« ブログパーツ「ALPSLAB myPhoto」を貼り付けてみました | トップページ | 犬のフン »

2007/08/30

領収書の改ざんはミスじゃない!

玉沢元農相が支部長を務める自民党岩手県第4選挙区支部が

県選管に提出していた政治資金収支報告書で

日付を変えるなどして改ざんした領収書3枚を10枚分として計上していたという

同支部は改ざんを認め

修正申告するという

これは明らかに「ミス」ではなく「改ざん」であり犯罪だ

しかし、現行の政治資金規正法では罪にならない?

誰も罪に問われない?

なんともおかしなザル以下の法律ではないか

そもそも「修正申告」というが

その偽造された領収書の分のお金はどこへいったの?

安部首相は政治資金規正法の再改正について

「新しい体制ができたので、新しい執行部に対して、この問題について法案作りをするよう指示した」という

またまたお坊ちゃま首相丸出しの発言だ

どういう方向で法案作りさせるのか具体的ではない

「政府、与党で十分な議論をしていただいて」が口癖の無能首相

丸投げなら総理大臣などいらない

「1円から領収書をつける」という案に対し

自民党内からは

事務処理が大変だとか

慶弔費に領収書はもらえないとか

自販機の飲み物代はどうするのかなんてあまりにも馬鹿げた話まででている

事務処理が大変というが

政治資金の使い道に1円、2円という領収書が現実にあるのだろうか?

全てに領収書をつけることに反対の議員の前回、前々回の政治資金報告書にそんな金額の使い道がどれだけあるのか具体的に示してもらいたいものだ

現実にほとんどありもしない小額の領収書の話を持ち出してまで反対する様は

領収書を改ざん、偽造してまでお金にどん欲な自民党らしい話でもあると思わざるをえない

全ての領収書の公開ができないのは

表ざたになっては困る使い方をしているからではないかと考える方が妥当ではないか

慶弔費に領収書がもらえないのは民間企業でも同じで

支出先を明記し、金額が妥当なら税務署は領収書なしでも経費と認めてくれる

政治資金も同じことをすればいいだけではないか

「自販機の飲み物代」に領収書がでないのは民間企業も同じだし

そんな金額まで政治資金で出そうと考える暇があったら

国民のことを考えてもらいたいものだ

今、政治資金規正法の改正は領収書添付問題が中心のようだが

公職選挙法のように違反に対し連座制が適用されるよう改正しなければ意味がないと思う

自分たちが襟を正せず

国民にだけ痛みをともなう改革を押し付けるのではおかしいと思う議員がいないことが残念だ

|

« ブログパーツ「ALPSLAB myPhoto」を貼り付けてみました | トップページ | 犬のフン »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90496/16284491

この記事へのトラックバック一覧です: 領収書の改ざんはミスじゃない!:

« ブログパーツ「ALPSLAB myPhoto」を貼り付けてみました | トップページ | 犬のフン »