« 美里町のブルーベリー | トップページ | フルーツ牛乳 »

2007/07/31

頑張れ!安部首相

「頑張れ!安部首相」と言っても

私は自民党支持者でもなければ

安部首相が好きでもない

じゃあ、なぜ「頑張れ!」なのか?

何を頑張ってもらいたいか?といえば

首相の続投だ

参議院選挙で大敗をした自民党

安部首相をはじめ多くの幹部は

「逆風は感じていたがここまで大敗するとは思っていなかった」とのコメントが多い

なんとも間抜けというか

現状認識がいかに出来ていないか

いかに国民感情が理解できないかの象徴のような発言だ

民間企業や国民の納税には1円から領収書を添付させ

自らの政治献金という名の「不労所得」には税金もかからず

多くに政治団体を持ちながら、資金管理団体だけが5万円以上の領収書を添付すればいいなんていう政治資金規正法を平気で作れることには

驕りがあり

国民感情を理解できないことの証のようなものではないか?

年金問題も社会保険庁がグリーンピア等で無駄遣いしてしまったことには触れず

同じ職員を再雇用して自民党お得意の国民騙しの看板だけかけかえるというやり方で国民が騙せると思っていることが何とも間抜けで仕方がない

安部内閣の「改革実行」とは

何をどう改革するのか?

毎回、安部首相の発言には「何を」という主語がなく

あいまいな、いい加減な、その場限りの「適正に対処するよう指示しています」ばかり

「適正」って何?

「適正」って誰が決めるのか?

指示された人が「こんなもんでいいか」と思ったことが「適正」になるのだろうか?

「誰々に、こうこう、こういう方向でこうするよう具体的に指示しました」が責任者としての取るべき行動であり

1国を代表する内閣総理大臣である以上そう発言するべきだと思うのだが

2世議員の集まりの今の自民党にそんな政策実行力、危機管理能力を持ち合わせた議員は残念ながらいないようだ

そう思うのになぜ続投してもらいたいかといえば

次の衆議院の解散総選挙まで

この間抜けな男が首相をつとめてくれていたら

与野党逆転の可能性があると思うからだ

衆議院選挙でも自民党に大敗をもたらせてくれるのは安部首相が適任だと考えるからだ

昨日の会見では

「改革を進めなければこの国は駄目になってしまう」という安部首相

その改革をしなければならない国にしたのは

あなた達自民党長期政権ではないのか?

まるで他人が悪くした国政を改革するというような発言にも

自らがしていることすら理解できていない感じがしてならない

小泉前首相が「自民党をぶっ壊す」と心にもないことを言って国民を騙して支持を得ていたが

このお坊ちゃま首相には

小泉前首相も出来なかった「自民党をぶっ壊す」が出来る能力(?)がある気がする

父親が出来なかった内閣総理大臣になるという夢を実現するために首相になった安部首相

憲法改正という彼の悲願は達成できそうもないが

かわりに、小泉前首相も口先だけで実現できなかった「自民党をぶっ壊す」が彼には出来る可能性が多いにあると思う

それこそが本当の意味での国民のための改革になるのではないだろうか?

そんな意味をこめて

安部首相には、しばらく続投してもらい

再度、歴史的大敗をしていただき

与野党逆転、2大政党化を生んだ男として歴史に名を残してもらうために頑張ってもらいたいと思うのだ

|

« 美里町のブルーベリー | トップページ | フルーツ牛乳 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もっと困るのは中途半端のままの改革が頓挫しそうなことですね。
自民党内は「改革路線が敗因」というのが強まっていますから、また派閥体制と族議員の意見が強くなって昔に戻っていきそうなのは止めてもらいたいものです

投稿: 玉井人 | 2007/07/31 22:53

玉井人さん

コメントありがとうございます
国民のためになることが真の「改革」であり
自民党が今までしてきた、言ってきた「改革」は
彼らや彼らへの献金をしている一部団体のために都合のいいものばかりであり
名ばかりの「改革」であり、むしろ改悪だと思いますね
ですから正確に言えば「改革路線が敗因」というより
「国民の意向を無視して改革という名を借りたやりたい放題の政治が国民にわかってしまったから」が敗因ではないでしょうか
あれほど大敗しても
赤城農水相の責任ばかりを口にし
「我々は国民の代表であり、国民のためになる政治をやることが大事だ」と誰も真剣に考えないこんな政党はいらないと思いますよ
安部政権が「重要法案」だと言っていることよりも
もっと国民生活にとって大事な法案があるのにこれだけ大敗しても気づきもしないのが腐った自民党だということがよくわかるこれからかもしれませんよね
元々「選挙に勝てる顔」なんて理由で首相を選ぶこと自体国民を馬鹿にしていると思いますね
国民のためになる政治を出来る政治手腕があるからという理由で内閣総理大臣は選ばれるべきだと思います
当たり前の話ですが大臣も

投稿: カー助 | 2007/08/01 09:47

「「改革を進めなければこの国は駄目になってしまう」という安部首相その改革をしなければならない国にしたのはあなた達自民党長期政権ではないのか」
厳しいご意見ですが,同感ですね。このような状態を作ったのは,世界の知の世界戦争でしょう。と思っています。益々激化するグローバル競争なのでしょうね。それから,バブルでしょうね。バブルは,日本の競争力は低下を招いたと言ってもよいと思いますよ。すなわち,世界でこれから伸びてゆく産業の種を刈ってしまいました。
 競争にならない産業ばかり残ってしまった。残されたと言った方がよいのかもね。このような人にいきなりグローバル競争を押しつけても無理です。
 先見の明が無かったのは,自民党が作ったと言ってもよいと思いますよ。どういうことかと言うと本来競争をしなければならない産業や研究機等が十分な成果がでていないことを意味しています。
 当然,大企業は,世界競争を続けています。大企業が望むことは,少なくとも国内の環境と海外の環境とを同じレベルにして欲しいという要望です。
そうすれば,世界競争に打ち勝つ自身があると言っているのです。
しかし,世界と日本を同じようか環境づくりは,非常に難しくなっています。一般の人件費を下げることになるからでしょう。
 だから,少子化,高齢化が進む中で,大企業でない,中小企業のレベルUPが計られています。まだまだ,バブル崩壊の後遺症は,国民の気持ちのなかでつづいているのでしょうね。八百屋や魚屋さんの女将さんといえでも最先端の技術を勉強せよということですからね。

投稿: kousuke | 2007/08/02 04:29

kousukeさん

コメントありがとうございます
残念ながら私が頭が悪いせいかコメントの内容がよく理解できませんが・・・
腐った自民党長期政権を支えたのは我々有権者であり
そのことを忘れてはならないと思います
自民党議員が問題を起こすたびに
「議員の出処進退は自らが決めるべきことだ」との発言が出ますが
議員でいられるかどうかは本来有権者が決めることだと思います
そんな有権者を無視した(馬鹿にした)発言が平気で出来るのも「ちょっとぐらい問題を起こしても地元の馬鹿な有権者は騙せる」との思いがあるからではないでしょうか?
今回の選挙結果をマスコミは
民主党の力ではなく、自民党の失策だと言いますが
本来の議会制民主主義は
政権与党が国民のためにならない政治をしたら野党に下ることとなるわけで
それが嫌ならより良い政治を行うことになることが大事なのだと思います
そして野党第1党は、次期政権を担当して、もっと国民のためになる政治をする準備をし、それをアピールすることで与党への返り咲きに努力して政権選択を選挙で訴える
そんな繰り返しが行われることが国民のためになる政治が行われる可能性が高くなるのだと思いますよ
それと
全ての産業が世界競争に向いているとも思えません
大企業が世界へ出て行く1つの要因に
日本の高額税制問題もあると思いますし
中小企業には、利益が出れば税金で持っていかれ
研究開発などに資金をつぎ込む余裕などないのが現実ではないでしょうか?
自民党を支援する建設業界のために無駄な箱物を作り
同じく支持者の農業関係に補助金という名の金をばらまいてきたのが自民党長期政権ではないですか
要するに国民の血税を日本のために、国民全体のために使ったのではなく、自民党が安定して政権にいられるために、一部は議員個人の献金として私利私欲を増やすために使ってきたのが「改革をしなければ駄目な国」にしてしまったのだと私は思います
国会議員のための国会では駄目で
社会保険庁職員のための社会保険庁では駄目で
役人、公務員のための役所であってはならず
「国民のための○○」であるのが本来の姿だと思います
それを行うのが国会議員であるべきですし
その最高責任者が内閣総理大臣であるべきではないでしょうか?

投稿: カー助 | 2007/08/02 10:13

「全ての産業が世界競争に向いているとも思えません」
プワーワーカーが増えている現状をご存じでしょうか。プワーワーカーとは,高齢化や世界競争キャリア不足で低い年収が益々低くなる人です。これは,高齢化者の方だけではなく,外国人労働者やフリーターの方も予備になっています。さらにまずいことにプワーワーカーは,日本の重要な働き手でもあります。デフレが進行しているのでしょうか。
 政治家は「「国民のための○○」であるのが本来の姿だと思います」です。そのとおりです。いまこそたちあげるべきです。


投稿: fukufukukamen | 2007/08/06 05:46

fukufukukamenさん

コメントありがとうございます
私は「格差」や「賃金の差」があることが全て悪いとは思いませんし
それらを生んでいる理由が全て政治にあるとも思いません
ある意味、資本主義社会の中で強者と弱者が生まれることは仕方のないことだと思っています
むしろ問題なのは
労働等において正当な評価がされない社会だと思います
例えば公務員のように人事院勧告により仕事が出来ようが出来まいが一部上場企業の給料やボーナスと同額が支給されたり
赤字自治体でありながらボーナスが支給されたりしていることは
ソ連をはじめとする行き詰った社会主義国の負の部分と同じであると思っています
日本企業の世界競争力が劣らざるをえないのは
無駄な公務員の人件費、無駄な公共事業を行うために吸い上げられている重税もその要因だと思います
社会主義型公務員制度というザルに水をためようとしている税制をはじめとする国家予算、地方自治体の予算の使い方こそが問題だと思いますよ

投稿: カー助 | 2007/08/06 11:28

「資本主義社会の中で強者と弱者が生まれることは仕方のないことだと思っています」
大企業は,人材,資金が集中しています。知の世界戦争では仕方がないことなのかもしれません。しかし,運良く大企業の人材になれる人はよいとしても大部分は,ワーキングプワーです。残念ながらワーキングプワーが新しいキャリアを獲得する機会は希です。また,参議院選挙の結果でも明らかなようにワーキングプワーの人達が拡大しています。すなわち,ワーキングプワーの人が固定化しています。
 日本の債務は,国と地方あわせて1000兆円です。したがって,福祉等の財源を消費税に頼ることになるとますますワーキングプワーが固定化する可能性があります。大企業は,グローバル競争を理由に法人税の値上げを免れるつづけると。弱者に負担が益々増えることになります。また,債務の返済は,日本経済成長は達成を見込んでのはなしなので,消費税の値上げは免れません。残念ながら,行政改革は,すすんでいません。カー助さんがおっしゃるように行政改革による財政再建が進むことを期待します。また,大企業中心ではなく,大企業の独占でない新たな有力なベンチャー企業が産めることも期待しています。

投稿: kousuke | 2007/08/13 05:52

kousukeさん

コメントありがとうございます
「参議院選挙の結果でも明らかなようにワーキングプワーの人達が拡大しています。」は意味がわかりません
大企業がkosukeさんのおっしゃる「ワーキングプワー」を生み出しているとも私には思えません
むしろkousukeさんのお好きと思えるベンチャー企業の人材派遣会社を利用しての台頭の方がワーキングプワーを多くしているのではないでしょうか?
ベンチャー企業の創業者は自らの持つ株価を上げることばかりに熱心で
従業員や企業の社会貢献など考えているとも思えません
ライブドアもグッドウィルもそんないい例ではないでしょうか?

投稿: カー助 | 2007/08/13 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/15956934

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!安部首相:

« 美里町のブルーベリー | トップページ | フルーツ牛乳 »