« 花湯の森 | トップページ | 薄っぺらなフォロー »

2007/06/29

都合のいい「事実」

山口県光市で起きた母子殺害事件の差し戻し裁判の3日間の集中審理が終わり

弁護団が記者会見を行い

今回の被告の主張が「事実」だという

殺意はなく

母親に甘えたかっただけ

強姦は生き返らすための儀式

赤ん坊を押入れに入れたのはドラえもんになんとかしてもらうため

呆れるほどの「事実」だが

百歩譲って

いや、百万歩譲って

被告が当時本当にそう考えていたとしても

何の罪も無い2人の命を奪ったこと

強姦したことこそ一番大事な「事実」ではないか?

今回の差し戻し裁判は

最高裁が

「犯行当時、被告が少年であったことを差し引いても死刑を回避する理由はみあたらない」として広島高裁に差し戻したものだ

一番大事な「事実」は被告が殺人を犯したということのはずではないか

仮に

被告の元少年が殺人を犯していないという「事実」を立証できる確たる証拠が出てきたのなら

それを理由に無罪を争うのは理解できるが

犯罪者の自己弁護の主張を「事実」などということ自体馬鹿げた言い分でしかないと思う

裁判官であろうと

犯罪心理学者であろうと

弁護士であろうと

人の心の中など見れるわけが無い

首を絞めたという「事実」

床に叩きつけたという「事実」があり

何の罪も無い2人を死にいたらしめたことこそが一番重要な「事実」のはずだ

その「事実」の積み重ねによって刑罰は決められるべきであり

弁護士に踊らされた被告の身勝手な主張などどうでもいい話ではないのか

弁護側の証人として

被告の犯罪心理鑑定をした日本福祉大の加藤幸雄教授は

「弥生さんに優しくし接してもらいたい、亡き母のように甘えさせてくれるはずだという強い思いこみが生じた」などと被告の弁護をしているが

被告はガスメーターの検針を装って本村家へ入ったわけで

母に甘えるためにそんなことするのだろうか?

また、赤ん坊を抱きかかえた弥生さんに母性を感じたというような鑑定をしているが

被告の元少年は日頃から同様の感情を持ち

同様の事件を起こしていたという「事実」を見つけてきたのだろうか?

今回の事件の前にも被告が赤ん坊を抱いた母親に抱きついたりしていたという「事実」があるなら

そんな鑑定結果が出ても当然だし

それを「事実」というのはわかるが

そうではなく

都合のいい部分だけを無理やり被告に有利にしようとしているだけで

大いに無理があると言わざるを得ない

弁護側の言う「事実」とは

被告の自己弁護の主張と

死刑廃止論者の大学教授の勝手な言い分にしか過ぎず

それは「事実」でもなんでもなく

死刑にさせたくないという思いが生んだ「妄想」ではないのか?

裁判における「事実」とは

立証できるものをいうことぐらい弁護士である被告の弁護団は理解できていないようだ

それと

広島高裁は

被告の主張が変わったことで来月また集中審理を行うという

なんともおかしな話だ

被告の犯行を覆す「事実」が何も出てこず

身勝手な主張が変わっただけで

裁判を長期化させるべきではないはずだ

|

« 花湯の森 | トップページ | 薄っぺらなフォロー »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15591854

この記事へのトラックバック一覧です: 都合のいい「事実」:

« 花湯の森 | トップページ | 薄っぺらなフォロー »