« 幸せの黄色いハンカチ? | トップページ | トヨタ・富士重工が共同開発 »

2007/08/09

夏休みとカブト虫

郊外に住んでいる知り合いの話

お子さんとカブト虫を捕りにに行って

3匹見つけて

カブト虫用ゼリーと一緒に飼育箱に入れ

玄関の外に置いて飼育していたところ

その飼育用ゼリーに誘われて毎晩カブト虫が飛んで来て

1週間で20匹ほどになり

飼育箱は3つになってしまったという

一時は緑の減少や農薬などの問題でなかなか捕れなくなってしまった昆虫類だが

環境問題が騒がれるようになって

また増えつつあるのだろうか?

私が子供の頃は

開発が進んでいる真っ最中で

雑木林を貫く新しい道が出来ると

道路の両脇に街灯があり

近所に明かりがない中、一晩中灯る明かりに虫が集まるため

その街灯の下に朝早く行くと

カブト虫やクワガタが落ちていたものだ

そんな昆虫採集は、今のように色々な遊びの無かった頃の夏休みの思い出の一つでもあり懐かしくもある

時代が変わり

人間の意識の変化は色々なものを変えるのかもしれない

それにしてもカブト虫にとっては

樹液より飼育ゼリーの方が美味しく魅力的だということだろうか

近い将来、肥満のカブト虫が現れる?

メタボリックシンドロームの昆虫は笑えない気がする

|

« 幸せの黄色いハンカチ? | トップページ | トヨタ・富士重工が共同開発 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16055283

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みとカブト虫:

« 幸せの黄色いハンカチ? | トップページ | トヨタ・富士重工が共同開発 »