« 2度目のタイヤ交換 | トップページ | サントリー、プレミアム・ツアー »

2007/07/06

お姉ちゃんと携帯

電車内での出来事

時間は昼過ぎで

電車内はそれほど混んでいなかった

座席はほぼ埋まり

何人かが立っている状態で

私はドア近くの席に座っていた

駅に着き私の座っていた反対側のドアが開き

20才ぐらいのホットパンツ茶髪のお姉ちゃんが携帯で話しながら乗ってきた

電車内は携帯を遠慮するのがマナーだが

このお姉ちゃんはおかまいなし

しかも

電話をしている声がデカイ!

彼女が乗ってきたことを気づかなかった人も

あまりの声の大きさにそちらを見ているほど

平気で電話を続ける彼女

私も「どうしようもない馬鹿だな~」と見ていると

電波状況が悪くなったのか

「もしもし~もしもし~もしもし~」と、どんどん大きな声になっていく

「おいおい、相手の声が聞こえなくなったからって大きな声出したってダメだろう~」と思った次の瞬間

思わず目が点になる光景が

彼女は左手で持っている携帯電話を右手でトントンと叩き出した

それはまるで

卓上に置いてある塩などの調味料入れが目詰まりして出ない時にトントンと叩くように

数回叩いた彼女は

再び携帯を耳元にあて

「もしもし~もしもし~もしもし~」と

それでもつながらないらしく(もちろん当然だが)

またまたトントンと叩いて

「もしもし~」と

ここで電波状況が改善されたようで

何も無かったかのように再び大きな声で話し出し

次の駅で大声で話しながら降りていった

この子には誰もマナーも

携帯電話がつながり悪くなったからって大声でしゃべっても無駄だということも

電波状況が悪くなった時に携帯電話を叩いてもダメだと誰も教えてくれないのだろうし

きっと教えられる普通の頭を持った人も彼女の周りにはいないのだろう

友達は

「類は友を呼ぶ」だろうから・・・

|

« 2度目のタイヤ交換 | トップページ | サントリー、プレミアム・ツアー »

人間ウォッチング」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

前に食べかけのアイスのカップを持ち込み、食べおわったら、網棚に置いて降りようとしたオバカがいたので注意して持ち帰らせました。
道徳、倫社など学生時代はバカにしていましたが、家庭内にお年寄りが同居していない事が多い今の時代、入試の為の教育にも疑問を感じます

投稿: cuore | 2007/07/06 13:15

cuoreさん

コメントありがとうございます
土曜日を休みにすることが「ゆとり教育」じゃないと思いますし
勉強出来なきゃ違うことを教えてあげることも必要かと思いますよね
平気で人に迷惑かけるマナーのない人、ルールを守れない人ほど自分がちょっと迷惑かけられると大騒ぎしたりしますよね

投稿: カー助 | 2007/07/06 14:32

そんな馬鹿女には声かけたりしたら「痴漢だ~」と言い出しそうですね。
携帯は大声でしゃべるとマイクの感度が非常に良いためか雑音と判断するらしく相手に聞こえる声が小さくなる傾向がありますよね。

話はちょっと違いますが、電波状態が悪いときに少し振ると改善されるということは私の姪も以前言ってたことがありました。
まさかと思うのですが、何かの加減で改善するときがあるみたいです。

投稿: 玉井人 | 2007/07/06 23:34

玉井人さん

コメントありがとうございます
常識の無い人に常識やマナーをわかってもらうことは不可能に近いかもしれませんね
電波状況の悪い携帯を振って電波状況が改善されたのではなく
位置が変わったことにより中継局との通信状態が改善されたのでしょうね
私が見たお姉ちゃんも
電車が動いていて電波状況がよくなったのだと思います
叩いても携帯の電波状況とこのお姉ちゃんの頭がよくなるとは思えません(笑)

投稿: カー助 | 2007/07/08 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15668407

この記事へのトラックバック一覧です: お姉ちゃんと携帯:

« 2度目のタイヤ交換 | トップページ | サントリー、プレミアム・ツアー »