« 夏休みとカブト虫 | トップページ | どうでもいいと思うニュース »

2007/08/10

トヨタ・富士重工が共同開発

トヨタ自動車と富士重工が共同開発でスポーツカーを作るという

富士重工の筆頭株主はトヨタで

両社の関係は深くなりつつある

若者の車離れを防ぐ目的で

富士重工の水平対向エンジンを搭載し

2000cc以下

200万円以下の車を目指すという

販売はトヨタブランドでのようだ

低重心の水平対向エンジン

市販車で水平対向エンジンを搭載させているのはポルシェと富士重工だけだ

水平対向エンジンのコスト高がネックだとも言われているが

何とか頑張っていい車を作ってもらいたい

トヨタはMR-Sを生産中止してスポーツカーが無くなった

GTカー選手権には500クラスにはレクサスで

300クラスにはMR-Sで出ているトヨタ勢

ホンダなどは未だに生産中止したNSXで500クラスに出場している

なんとも情けないというか

販売されていない車種で堂々と出場しているというおかしな状態が続いている

今回のスポーツカー、「若者向け」とのことだが

おじさんも欲しくなるような車を作ってもらいたいものだと思う

|

« 夏休みとカブト虫 | トップページ | どうでもいいと思うニュース »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16064864

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・富士重工が共同開発:

« 夏休みとカブト虫 | トップページ | どうでもいいと思うニュース »