけもないと思うのだが・・・

野党は任命権者としての安部総理の責任を追及したいようだが

そもそも、こんな人を何期も衆議院議員として選んだのは国民であり

我々有権者だ

私は個人的には安部首相には総理大臣としての資質はないと思っているが

松岡農相は国会議員であり

民間から採用された大臣ではない

任命権者の責任を問うのも結構だが

選挙で選んだ側の責任も痛感すべきではないかと思う

社会保険庁の不明な年金が多数ある問題も

有権者が自民党超~長期政権を許したことに根本原因があるのではないか?

長期に絶対安定数を与えた結果が今日の日本の腐った政治ではないだろうか

国民無視の政策をやったら次回の選挙で野党に下るという危機感さえなくなったら

やりたい放題の金権政治になることは当たり前だと思う

「美しい国」「格差是正」と安部総理はいうが

その「美しくない国」「格差だらけの国」にしたのは

自民党長期政権ではないのか?

都合の悪いことは、まるで他人事のように言うこんな政党に長年投票し続けてきた有権者こそ

暮らしにくい世の中になったのは「不徳のいたすところ」と責任を感じるべき時にきていると思うのだが・・・

|

« 2日目は松島と仙台 | トップページ | イケフクロウで待ち合わせ »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15253718

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡農相自殺に思うこと:

« 2日目は松島と仙台 | トップページ | イケフクロウで待ち合わせ »